2021
01.16

今年も、受験生の合格依頼の鑑定が多いのであります。

奇門遁甲の、
「賢くなる方位、天盤丁奇」
を使うべきなのか、
「丙奇か、いややはり乙奇がイイか」
の判断に、けっこうな時間と労力を費やすのであります。

奇門遁甲だけでなく、四柱推命、断易も同じ濃度で検討することになり、志望校が一つではないことに、これまた脳みそがヒートする鑑定になるのでございます。

本日は、現役受験生の共通テスト。
ご伝授したいくつかのポイントを忘れてはいないだろうかと、
「こいつは、ここ一番でコケ癖があるぞ」
と判断したお方のお母さんにメールで確認したりするのでありました。

なので、朝からヘトヘトになってしまいました。
これから十傳スクールの講義があるというのに。

で、画像に、勝利の女神をUPした次第でございます。

現役、浪人を含めて、鑑定したお方の合格率は九割。
割合でいえば高水準ではございますが、のこる一割の方々は、
「さっぱりダメだったではないか」
の不満を抱くことになり、それは鑑定の失敗だったのか…、それとも運命か、いやいや受験生の油断かと毎年、命式を眺めつつ忸怩たる思いに支配されるのでございます。

もう一つ、特効薬的な方位を使わせるケースがございます。
「これが最後だから」
浪人生活が長いお方や、レベルがちと高すぎるのではという学校を目指している方に、
「ええい!」
劇薬の方位であります。

「受かりました、奇跡です!」
皆様は口をそろえて喜ぶのでありますけれど、そのあとのフォローを忘れることが大部分。

劇薬の方位は、合格したあとに、強い副作用が襲いかかります。
事故、喧嘩、ノイローゼ、せっかく入学したのに学校に嫌気がさして中退というケース。
そーいう結末に陥らないよーに、劇薬の方位を中和させることで、合格あとの生活を安定させる方位を使わなければなりません。

こちらも商売ですから、劇薬の方位を用いてもらったお方には、
「合格あとに来てください。中和する方法を用いなければいけませんから」
と仕上げの鑑定を別にお勧めするのであります。
が、だいたいご来所してくださるお方は合格したなかの四割弱。

こちらから「鑑定にいらっしゃい」とまで連絡するほどの思いやりというか図々しさは持っていないので、そのままほったらかし。
そして5月、6月にトラブルが発生したあとに、
「大変なことが…」
の鑑定の依頼があるのであります。

でも、まぁ、それはそれ。

講義中に、「いい点数を取ってくれよ」と祈るばかりなのであります。

2021
01.15

どこの収容所から逃げ出したのか、一人の黒んぼさんが、東西線三鷹行きに乗っていたのでありました。
イヤホンをし、スマホを眺めつつ、本部からの指令を待っているよーでありました。
サリンを彷彿させられました。

東京都下、緊急事態の只中でございます。

黒んぼさんはときおり、曼殊沙華のごとき赤い口を開けては左右を見回しておるのでございます。
いま中国人がまき散らした新型肺炎は、特別変異をくりかえし変異種としてアフリカに拡散しているとか。

マスクがいかほどの役に立つかは知りません。
が、感染防止をマスクに頼っているのでございます。
黒んぼさんは、故意のNOマスク。これはまさに、人間爆弾13号でございます。

もしも、五輪が開催されれば、これだけで済むはずがございません。

「モリオカに館を建築して良かった…」
イザとなったら避難するしかない。

と、そこまで考えまして、ふと、
「モリオカでは私メも、感染爆弾13号として排他されることであろう」
他県からの往来を禁止されているのだから。
人の悪さでは世界一の県。とにかく陰湿なのでございます。

モリオカ駅前に「開運橋」なる橋が架かっており、二度泣き橋の異名がつけられているのは、最初は、「こんな僻地に流されてしまった」と我が運命を嘆き、二度目はモリオカを去る際に、「やっと、陰惨なイジメから逃れられる」とうれし泣きをすることに因んでいるからであります。
諸説はございますが。

さらに、
いままで失敗してきたのは中国人や南朝鮮人だけでなく、岩手県出身者と仕事などをしたときに限られております。
つまりモリオカの民からどんな目にあわされるか分かったものではございませんです。

黒んぼさんに、すこし同情したのでありました。

モリオカの実家のガレージには湘南ナンバーの車を置きっぱなしにしております。
シャッターを下ろしておりますから日ごろは大丈夫。
しかし、食料を買いに出かけた時には、おそらく、30万人の農民から、この黒んぼさんと同じく敵意のまなざしを送られることでございましょう。引きずり出されて、鍬や鋤でつつかれ、殴る蹴るの暴行を加えられることも覚悟しなければなりません。
しかも、暇なうえに、しつこい性情ですから、付けられて館に放火、投石の被害も予想されますです。

「そーだ!」
実家の門扉に「暴力団 オノ組」と表札しておけば、警官が見回りに来てくれるかもしれない。セコムより効果的だし、しかも無料だ。

人間爆弾13号は飯田橋で降りていきました。
下車する際に私メを振り向きましたです。
反射的に、指を立て、その指を左に移動させ次に手を合わせOKのサインをつくる、無意味な暗号を送ってみました。幼いころに流行ったTV忍者部隊月光で憶えた暗号であります。
「?」
黒んぼさんはキョトンでございました。
イイ奴っぽかったです。

ペットに黒んぼさんも悪くないなぁ、身を守るSPとしても使えるし、死んだ愛犬のジョルノのゲージも取っているから夜はそこに…と妄想し、マスクを外し、車内の空気を吸ってみたのでありました。

2021
01.14

何かを感じたいとき、私メはしばしば日時計のある公園に足をはこぶのであります。
なかなか正確でして、時計と同じ10時30分を示しておりますです。

すると、ふたたび元の日常に戻ることは出来ないと、日時計の影は、時代の「時」を伝えてくれるのでありました。

鑑定依頼が極端に増えまして、なかでも、引っ越し方位の鑑定が多いのが特徴でございます。
予知能力が備わっているのでしょうか。
「思い切って東京を離れます」
おそらく、優れた第六感が、都会にいることの危険を教えてくれるのだと思いますです。

やがて疫病が衰退し、自然にふたたび鳴りを鎮めるのでしょう。
「新型コロナに勝利するのだ」
と、一部の人間たちは息巻いておりますが、勝負になるわけがありません。時をじっと待つこと。
繁殖を続けているうちは、刺激すればさらに暴れ狂う。それは自然現象…、たとえば燃え盛る炎でも、荒れた濁流でもみれば分かりますです。
劫火に水をかければかえって爆発し、濁流をコンクリートブロックで堰き止めようとしても飛沫を上げ、ずぶ濡れになるだけ。
これらは四柱推命の受講生の皆さんには、お分かりのことと思いますです。

時がくれば、どんな炎も水も勢いを失うモノであります。

しかし、ふたたび元の生活に帰るのかといえば、それは甘い考え。
テレワークへと時代の流れは向きを変えるのであります。
だからこそ経営者などは都会から理想の地へと移住を考えてもいるのでございます。

「金持ちなら、何でもできるさ」
いえいえ、羨んでいては、開運は無理。

お金持ちは、頑張ったり、ズルイことをしたかもしれませんが、多くは、そう90%は運の力かあったからであります。
周囲の成功者の動向を観察することが大事な時であります。

「えっ、どーしてそういう行動をするのか?」
成功者が自身に尋ねても答えは見つからないはずであります。が、第六感が働いているのであります。
いままでの価値観を捨てて、彼らを観察することは、とても大事であります。
ネットのいろいろなコメントに同調することは、次の時代に乗り遅れる毒薬を浴びることと同じかも。

四柱推命的な、あるいは奇門遁甲、断易で、私メが講義中にエロ話に溶かして喋っことを思い出してくださいまし。

私メは、やはりエロ好きでございますが、それでも、どこでどのエロ話を挟むかを、これでも事前に計画しているのであります。

開運のための三要素。
『健康』『お金』『自由』の何が不足している地点に、自分がたたずんでいるか。それが問題であります。