2022
01.20

新年会のたぐいを、ほとんど断っておるのですが、断り切れないヤツがございまして、それが本日なのでありました。
断れない会…つまりスーツで向かわなくてはならない集まりでございます。

喪服ならございます。が、黒服だとマフィアに間違えられるやもしれません。
洋服ダンスの奥から、20世紀に買ったダーバンをみつけ、着ましたらサイズはまぁまぁ。しかし、流行にはるかに遅れ、ズボンなどは臍までの長さ。しかもタックまでついていて、袴かと、姿見に映し出さされた我が身に、ギャッとなるのでありました。
髭をすこしカットし、髪をムースで固めて出かけましたです。

ワインを何杯か干しました。
そしたら、ほとんど泥酔。
「こ、こんなはずでは」
千鳥足の自分に、スーツのせいだと悪態をつくのでありました。もちろん心の中で。
ずいぶんお召しになられましたものね、と美人の仲居さんから支えられたときは屈辱でございました。

ふだん気軽な服装で、自由を謳歌しているのでありますが、その自由の副作用が、堅苦しい服装に身を固めると、無抵抗に受けてしまうのでございます。

モリオカで、いつものラフなファッションで、むかしの仲間とあったとき、
「そのキラキラしたマフラーは星占いかなにかなのか?」
「ブーツなど履いてやがる」
「トカゲのブローチに術でも仕込まれているのか?」
などなど揶揄されますですが、これらの軽口は、自由の副作用ではなく、仲間たちの悔しさと羨望なのだと解釈しておりますから、別にどうということはございません。
色味のないカーディガンに、ダンロップのスニーカーを履いた絶望的な爺さまたちに何と言われよーと平気。

トイレのまえで、昔の女子たちから、
「ネックストはどこさ行ぐ?」
と誘われても、60年前ならば嬉々として舞い上がったことでしょーが、
「わるい、もう消毒に行かなきゃ」
時計を見たりするのでございます。
消毒というのは、年寄りウィルスに感染しそうな我が身を、若いオネエさまの店で洗い清めるという意でございます。

とにかくスーツを着用したのは何十年かぶりのこと。

電車で帰る気力が失われ、拾ったタクシーのなかで、ネクタイを解き、ベルトを弛め、しずかに放屁をするのでございました。

2022
01.19

ずっと、「積極的になりなさい」という教育を受けてまいりましたです。
「積極的にならないと、何事も成功しないと」
占いを学ぶまで、自分でもそのよーに思ってまいりました。
そして、いまでも成功の条件のように、当たり前のよーに言われておりますです。

が、必ずしも積極的なお方だけが、お金儲けが上手いとも限りません。その逆のケースもあるし、消極的なお方だってたくさん儲けているケースだって、世の中には実例が沢山ございます。

「女の子に対してだけ積極的ではないか」
亡父にずいぶんと叱られましたが、でも、それほど、いや、むしろ、「奥手ではないか」と自分でそう思っているだけかもしれませんが、私メとしては、とても消極的な男だと自覚しております。
だってですね。市役所に電話などをかけることは声が震えそーで、到底できませんし、ネットでの買い物も、スタッフに代わりに買ってもらっているのが実情なのであります。十傳スクールで講義をいまでこそしていますけれど、最初は上がってタイヘンでありました。今だって講義開始の15分前は、息が詰まって苦しくなるのであります。

前置きが長くなりましたが、積極的な性格でも、消極的な性格でも、「いまがチャンスだ」の、その瞬間に、どのような行動をするかに成功の可否がかかってくるのであります。

奇門遁甲という方位術で、たとえば、恋愛を求める場合、いくつかの効果の出る方位がございますが、その方位を使っていれば、突如として運命の出会いが起きることは、まずありません。
方位に即した行動をとることで、はじめて恋が芽生えるのであります。

具体的に申します。
恋を誕生させる方位として、天盤戊儀の吉方位を使った場合で八門が「休門」だったときと、天盤壬儀の吉方位を使った場合で、八門が「休門」だったときとでは、同じ「休門」でも、アプローチする方法はまったく異なるのであります。

天盤戊儀での休門であれば、「男たちはみんなキミのことを見ているよ」などと甘い囁きを用いなければなりません。口先だけで効果が出るのであります。
では、天盤壬儀での休門ならばどうか。スポーツやイベントに出かけることが求められます。会場で、そのファンの誰かと、気づいたらいっしょに歓声をあげて応援して、それが恋に着水することに連動するのであります。
水晶の六面体のどこに光を当てるか、そんなイメージでしょーか。

これが奇門遁甲で知っておかなければならない「行動基準」でございます。

闇雲に吉方位を用いても、「団子をもらいました!。飛鳥跌穴ってスゴイ!」とか「電車で理想の男と目が合いました」などの的外れなことに一喜一憂する結末を迎えるだけなのであります。
ましてや恋愛を求めて「青龍返首」を使うなど、むしろ敬遠されるだけかもしれません。

奇門遁甲実践科(中等科)は、ここら辺から崩していかないとなぁ、と考えたりしているのであります。

2022
01.18

知り合いの老人が無くなったというので自転車で向かいましたです。
そーしましたら途中に、画像のお家がありましたので、
カシャッ

いったい何があったというのか、これはタマらないです。
いたるところに、
「死ね!」
と書かれた板や紙が貼り付けてあり、家を取り巻くブロック塀には、ロープがグルグル巻きにされておりました。

このよーな情景は、どの地区にも一軒はあるみたいです。
家の住人がしたのか、それとも他人による仕業なのか。
いずれにしても、何かヤラかした個性的なお方が住んでいるか、住んでいたのであることは間違いありますまい。

が、
「こーまですることはあるまい」
不意に、聖人になっている自分自身に、私メは気づくのでありました。
いつもなら、「ヤレ~!」と嬉しくなるのに、いかなる心境の変化が発したのか、自分でも分かりませぬ。

相手が、たとえ犯罪者であったとしても、周囲が正義をふりかざし、寄ってたかって袋叩きにすることに、猛烈な怒りを覚えるのでございます。
この家の家族はどーしているのであろーか。
おそらく、シェルター支援で、どこかに身を寄せているに相違ございません。

お餅とかチョコとかをどっさり背負っていきたい衝動にも駆られるのでございます。

悪いのはメディアどもだと信じて疑いません。
ヤンキーくんたちを組織して、メディアやコメンテーターの家に討ち入りを命じたくもなるのでございますです。
さいきん齢をとり海馬が縮まったのか、午前9時までイライラが強まり、それが次第に午前中全体に及んでまいりまして、気をつけたいのでございますが、それでも血まみれの自宅に帰ったコメンテーターの嘆き悲しむ顔、そして彼が振り向くと、ペンチを握ったメンバーがいて…などと想像してはゾクゾクするのでございます。ペンチは、彼の指を切断するためでございます。もちろん痛いだろーから麻酔はしてあげますけれど。

「行きますよ」
同行の老人が、私メの妄想を覚まさせてくれましたです。
「この家はねぇ…」
説明したがるのを、
「急ぎましょーか」
と制して、死んだ老人の家へと、お金を渡しに向かうのでございました。