2021
08.03

シジホスの神話だ、などと哲学的なことでゴマ化すことは出来ません。
頑張っても、頑張っても、その頑張りをバカにするよーに、次から次へと問題が現れるのであります。

草のことであります、雑草。
極端なことをいえば、草取りをして、振り返ると後ろから音を立てるよーに新しい雑草が伸びているのであります。
毎日、炎天下の中、発狂するほどの大汗をかきながらの作業が、すべて無駄。
このままでは一週間の苦労は、すべてヨシヒデ内閣と同じである。

そこでホームセンターに車を飛ばしたのであります。

見つけたのが、コレ。
草焼きバーナー。
さいわい店には妹の亭主の千葉さんはおりませんでした。
居ても別に悪くはないのですが、
「お義兄さん、いつ戻られましたか?」
「一週間前だったかな、千葉さんも元気そーで」
みたいな社交辞令は御免こうむりたいところ。
また、
「ボンベを一個、おまけにつけました」
と言われるのも嫌だし、オマケをされないのもイヤであります。

とにかく34℃の猛暑の中、さっそくセットしたのでありました。

点火すると、風のよーな音で炎が吹き出ました。
「死ねぇ~~!」

草取りをしたところを、仕上げするよーに、炎で滑らせたのであります。
チリチリと取り残りの草が死んで行くのであります。

草から落ちた「種」が問題なのだと思っていましたから、これで根蓋をすることができそうであります。
当分の間は、不届きな雑草はおとなしくしていることでありましょー。

蟻さんこそ迷惑だったかも。
しかし、逃げ惑う蟻を炎で追っていくのも、沖縄の人々を火炎放射器で殺していった米兵に共通する残忍な悦びでございます。
油断をして草むらで昼寝をしていた夜の蝶までもが目を覚まして出てきたばっかりに焼却されていくのでございます。

「すべて殺処分だ!」
伸びだした新芽たちも「うぎぁ!」とばかりに炎に燃えていくのでございました。
「ボクは大丈夫ですよね、水仙の球根ですから」
「あたしとの仲じゃないの、キレイな花を咲かせたじゃないかって言ってたよね、ドクダミだけど」
だめだぁ~~!
「なにもかもすべて死んでもらうぞ~!!」
妄想の果てに作業は終わり、全身は汗まみれ。

「待っておれ、明日も可愛がってやるからな」
運命の勝利者のごとく、唇に笑みを浮かべ、バーナーの聖火を消したのであります。

2021
08.02

お暑ぅございます~

東北もそーですが、北海道も記録的な猛暑日が連日続いているとか。
東京に至っては、のん気に五輪などしている場合ではないほどでありましょー。

なんでも五輪は3兆3千億円の赤字だとか。
バカみたいです。
誘致の段階から五輪に猛反対していた私メも尻拭いさせられるのでありましょーか…。

だいたいにして、中国人が元凶である新型肺炎の猛威はとどまるところをしらないのであります。
「死者が少ないから」
がけっぷちの逃げ口上でありますね。
ここで蟻の大群でも会場に襲ってきたら、イイ気味であります。

まあ、人の集まるスポットは危険であることは間違いなく、奇門遁甲立向日盤などで旅行や帰省を楽しむことも厳重に注意しなくてはならないのであります。

私メは、緊急事態宣言は、はなっから無視し、自分の責任とエゴのもとに行動しているのでございます。
「人様に迷惑にならぬために」
など日本特有の、特攻隊に通じる精神も持ち合わせておりませんから、ワクチン接種を鼻でせせら嗤っております。

すべては五輪。政府や、むろん選手どもも含めて、五輪が原因している惨状であることは明らかなのであります。

などと語っても、やはり、
「旅行などは、ちょっと」
の向きもございましょう。

そのために、奇門遁甲座山があるのであります。
移動せずとも、幸運をキャッチできるパワボが、ここにきて輝きを放っておるのでございます。

8月7日の立秋をもって、暦は8月に突入するのでございます。
その日以後の、8月の座山月盤をご説明いたしましょう。

北東に、丙×戊の丙奇得使が用意されております。天輔星×杜門で星門が伏吟の関係ですが、六白×太陰であり、この方位は使用可能でございます。金運UP、積極性をつけたいお方向きであります。

北西は、甲×丙の青龍返首。天芮星×生門で星門反吟でありますけれど、四緑×直符でありますから、大丈夫。
品性をつけて、周囲の信用勝ち取りたいお方はどーぞ。
5月に北東にパワボを移したお方は、この青龍返首で、5月の虎遁の効果が倍増いたしますですよ。

さらに南西は、癸×甲の大吉方位。天柱星×開門、九紫×九地。
刑務所から出たばかり、売春から生き方を変えたいお女性は、目が覚めるような大幸運が待っておりますです。
そのほかに、離婚直後のお方、いままでさっぱり良い事がなかったお方向きなのであります。

西には、己×乙、天冲星×休門、五黄×九天の、恋愛の方位が用意されておるのであります。
優しさとお色気が効果的にUPされることでありましょう。

その他はお勧めできませんてです。

2021
08.01

モリオカに来てから、ガタッと食欲が減退したのであります。
いつもの三分一にも足りません。
朝食一回分が一日分ぐらいなのであります。

原因は一つ。
老母。
年老いた老母を前にすると、なにかが胸につかえ、
「もういい」
と箸を置くのであります。いいえ、箸を持つ気にすらならないのでございます。

老婆ダイエットとでも申せましょーか。

で、機材を求めて一人、クルマを走らせますと、とたんに、
「腹が減って目が回りそーだ」
この現象に見舞われるのでございました。

この日は、モリオカの中心地にあるカワトクというデパートの地下でラーメンをすすったのでございます。

「うっま~いっ!」
これで五百何十円でございますですよ。チャーシューが三枚も入って。しかも細麺。

哈爾濱とかいう店で、隣がじゃじゃ麺の白龍。

若者の如くスープをすべて飲み干して完食。

予定では、五輪の終わる翌日までモリオカに滞在することにしており、このペースだと、
「五キロは痩せるなぁ」
だいたいにして32度の猛暑なのに、クーラーの冷気が骨身に染みるよーになっておるのでございます。