2015
05.19

このお花は、吊るしておくだけでドライフラワーになりやすい筆頭かもしれませんです。

まったく関係のないお話ですが、
以前、百人一首のエロ訳で右近の、
「忘らるる身をば思わずちかひてし
人の命の惜しくもあるかな」
をUPしたことがございます。

右近の呪いの歌であることは一般訳もエロ訳も同じだったと記憶しております。

が、このたびananにて、この歌を取り上げて再考したところ、この歌には、もうひとつ男への追慕の情が隠されていることを発見いたしました。

上の句は、下の句を解く鍵となっていたのでございます。
どういうことかと申しますと、上の句の「忘」は「心が亡ぶ」でありまして、下の句の「心」は省力して読めという意であります。
また、同じ上の句の「身をば思わず」は「身は考えるな」というメッセージ。つまり下の句の「身命に関する、人の命は」も省略することというワケであります。

これを考慮しますと、下の句は、
「昔もあるかな」が残りますです。「惜」の忄は心でありますから省略すると「昔」の文字が残りますです。
「昔」の文字をバラすと、「廿+日」。二十日の文字が炙り出されます。

すると、全体の意味は、「二十日の夜に忍んできてください。もしも、その願いを無視した時は、あなたを呪い殺しますよ」となるのでございます。

元彼の藤原敦忠は38歳の若さで、右近の呪いのために急死したのは、この裏の意味を解読できなかったためだとしたら面白うございます。

ずいぶんなコジツケかもしれませぬ。
しかし、占い的には、このような解読は許されるのであります。

鑑定書などにも、このような要素を取り入れます。

私メの、こういう解読の趣味を知っているお女性がいたような気がいたします。
もしや、彼女から届いた過去のメールを分析すれば、そこに「しまった!」という発見があるやもしれませぬ。

が、そうは思っても確かめる億劫さに、実行することはないでしょう。

ドライフラワーが二度と、生花となりえないように。
時間は前にしか進めませぬ。
過去を懐かしんでも、過去に戻ることは決してできないのであります。

私メも枯れましてございます。

  1. 「枯れる」の右は「十のくち」。左の木は「小さい一」…うーん、うーん…まだまだ10人ほどはお相手できますよ?の隠語かと思いましたが…それともこっそりオネダリすれば、当分はオトコのモノなど口にしたくないほど満足させますよ?とか…うふふ。

    …たぶん、間違いだらけの、解釈にもならない解釈でございますねぇ。

      ●十傳より→同じ「コ」でも月があれば「楜」。「楜」(くるみ)は「来る身」でして「枯」は月がないので、ヤリたいのに(枯=彼は)来れない事態になっているとでも解しましょうか。だから身が枯れているとか。

    • ↑ ↑
      せんせーい 天才!!

      わたしのことも 狂う身にして!!

        ●十傳より→どなたか「狂う身」とコメントしてくれるとは思っておりましたですが…。ではひと月、いや、一突きがイイのか、ふた突きでイイのか、であります。

  2. 私ギャンブル宝典で見た小野先生のワンカップ焼酎をお守りにするといいというのがありましたが、私は通院中でお酒は飲めないんですよね。代わりに缶コーヒーを置いていますけど、ちょっと心強い気がします。

    ●十傳より→缶コーヒーは新しい試みとして面白いかもであります。

  3. なぞかけ暗号のような句を
    文にするのが粋な時代だったのでしょうが…

    ストレートに言えば
    恋しい人を呪い殺さずにすんだものを。

    かわいさ余って憎さ百倍。
    あらぬ因縁つけられて呪い殺されたようで
    藤原敦忠がお気の毒 ( ̄O ̄;)

    そんな女を相手にしたのが運の尽きでしたね。

    ●十傳より→藤原敦忠は遊び感覚だったのでありましょう。恋の温度差が問題でしたよ―な。

  4. うわっ、私には難しくてチンプンカンプンです。
    分るのはコノ花がドライフラワ-になりやすいという事
    というより、ガサガサしていて生花の時にすでにドライフラワ-みたいです。
    そして 色気のある先生
    女性からは憧れの的として、男性からは妬まれる存在として
    枯れるのはマダまだ 先にして下さい。

    ●十傳より→測字占いで読み解くと、なかなか面白いことが浮き彫りにされるのでありますけどね。

  5. わかりました!

    枯れるほど、ヤった。

    そのままですけど・・^^;;

     ●十傳より→枯渇でありますね。

    • 補足ですぅ。

      枯れるほどヤっちゃったら、月(辛)のお女性が満足しすぎちゃって
      思い出にひたって来なくなった。『枯』は月のお女性カムバックって感じ?

        ●十傳より→月のモノが来ないのは怖いですね。

      • 辛(宝石)のような美しい過去のお女性、返ってこないかなって意味でございます。月のモノではないですよ。

        ●十傳より→分かってますって!

        • というか、全然、外したようでございます。

          ●十傳より→タマにはハズすのも精神的にお薬になりますです。