2017
07.28

四柱推命で、乙は、花などの植物になぞらえて、その運命を解読するのが一般的であります。

乙は、花でありますから、美しい、穏やか、庶民的、ナイーブなどをキーワードとして、己の正財は剋せるけれど、戊の固い土の偏財は剋すことが出来ないなどともいわれております。
が、乙が正しく育たないと、画像のような汚いサボテンになってしまうのであります。

棘で、周囲を寄せ付けないサボテンもまた、乙の隠された正体なのでございます。

春月の乙日生まれのお女性がおりました。
春月はまだ寒く、丙火の太陽が必要であり、すくすく育つためには癸水の水分も欲しますです。反対に、春の金は虚弱だとは言っても、乙にとって、庚金も辛金の官殺は脅威であります。

その、お女性は、とても神経質なお方であり、ちょっとしたジョークにも傷つくのでありました。けれど、意地悪なジョークを受け続けているうちに、次第に性格に棘が出てまいったのであります。
「オノさんは性格破綻者で、セックス依存症だ」
「なぜ、わたしの旦那のことを聞いて、勝とうとするのか」
「自分と正しく向き合わないのは何故なのか」
と、まぁ、これらは、どのお女性もいつかは口に出して訴えることなのでありますが、彼女は受け身でいると、傷ついてしまうので、棘を出して攻撃に打って出たのであります。
攻撃は最大の防御である、というヤツでございますです。

開花せずに、落花することも乙の恐れることでございます。

乙は誰よりも綺麗に開花し、美しいと評価されることを、運勢の最大の喜びといたします。
蕾が落ちてしまえば、その運勢も低落してしまうのでございます。

春の乙か、夏の乙か、秋の乙か、冬の乙なのかで必要とするものは、それぞれ変化いたしますが、甲木に巻き付き高い場所で咲きほこることが出来れば、官殺や財帛がどうあれ、美しく咲いたという一点で、男運も仕事運も財運もまずは満たされるのであります。

なんだか四柱推命卒論科の講義みたいになりましたが、哀れなひねくれたサボテンを目にして、そう思ったことでございます。

19 comments

▼コメントする
  1. 秘め事に関するものが二回にわたって
    掲載され、
    女性の立場からすると
    先生は暑さで平常心を喪われたかと
    案じてしまいました。
    でも何か意図があっての事と
    吐き気を伴う目眩
    なる不愉快さを抑えて
    今日のブログを拝見しました。
    先生、乙が生れの星に無くても
    やはりちょっとここ数日の刺激的な
    写真は刺々しい気持ちにさせられますわ。
    それとも女性の棘を出させて女性の
    不愉快ゆえの攻撃的なものを
    お楽しみでしたかしら?
    すこし、おイタが過ぎませんかしら⁇
    まぁ先生は、
    人の嫌がることが何よりの愉しみなる
    へそ曲がりの意地悪さんに夏の暑さで
    変身される傾向がおありになるようですから
    仕方がないのかしら?
    ある側面から見たら
    紳士面した嘘つきよりは
    ずっと正直なのかもしれませんわね
    でもやはり女性にはきつい写真ですわよ。

    ●十傳より→そんなことを仰らずに、人間界の眺めをお楽しみくださいまし。

    • 女性の価値観を一括りにさてましても…。
      この匿名さん、本当に女性かしら?

      ●十傳より→さーて、私メに訊かれましても…。が、そーなんです。価値観の問題であります。

    • ごめんくださいませ。ワタクシは正真正銘の女でありますが、特にこのブログ記事にも、ひとつ前のブログ記事にも、何ら痛みも嫌味も刺々しさも持ちませんが。むしろ「イヤん」と恥じらいながら、顔を覆った指の隙間から覗く痴態を、もっと鮮明にもっとマジマジと見つめたいわ…と焦れておりますが……
      このようなはしたないことを申し上げても、小野先生ならば嫌味とも意地悪とも棘を感じることもないかと思いますけども…匿名さんのような潔癖で清純なお嬢様は、その瞳と痴情を汚すことなく、パソコンを閉じられた方が賢明かと思います。

      ●十傳より→そこまで賢明にならなくてもイイのであります。たとえば、新鮮な生き作りのお刺身を、「美味そう!」と感じるか「残酷、野蛮~!」と感じるかの違いカモであります。

  2. 暑中見舞申し上げます‼

    弟が、夏の乙です。とげとげのサボテンなるほど〰と思いました。ずっと蔓性の植物をイメージしておりました。今年の夏は、やっと開花しそうで、私も嬉しい限りです。潤外格なる、私は、夏の乙に雇われております。

    距離をおきながら、最近になり、ようやくほどよいお付き合いができております。

    水浸しにせぬよう。。。
    ねぐされしてしまいますものね。

      ●十傳より→夏の乙なら根腐れの心配は、あまりないとは思いますけどね。

  3. 私の上司が冬の乙で月に甲を持っているくせに、丙の私に依存しまくる図々しさ。
    いくら叱りつけても同じ事を何度でも聞く図々しさはまるで雑草のようです。

      ●十傳より→冬の乙は太陽を求めますです。まさしくピッタリでありますです。

  4. 土用の時期は変態が出ると聞いたことがございます。
    先生もお疲れのあまり、少々おかしなものに変身なさったご様子
    先生のご趣味でも
    不快に感じる人間もいるのでございます
    まあ、それぞれに言い分を申しても
    らちがあきませんわね
    ただ、私の命式には乙がございませんが、
    棘が出ましたわぁ
    例外もございますわね

      ●十傳より→私メは、もともとコレでありますから。

  5. こんばんわ、小野先生の言う通り私は正官は忌神なんですね。小野先生の本の通り忌神の正官は幸せな結婚と引き換えに財運がはがれてしまうと書いてあったんですが、その通り私の地元では結婚したらすべてのお金儲けを遮断されて、夫や子供に尽くさないといけなくなるんですね。メンタルの病気がなかったら田舎すぐに出てるところなんですけど、でも最近シングルでも楽しく暮らしている人が目につくようになり、一生独身でもいいかな、と思うようになりました。庚の官殺をおそれるとブログに書いてありますが、乙も適度な庚の剋も必要ではないかと思います。むしろ怖いのは丁、恋の炎を燃やし尽くしてすべてをうしなってしまう危険があります。若いころそうでした。

    ●十傳より→日干乙にとって隣に甲木がない限り、正官も偏官も原則は忌神であります。身弱では丁も大変でありましょう。

  6. サボテンも夏バテの神様と同じに見えました

      ●十傳より→ソレであります。正解でありました。

  7. そうなんですね。
    安心しました。
    サボテンのように、返す言葉が刺々しくいつもチクチク深いに感じておりました。まあ、すぐに水に流せる正確なので、気にはしませんでしたが。
    サボテン

    ●十傳より→それがイチバンであります。

  8. 深い➡❌
    不快➡⭕

      ●十傳より→OKであります。正確も×。性格が◎。でありますね。

  9. 土用の丑の日、先生はかき氷召し上がりました?
    この日がかき氷を食べる日とは知りませんでした。
    鰻には目もくれず、かき氷を食べました。練乳たっぷりの。

      ●十傳より→私メはあずきミルクであります。

  10. もう生まれてきてしまったものは取り返しがつかないです。

    ●十傳より→アキラメも肝心であります。

  11. 最近、あまりの暑さに僕の原動力たるアホロジーが発動しません。あんまり真面目に考えると嫌なことばかり想像します。将来、孤独死してオゾンをぶちまけてもらうとか・・・?

      ●十傳より→二酸化炭素中毒もよろしいかと。

  12. 私が占いにまだ詳しくなかったころ、自分の占いの命式を見て食神も正官も印綬もあるから貴命だと思ったんですが、20年たった今何一つ欠陥のない命式なんてないことがわかりました。大器晩成型と言っても現代日本では若いうちに決まってしまうし、財運があると言っても身弱ならお金を浪費するだけですからね。

      ●十傳より→だんだんと鋭くなってきましたですね。

    • 追記ですが最初は占いはみんないいことばかり書いていて本当に信じていたんですけど、四柱推命に詳しくなると、厳しい運命がわかってしまいますね。結婚運がないとか、いつごろ死ぬとか、私も最初は幸せな結婚もお金も手に入ると思ったんですけどね。

        ●十傳より→他の占い師殿は、書籍や雑誌に載ることを名刺代わりにしておりましたです。なので本性暴露のようなものは書かないのであります。

  13. 色んな事があって疲れました 親問題とか 一人っ子はワガママとか言われますけど 好きで一人っ子で生まれたわけじゃありませんし 歳をとると親の面倒も ひとりで見なきゃいけない 疲れて体調も良くないときに 痛手です が、手を打たないわけにはいかないし
    また 鑑定 お申し込みするかもしれません その時は よろしくお願い致します

    ●十傳より→血族間は面倒な事でいっぱいであります。

  14. 僕もそろそろ先が見えてきました。10-20-30代と家庭の問題で何一つ活躍できず、この年になって何の地位も財産も築けませんでした。結局、僕は無意味に年を取り死んでゆくのでしょう。

    ●十傳より→来世にかけましょう。

    • ご冥福をお祈り申し上げます。

      ●十傳より→復活の日のあらんことを。

  15. 僕を幸せにしてください

    ●十傳より→アーメン。