2021
05.08

断易を学びたての、つまり入門段階において、まず悩むのが納支の考え方でございます。
「うわっ!」
と悲鳴を上げたくなる絶壁が立ちはだかって、「ダメかな~」と自信を喪失させるのであります。
しかし、納支を理解せねば、一歩もすすみません。

一年も経ってから、
「納支がよく分からないのですが…」
幾たびか、この質問を放たれ、愕然としたのは一度や二度ではございませぬ。

PCの講習会で、終わりかけたころに、「電源はどーしたら入るのですか?」と質問されたに似ておりますです。

納支は、納甲表をみれば出ているのですが、問題なのは「之卦」という変化した場合の、その変化した十二支と六親の振り方でございます。

それを知るためには、やはり納支の十二支を理解する必要がございます。

断易は、八宮に分かれ、それぞれ八つの卦が配属されております。
その親分卦が鍵となりますです。
卦は、内卦と外卦から構成されております。

たとえば、坤宮の親分卦の内卦は、初爻から、未、巳、卯。外卦は四爻から丑、亥、酉となっております。
また艮宮の親分卦の内卦は辰、午、申、外卦は、戌、子、寅。

いま、「山火賁」の卦が出たとすれば、
初爻から火の親分の内卦をそのまま、亥、丑、卯。四爻からは山の親分の戌、子、寅と振ればイイのであります。
六親は、山火賁は、艮宮に所属していますから、土が兄弟。

三爻の未と四爻の戌が兄弟となりますです。あとは、初爻の亥は水ですから土から剋されるので妻財。五爻の子も同様に妻財。二爻の酉は土から生じられるので子孫。上爻の寅は土を剋すので官鬼となるのでございます。

こらへんを頭に叩き込んでおけば、納支の理解という、断易入門の最初に立ちはだかる絶壁をクリアできるのでございます。

私メも十傳スクールの過去の失敗を教訓として、しばらくは、理論編に進んでも、納支を、とくに変爻のところを念入に解説して進んでいくつもりでございますです。

  1. 玉女守門の催吉の効果なのか、異性との関わりが突然増えました。でも、予想では仕事や勉強で効果が出るかと思っていたので…なかなか難しいですね。

    ●十傳より→簡単な方に方位効果は、まずは現れるのであります。

  2. 断易UFOを作りました。
    とても便利ですね。
    親分卦を作ってみます。

      ●十傳より→完成する前に理解することになるでありましょう。

  3. 丁奇関係は頭脳を司るため秘術が多いと聞きました。
    ただ、他の奇儀も使い方次第で丁奇に匹敵すると思います。
    丁奇を使って頭でっかちにならなければ良いのですが。
    頭でっかちで行動しないことは、立向しないに等しいので、要はバランスですね。

      ●十傳より→すでに頭でっかちっぽいでありますぜ。

    • バレてしまいましたね。否定できないです。
      考えるより、バカになってまず行動するのもひとつの手ですね。

        ●十傳より→私メもバカですから、よく分かるのであります。

  4. 断易で年干(甲子や庚午など)や時間帯(牛の刻や卯の刻など)をどのように参考とするのでしょうか。
    お教え願います。

      ●十傳より→えっ、ブログでですか…。

    • 無論、スクールなどの限られた人たち向けにです。
      言葉足らずでご迷惑をおかけして、すみませんでした。

      ●十傳より→卦と時という関係性を明確にしなければなりませんですね。

  5. 断易を駆使したギャンブル占も興味深いですね。

      ●十傳より→とくに競馬は枠が八つでありますし。

  6. スクールで教えていただけるのであれば、嬉しいことこの上ないですね。楽しみにして待つことにします。

      ●十傳より→お待ちくださいまし。