2020
01.03

いつから人間から予知能力が失われたのか。
統計と言う過去のデータから未来予測するしかないほど予知能力が衰えてしまい、さらに、この傾向は肥大することになるのでありましょう。

理屈だけの世の中。
あたかもブリザードの吹雪の視界不良のなかを走るクルマのようであります。クルマの性能がUPすればするほど危険が増すのは当然なのであります。

2002年を迎えましたけれど、もう滅茶苦茶の状態だという感覚だけは、まだ残されているはず。

奇門遁甲がいかなるように発生したかは不明ですが、未来予知能力者が、そうでない者に、公式として伝えたのではないかと私メは勝手に想像しているのでございます。

パワボ、開運植物は、本来の造作からすれば乱暴だと、同業者から非難されました。
「羅経盤を埋めないのか」
「そもそも実際の地面に埋めないことが正しくない」
などの非難であります。

が、現代はマンション住まいが当たり前で、埋める土地を有するものは僅か。
貧乏人が座山盤を使うことは、今では不可能であります。

そこで20年間からパワボを推奨し、こまめに実験し、つぶさに結果を調べた結果、その効果に自信を持つまでに研究が結実しておりますです。

そこで、2020年1月。

北西に丙×丙、天蓬星×生門、三碧×九地が回座しております。
丙奇の象意は「金運」でありますが、その心は、「強気、パワフル」であります。

これの方位を強くお勧めする次第であります。

南も、甲×甲、天輔星×驚門、六白×六合のまあまあな方位。
が、12月に北東に移動したお方には、その虎遁の方位効果を定着させる効力がございますです。

注意したいのは北西と南を同時に使ってはいけないこと。いずれか一つの方位にお決めくださいまし。

ほかの方位はダメであります。

そうそう、移動日は1月6日の午前8時以後であれば大丈夫であります。

パワボは、また四柱推命の欠落した星を補強したり、悪い大運を排除することにも有効なのであります。これらは個人個人で命式が異なるので、ブログでお伝えすることは難しいのでありますが。

  1. 先生、今年も宜しくお願いいたします!
    丙×丙、女性が使っても強引、傲慢にならないように気をつければ大丈夫でしょうか。

    ●十傳より→言動に注意しても、少しは傲慢さが出るかもですね。が、たまにはイイのかも。

  2. 全く関係ない質問ですが、アプリの中で今日の開運は出ますが、
    週の開運が表示しないので、どうしたものかと、迷った挙句関係無いコメント欄に
    記入させてもらいました。

      ●十傳より→アプリの取り扱いは直接には関与していないので…。

  3.  小野先生、あけまして おめでとうございます。自作のパワポが3年以上経過しましたので、新たに自作パワポを作成しようと準備を進めておりますが、先生作成のパワポ2世のサイズのガラス瓶がみつかりません。透明の円柱のプラスチック容器でも良いでしょうか?また、サイズはカラーサンドが約1,200g入ることが必要でしょうか?御助言をいただければ幸いに存じます。

      ●十傳より→容器は陶器かガラス製にしてくださいまし。

  4.  小野先生、お忙しいなか、さっそく御助言をいただきお礼申し上げます。お疲れのところ、誠に恐縮ではございますが、御助言いただきたい事項がもう一つございます。先生作成のパワポ2世のような壺型のガラス容器を発見したのですが、カラーサンドが680gしか入りません。一方、約1,200g入るガラス瓶は円柱形か四角柱のものしかありませんでした。どちらを選択した方が良いでしょうか?御教授いただければ、ありがたく存じます。

    ●十傳より→パワボの大小は、目的に応じて使い分けるのでありますが、取り敢えず、小型のモノを使用して賢明かと思いますです。

  5.  小野先生、お仕事の外、盛岡への移動などでお疲れのなか、御教授いただき感謝申し上げます。冬の寒さのなか、お体を大切になさってくださいまし。

      ●十傳より→ありがとうふ。

  6.  小野先生、いつも御助言いただきお礼申し上げます。先生の御助言のおかげで、新たな自作パワポの作成準備が整いました。現在(作成から3年以上)の自作パワポは昨年の12月に南西に設置し、現在もそのままです。御教授いただきたいのは、昨年12月に南西に設置した自作パワポの効果を今年2月まで維持したい場合は、新たな自作パワポの作成設置は3月まで待つた方が良いでしょうか?なお、新たな自作パワポを作成後は既存の自作パワポは廃棄しようと考えております。御教授をいただければ、ありがたく存じます。

    ●十傳より→それはケース・バイ・ケースでありますから、ひと言では説明できませぬ。

  7.  小野先生、御教授いただき感謝申し上げます。昨年、12月に南西(試験に効果が大きい)に自作パワポ(作成から3年以上経過)を設置して、2月の試験に備えようと考えておりました。今、新たに作成しようと自作パワポの準備は整いましたが、新たに自作パワポを作成した場合は昨年の12月に設置したパワポの効果を維持したい場合は新たに作成するパワポを1月に設置するとすれば北西か南に設置すれば良いでしようか?それとも、試験が終わるまでは自作パワポの作成を保留した方が良いでしょうか?御教授いただければ幸いに存じます。

      ●十傳より→12月のパワボを動かさないことが大切であります。

  8.  小野先生、講義の準備等でお忙しいなか、御教授いただきお礼申し上げます。迷いが無くなりました。新たな自作パワポは3月に作成・設置することにいたします。御指南に感謝申し上げます。

      ●十傳より→これらの問題も、新版奇門遁甲の講義で氷解することでありましょう。