2020
08.12

断易で、易卦を出すのは、なにも八面体のサイコロを使わないといけないという決まりはございません。

画像は、私メが20年以上も前に出した、最初の本なのでありますが、そこからピックアップしてUPしてみましたです。
『円蓍』(えんし)というヤツを使う方法です。

厚紙を百円コイン大の大きさに七つ切り取り、表は赤、裏は白などと陰陽が分かるよーに色分けしますです。そして六個には、裏表に、初、二、三、四、五、上と記すのであります。

使い方はいたって簡単。
七つの円蓍を両手の掌に包むようにして攪拌し、テーブルに落とすのであります。
すると初は白面だったり、二は赤面だったりと散らばるはずであります。

そこから無印の一つを、これを太極として上に置きます。つまりお飾り。

そーしてから、初を下に、その上に二、三、四、五、上と並べるだけ。

陰、陽などが表れますです。

つまり初が初爻、二が二爻、三が三爻、四が四爻、五が五爻、上が上爻というわけでございます。

もともと断易は、原則に従って自由に解釈すればイイのでございます。
ですから卦の出し方も自分で工夫して、何ら問題はございません。

「あのお女性とヤレるか?」
「嘘はバレないか?」
「バカ男と別れられるか?」

などなど、占的も自由自在。

的確に答えを出してくれるから驚きでございます。

この円蓍は、じつは七個ではなく、19個が本格的だということを申し添えますです。
たとえば、初は、三個。初右、初左、初中として、初爻が陰だとしても坤なのか離なのか兌なのか巽なのか、三つあって分かりますです。

三個×六爻=18。残る一つは太極の無印のヤツ。

つまり七個だけだと、変爻が分かりませんです。

碁石の石などで作成すると便利であります。
もちろん、私メも自作のヤツを持っておりますです。

とは言いつつも、使っているのは、神蓍をもっぱらとしてはおりますけれど。

2020
08.10

お女性を変えるよーに、またバッグを買ってしまいました。

バックは、
「おっ!」
目に付いたときに手に入れないと、改めて心を決めて買いに行っても、
「ない…」
途方に暮れるものでございます。

勝率は六割。
「これは良いバッグだ」
と気に入るのは、10個買って、六つほど。

でもイイのであります。

以前、台湾に原書を購入しに行った時も、五冊に四冊はスカ。
お女性と行ったりしまいますと、
「あなたもそーいう男になり下がったのか」
店のオヤジにダラーンと軽蔑の視線を送られ、とんだまがい物を買わされるのでありました。

もう台湾にはずいぶん行っておりません。
原書は日本人の研究家に買いつくされておりますですから。

四柱推命や断易、奇門遁甲などは、本場は日本に移っているのかもしれません。

以前は
「中国人を両親に持っている」
とかで偉そうな易者がおりましたけど、そのよーな時代ではございません。

20年も昔、有能な女性アシスタントがおりまして、とても助けられておりましたが、ある日、彼女から、
「オノさんは、もうメリットなし」
なんて言われて、退職していきましたけれど、今度は私メが、
「中国はメリットなし」
と冷たく突き放す番でございますです。

おっとと、バッグのお話でしたね。

こんどの、このバッグはなかなかの掘り出し物でございます。
難を言えば、日本製みたいに内装が充実していないところでしょーか。仕切りも内ポケットもなく、がらーんとしております。無造作というか殺風景。
スタイルはいいけれど、ガサツなお女性といったところでございます。

が、齢を取りますと、それはそれで味わいがございます。
からっぽのバックにカードを挟んだだけの外出。(カードの類はスイカだけですけれど)

ビーサンでイタリアンの店でラザニアでも食いに散歩しようかと思っております。

2020
08.08

三月あたりから導入したリモート講義にも、すこし慣れてきましたです。
軽蔑すべき醜い中国人がもたらした新型肺炎コロナの蔓延が、このようなリモート講義をするハメに陥らせたわけでございますが、慣れというモノは恐ろしいものでして、
「この夏の講義は楽だ」
なにしろ人一倍の暑がり。
料理屋でも、クーラーの効きが悪いと、出された飯に割りばしを突っ込んだまま憮然として店を出ることもしばしば。

とにかく暑いのは苦手なのであります。

気温だけでなく、
「誠意のある別れ方をしてください」
と絶句のメールがきて、「うわっ、暑苦しい…!」
だって、彼女とは30年前に別れたんですよ、30年前もに。
南朝鮮人のようなしつこさ。
発狂しておることは間違いございません。

いえいえ、とにもかくにも涼しい環境での講義は、
「ありがたい」
一抹の寂しさはございますが、首にタオルをかけ、そのタオルから汗のしずくがポタポタよりは、ずっとまし。

受講生の皆様からの、
「お気の毒に…」
私メの夏の講義への同情と憐みの視線は、今夏は感じられずに済むよーであります。

画像のかたわらに、これみよがしにおかれた雑誌は、そう、八月売りのムーでございます。
新刊本の広告がデカッと載ってありましたです。

オショシイ…。

しかし、担当者からのメールでは、
「すでに予約販売だけで3000部いっています!」
5000部に満たない発行部数なのに、それでは、またしても、
「絶版」
になってしまうかもであります。

売れなければ悲しのですが、売れれば売れたで、それに伴う煩わしいことが起きるわけでして、どっちがイイかと言えば、
「あまり売れませんでした」
なのであります。

などと妄想しながら、リモート講義の準備をしているのであります。

スタートまでの数時間前は、とても
「しんどい」
極度のストレスなのであります。
じくたれションベンなのであります。