2021
06.23

実家を建て直してから、そろそろ1年が経過しよーとしております。

あれほど悩ませていた家霊がまだ来ませんです。

以前ですと、隣の部屋とを隔てる襖から人の声が聞こえてきたりしていました。

また亡祖母の部屋が台所の奥でしたが、深夜に氷を取ろうと降りていくと、わずかに開いた戸から指だけが見えていたとか。

玄関で草履を脱ぐ音が聞こえていたのはしょっちゅうでありました。

叔母が若いころは、風呂に入っていたら、首に獣がワサワサと巻き付いたと、素っ裸で飛び出してきたことも。

風もないのに掛け軸が壁を打つ音とか、家鳴りなど日常茶飯事。
鏡におかっぱの少女が走り抜ける姿を目撃した者は数知れず。

それが、まったく、
「バタッとなくなった」
なのでございます。

廊下の曲がり角で、以前なら気配を感じたものでしたが、ぜんぜんであります。

そーなってきますと、いささか、
「さびしい」
少しくらい出てきても大丈夫なのに。

そーいえば、旧家を壊す話をしていた3年前の夏、老母が、亡祖母の悪口を喋っていたことがございました。
しとしと雨の降る夜でありました。
突如、赤い蛾が、暗がりの外から飛んできたと思ったら、鱗粉を散らしながら旋回して、老母のスカートの中に飛び込んだのであります。
「やんたごと、やんたごど!」
狼狽したことでございました。
ほろっても、ほろっても赤い蛾はスカートめがけて狂うのでありました。

あっはっはっは、私メは
「お祖母ちゃんだ、怒ってる、怒ってる」
笑ったら、蛾は雨の夜に飛び去って行きましたです。

語れば尽きることはございません。

つまりはお化け屋敷だったのでございます。

家を取り壊した前夜、柱の残った廃屋から異様な霊気を感じ取りましたが、それっきり。

キレイだけど魅力のうすいお女性のよーでございますです。

2021
06.22

郷里のモリオカの自宅に戻るたびに、不安になるのは、
「田園まさに荒れんとす」
状態になってはいまいか…という点であります。

冬は積雪、夏は雑草。
どちらも無駄な作業を強いられるのであります。

「無駄だな」というのは、積雪ならば、雪はいつかは溶けるわけでして、雑草も秋になれば自然に枯れる。それを知っていながら、許せぬからという理由だけで取り除くからでございます。

やはり、老母が、
「暇っこ見つけで草取ってだ」
とはいうもの「許せぬ」状態になっておりましたです。

贅沢なことを申しますが、敷地が広すぎるのであります。
地方都市のことゆえ、お許しくだされ。

数年前から、五輪の避難場所として、モリオカの実家を建て直したりしてきたのでございますが、ついに今年、実施することになりそうでございます。
疫病だから五輪に反対なのではなく、政府などがやることすべてに反対なのであります。

ですから、
「ワクチン接種をしたらハ、もは、この家には住めないと思ってもらわねば」
と老母を脅したりするのでございました。

そーうして、
「中国人め、中国人め!」
と呟きながら草取り作業をすることになりそーでございます。

岩手日報という新聞を開きましたら、9月に「花火ドンパ」とか愚かしいヤツを、近くの池でやるとか。
「ぬぬーっ許せぬ。オレだけの池なのに!」
歯ぎしりすることが載っておりましたです。

草もボーボー、人もボーボー、五輪もボーボーでございます。

今回は、庭木の移動という作業もございますです。
従弟のマー坊の除雪機によってぶっ壊された門をあらたに工事しなおすのに合わせて、門から玄関までのアプローチに不凍液を埋め込む工事を命じております。
冬場にスイッチを入れると不凍液が温まり、雪が積もらぬ仕掛けでございます。
モリオカの個人宅では
「初めてです!」
らしいのでありました。
それに伴い、庭が掘り起こされますので、大切な庭木を裏に畑に植え替える作業を、私メひとりで「やる!」ことにしております。

腰は大丈夫であろーか…。

さーて、興奮してまいりましたから、火事場のバカ力でやりぬけそーでございますです。

2021
06.21

月曜日は、土日の講義の録画をチェックする日にあてておるのであります。
「ここは、まずまずだろう」
オープニングは、いささか緊張しており、計画した組み立ての通りに進むのですが、
「はやくも、危険なジョークが出始めたな」
だいたい1時間30分を過ぎたあたり…最初の休憩時間の直後のころから、
「たしかに内容に沿ったジョークではあるのだが」
しかし、ジョークがキツ過ぎて、内容が忘れてしまいかねないところが、目立ってくるのでございます。

画像は、講義前の食事。
いろいろなお方から食料やアルコール類をいただきまして、この日は、
「ひもかわうどん」
なのでございました。
温泉卵や納豆なども突っ込み、冷たいスープを注ぐだけでございます。

1人分という量の加減が分からなく、とにかく一束を茹でるのでございます。
胃におさめたあとは、ふいっー、
「食い過ぎた~」
でも、腹か減っては講義が出来ません。
パワー切れ現象を、マジで自覚できるのでございます。
疲れると、カクゼツも悪くなりますです。

講義では、ピントや、画面の明るさも気になるところであります。

毎回、工夫をいれてはおるのですが…。

リモート講義も15カ月を過ぎました。
平気でジョークを飛ばせるくらいになったのですから、
「まぁまぁか」
と自己採点したのでございます。