2017
05.25

18時30分にスタートするパーチーに、事務所を出たのは17時55分。

タクシーをつかまえるのでありました。

「天皇、安倍が嫌いだから退位するんですよね」
いきなり個人タクシーの運ちゃん。
バックミラーで目が合いました。

私メとだいたい同じくらいの年齢とみました。
「日本のロックなんて偽物ですよね」
とつづけざま。

「だらしないですよ、日本は」とも。
「チョーセンは日本のバカが考えているより、ずっと金持ってますよ」などとも。「何発もミサイルヤルでしょーが」

他の乗客にも同じことを言うのでありましょうか。
興奮してきたのか、運転が荒くなってまいります。
「だいたい音楽に国境がないなどといって、他国のジャスだのをぶん取って猿真似してますからね、日本は。よその国に失礼ですよ、ありゃ、ハワイアンとか踊っちゃって、あれで平気なんでしょーかね」
「昔はね、20年くらい前は下手な歌手は、あの建物でコンサートなんて出来なかったんだ。いまはジャニーズですよ、ジャニーズ。AKBは許しますけどね」
「日本は相撲でイイんですよ。しかしねぇ、升席をもっと広くしてもらわないとね、体格がデカくなってるんだから、平均165センチの時代じゃないんだから」

運ちゃんは喋りまくるのでありました。

気づくと、新橋のコンラッドに着いておりました。

どの占い師とも会話せず、バカに美味い料理をむしゃむしゃ喰い、ワインを七杯飲み、タバコを吸い、クソをたれて、とっとと帰るのでありました。

占い師の会話も、パーチーの内容も、私の耳にはただの音としか聞こえず、ずいぶんと偽オネェの易者が増えたものだと感心し、幾人かの奴からもらった名刺を破り捨て、ふたたびタクシーに乗っているのでありました。
「東京駅まで…」

「バカ者ども、許さん!」
と、つぶやいて、ひとりニヤリといたしました。

ミラー越しに運ちゃんが私メに視線をくれましたけれど、今度のヤツは、なにも言わないのでした。

2017
05.24

いつもギリギリになって慌ててUPいたしますが、今月は早めに、ボイドタイムをお知らせいたしますです。

麗しいおヒップでも鑑賞いただき、心を安らかにいたしましょう。

悪しき世に急速になだれ込んでおりますが、なーに、自分には関係ないことと無関心でいればイイこと。

ゆめゆめ選挙などの投票には行ってはなりませぬ。
結果はすでに決められていて、投票行為などは形ばかりだと、私メは勝手に決め込んでおりますです。

2017年05/25(木)04h09m in牡牛 ~         21h16m双子
2017年05/27(土)15h21m in双子 ~         20h26m蟹
2017年05/29(月)16h02m in蟹  ~         21h14m獅子
2017年05/31(水)20h17m in獅子 ~06/01(木)01h17m乙女
2017年06/03(土)06h51m in乙女 ~         09h04m天秤
2017年06/05(月)17h58m in天秤 ~         19h46m蠍
2017年06/07(水)09h35m in蠍  ~  /08(木)08h00m射手
2017年06/10(土)15h22m in射手 ~         20h37m山羊
2017年06/13(火)03h47m in山羊 ~         08h46m水瓶
2017年06/15(木)14h41m in水瓶 ~         19h19m魚
2017年06/17(土)20h33m in魚  ~  /18(日)02h56m牡羊
2017年06/20(火)04h43m in牡羊 ~         06h54m牡牛
2017年06/21(水)13h26m in牡牛 ~  /22(木)07h45m双子
2017年06/24(土)03h48m in双子 ~         07h08m蟹
2017年06/26(月)03h48m in蟹  ~         07h08m獅子
2017年06/28(水)06h15m in獅子 ~         09h42m乙女
2017年06/30(金)05h37m in乙女 ~         16h03m天秤
2017年07/02(日)22h18m in天秤 ~  /03(月)01h59m蠍
2017年07/05(水)10h37m in蠍  ~         14h08m射手

このボイドタイムも神経質になってはいけませぬ。
「ああ、いまはボイドタイムなのだ」と認識すれば被害はほとんどありませぬ。

ボイドタイムだからと、大切な用事をキャンセルしてはいけませぬ。
もっと悪いことになりマスゆえ。

2017
05.23

オノ家には代々かかる病気がありまして、それは「怒り病」なのであります。

目に見えるモノ、耳にするモノのすべてに激しい憎悪と激怒を感じる病気であります。

亡き祖父も亡父もそうでありました。
なぜ、いつも怒っているのかと不思議でたまりませんでしたが、私メもどーやらそういう年齢に達した模様であります。

ささいなひと言で、気分を害し、丸一日不機嫌に沈むこともございます。
お前も裏切るつもりだな、それならその罪がいかなるものかを、じっくりと味わってもらおう。黒い炎が心にともり、いかなる手段なら相手を絶望させ、自殺に追い込めるかを考えるのでございます。

忠告も否定もアドバイスもアイディアも認めませぬ。
イエス以外の答えは求めてはいないのであります。

病気でありますから仕方ございません。治そうとも思いませんし、自分より年の若い小生意気な小僧医者にかかるつもりも、年上のクソ爺の医者に診てもらうつもりも毛頭ございませぬ。
周囲の奴らが、私メを気遣えばイイことなのだと、敢然と胸を張って、居直るしかないのであります。

とにかく何もかもが癪に障る材料なのであります。
スポーツ選手がどーのこうのというキャスターも、その選手も、またそれらを応援している国民にも脳血管が切れそーなほどの怒りが噴き出すのであります。

新聞など腹の立つことばかり。
とくに読者の投稿欄には殺意すら覚えるのであります。
なになに、75歳の無職のくたばりそこないが「平和だと!」「政治だと!」と、年寄りを集めて連帯責任とばかり、かたっ端からやっつけてやりたくなるのでありました。

ということですので心が安らぐひまがごさいません。
ぶらぶらと街をぶらつき、しがないデパートにはいり、エスカレーターで目的もなく上に行き、食堂に入るのであります。

その食堂では定期的に、ご当地ラーメンをやっていまして、その日は「佐野ラーメン」。

食っているうちは病から逃れられるのでありますが、佐野といえば栃木県。栃木といえば宇野宮。宇都宮といえば…。
ずいぶん昔、宇都宮に鑑定に出かけた時、その家の飼い犬に、足の踵をガブリとされ、靴下に穴をあけられたことを想い出したのであります。

むかむかむかーっ!

いい年をした日本人俳優が悪人顔で刀で切られたりする演技をいたしますが、私メも、踵に開けられたソックスの穴を思い出し、思いっきり悪人顔で佐野ラーメンをすするのでありました。

オバちゃん女給が不思議そーに私メを見ているのでございます。