2018
08.02

四柱推命卒論科は、いよいよ庚日生れへと入っていくのであります。
そのためのテキストを、事務所で汗を流しつつ作成いたしました。

題して「四柱推命 開錠録 庚日」

このままでは、あと一年は卒論科は続けなければ癸日まで終わりませぬ。

私メが意地なら、生徒さんも意地っ張りのお方が大勢であります。
36名でスタートした卒論科。
当初の予想では、ついてくるのは10名を切るだろうなと読んでいましたが、20名台をキープしているのは、執念としか思えませんです。

が、新たに卒論科を「やれ!」と言われましても、せいぜい、あとワンクールでありましょう。

いずれにせよ、初等科をおやりになったからには、接続科、卒論科と進んでいただければ嬉しいし、そーであれば、責任をもって最後まで講義しなくてはなりませぬ。
断易しかり、奇門遁甲然りであります。

ところで、四柱推命では、「金に貴命なし」とか言われておりますです。

庚日や辛日生れは、貴命ではないということでして、依然、習っていた占い教室で或るオバちゃんが、庚日生れであることに絶望して自殺したことがございました。

しかし、貴命ではなくても富命であったり、福命であったり、寿命であることもあるし、なにしろ庚辛日生れのお女性は美人でございます。とくに冬月の庚日生れのお女性は男殺しの美を、その肉体に兼ね備えているのは間違いございませぬ。

そーいうことも話題のネタにして講義は進められていくことでありましょう。

  1. この暑さでは、死にます

      ●十傳より→薩長のせいでしょーか。

  2. 庚子生まれです(笑)
    父も辛生まれでして、金は扱いが難しいですね。

      ●十傳より→そこが面白いポイントかも。

  3. 今日は暑い中、お時間を頂き有り難うございました。希望が出てきました。先生は本当に頼れる方です。

      ●十傳より→真夏の真昼の鑑定、お疲れ様でありました。

  4. 辛日生まれです。
    私も若い頃扱いが難しいと言われました。

    毒親育ちでしなくていいややこしい目にばかり合います。
    (今もそうです)
    いつかこの経験が
    いい方に生きるといいなあと思います。

    例外なのか私は美人ではないですがなんだか少し希望が持てたというか
    いやなことがあった後によんだせいか
    嬉しくなりました。

    ●十傳より→希望って怖い言葉であります。

  5. 先生の赤い鼻緒がイカしてます!
    足の指はエジプシャンタイプ。
    外反母趾ではない綺麗な足。

      ●十傳より→おおうっ、じつは鼻緒を見て欲しかったのであります。

  6. このイカス
    履物の
    金色に光って見えるのは、
    井草を使ってるんですか?
    赤だけではなく着物の織物の鼻緒⁈
    オリジナリティーを感じます。

    ●十傳より→詳しくは分かりませぬが、羊だか何だかの毛らしいであります。