2021
02.13

気だるい春の日差しが、神楽坂にも降り注ぐよーになりました。

奇妙な世情に、あっけにとられ、
「一年前はまだホノボノしていたなぁ」
振り返れば、十傳スクールも、そろそろリモート講義を…と中国人がもたらした新型肺炎対策を取ろうとしていたのでありました。

けれど、まだリモートと直接講義併用で、本格的にリモート一本に切り替えたのは三月の末からでございます。

おっとと。
断易初等科の日程の訂正を、ここでさせていただきます。
7月14日(日)とあるのは、7月11日(日)の間違いでありました。
断易初等科は全18回でありますが、これを1年でこなすことにいたしました。
10月から、月2のペースで進ませていただきますです。1年半もかけていられませぬ。

と、いうことで、奇妙に変化する世情において、不変の運命学を展開することが、非常なる喜びでもございます。

政治不信などと甘えたことをメディアは述べていますが、
「では政治を信じていたのか」
と胸ぐらを掴みたいのであります。

運命学では、
「政治家は汚職するために政治家になる」
とキッチリと規定されております。
「清廉潔白な政治家ほど怖いものはない」
「新しい政治などははた迷惑」
これらも運命学を身に付ければ、自然に染み入る不変の常識なのであります。

なにも恐れることはございません。
もともと白人や黒人とは違うのでありますから、そこに差別を持ち込んでもらってもおかしくなるばかり。

ともあれ、疫病はしばらくは蔓延することでしょうから、十傳スクールもリモート講義を続行することになるのであります。
受講生の皆様も、交通費や食事時間を考えれば、リモートは便利なはず。
また、占いを勉強する最大の問題は人間関係。

教室内は「おはようございます」と「サヨウナラ」の挨拶だけが大事。
仲間を作ろうなどとすると、占いをマスター出来なくなるのであります。

以前、友達関係になったお方が、仲違いをして、教室内で大声で罵しるお女性がおりましたが、もはや、それだけで占いの勉強は失格であります。

その点でもリモート講義は利点がございますです。

リモート講義、二度目の春でございます。

10 comments

▼コメントする
  1. 今朝、起きたら人中が赤くなっていました。
    何の予兆だろう…?

    ●十傳より→お膣を大切に。

    • あらま、気を付けます。
      今の時間は、もう赤みがなくなりました。
      人相勉強してみたいです。

      ●十傳より→かなり面白く実用的であります。

  2. 僕はコロナ問題がもう10年続けばいいなと願ってやみません。僕を出し抜き恋愛や結婚をしたり、出世し家を建てたり、独立して社長をやっている。そんな連中がコロナで失職。仕事が入らない、そしてコロナ離婚。こんなにも面白いこともありません!!ひゃはは!!

      ●十傳より→お気持ちは理解いたしますです。が、?さんも一度は大成功を。

  3. スクールでは、先生と生徒。私は学生時代柔道部でしたが先生ではなく師匠でした、当然弟子同士の喧嘩はありませんが、師匠と同じ武道の道を選ぶ者はいませんでした。まぁ、そうですよね。
    しかし、先生のお弟子さんとなると活躍なされてるんではないですか?あまりブログでは語られておられませんが。どちらにしても、奇門遁甲の勉学に励みたいです。

      ●十傳より→師弟関係は苦手でありますです。サラッといきたいです。

  4. 小野先生ーーーー!

    予言通り大きな地震が来てしまいましたね(^^;)

    ●十傳より→事務所で「もっとだ、もっと揺れろ!」とキチガイ博士のよーに両手を天高く震わしておりましたが…。

  5. 地震きましたね
    先生、お母様ご無事ですか?

      ●十傳より→電話で警告しておりましたから。

  6. 予言的中感服しました。

    ●十傳より→一人も死にませんでしたが。

  7. 先生の今度仕事の雑誌のヒントください。前、おまじないを考える
    とブログに書いてあったものです。発売日だけでもおしえてください。
    占い系ですか?
    ムーじゃないでよね。

      ●十傳より→まぁまぁ。

  8. 地震の予知?ですかすごいです。東京も結構揺れましたね。

      ●十傳より→もっと被害の大きい地震を期待していたのですが。

  9. 気象庁か、内閣官房に情報売ると機密費だかで
    何億という金が転がり込むかもしれません
    ウハウハですね

      ●十傳より→次の地震の情報を持ち込みますか。