2024
05.27

貸家のハウスクリーニングが完了したというのでチェックをしました。

この貸家は、私メが高校生の時、一年間だけ住んだ家なのであります。
17歳の自分は、何を考え、どう感じていたのか、勉強部屋にたたずめばリアルに戻れるかと、ちょうど机と椅子をおいていた場所から、あたりを見回しました。

家相に通じますが、過去の部屋に戻ると、その時の思考がよみがえることは仕事部屋での経験から知っております。
忘れていた人の名前も、名字から浮かんできた経験もございます。
そういう思考回路になるのが家相の影響であるわけであります。

しかし、17歳の自分は、遠すぎて感応しませんでした。
部屋の配置やポスターがどこに貼っていたかまで憶えているのですが、それは記憶であって、当時の自分には戻れないのでした。

そして、いまの実家に引っ越したのであります。祖父が他界し、祖母と同居しなければならなくなったためであります。
方位を見ましたら、
「えっ、人遁?」
吉方位ではありませんか。

たしかに、引っ越してから次第に交際範囲に変化がおきました。
不良っこどもとの付き合いが、なぜだかバカバカしくなり、夏休み明けには、ほとんど絶交状態となっておりました。
そして別の人々との付き合いへと変化していったのであります。男どもに限りましたが。

ですです。
ヤマハのフォークコンテストに、新しい奴らと出場し、私メが作詞作曲した「なんとかモゾモゾ」という曲で予選落ちしたものであります。
ボーカルが「♫もぞもぞ」と声をからし、バックで他の奴らが「♫もぞもぞ」とスィングするのであります。
優勝間違いなしの自信はありましたが、いま聞けば「クールファイブだよな」
たしか優勝したのはNSPではなかったかと…。

では同じ方位を使った、父は、母は、妹は、弟は…。
どこかに人遁の効果があるはずであります。

楽しくなりました。

ドアに鍵をかけ、その貸家を後にしたのでありました。

2024
05.26

むごたらしい事にも口出しできない時代になっているよーでありますね。
戦争のことであります。
いろいろと学ばせていただいております。

占いでは、たとえば四柱推命は儒教が入っております。
たいして奇門遁甲は覇道でありまして、兵法をもとにした、勝つための方位学という位置づけ。
クラウゼビッツの戦争論と一致しているところがございます。
双方とも、神という存在を度外視し、勝つことだけに目的の中心をおいているのであります。

だから、「それは違反だ」とか「婦女子に危害を加えてはいけない」などの人道上の理屈は、まったく効き目がないのであります。

乳幼児を殺し、お女性をレイプし、男どもの戦意を失わせ、食料を断つことで、相手を俘囚の民として奴隷化するのであります。

私メも、草刈りの仕上げに、ジェノサイドいたしました。
刈った草のあとを、バーナーを放熱し、種をも滅ぼす行為でありました。

アリどもは慌てて逃げまどい、鳥は騒ぎたてました。

これで、次にモリオカに来た時、多少なりとも雑草の成長を抑えられるはずであります。

大丈夫、火の始末は、あとで水をまいて消しましたです。

「人間は鬼っコだ」
と、亡き老婆の声を小耳にしたよーではありました。

2024
05.25

モリオカはお蕎麦であります。

モリオカ冷麺とか、じゃじゃ麺などが有名ですが、やはりお蕎麦。
蕎麦もいろいろありまして、田舎蕎麦から江戸風の蕎麦。

面白いのは、ワサビを扱うところはあまりなくて、あったとしても仕方なしに出すという感じで、それよりも権八。いわゆる紅葉おろし。

また隠れたものとして、岩屋堂の卵麺が絶品なのであります。

つまり、私メはモリオカ冷麺やじゃじゃ麺はさほど好みませんです。

で、本日は、いつもの蕎麦屋に。
「ああ、モリオカだな」
どこかホッとするのでございます。
ただし量がただモノではございません。
はげしく満腹になるのであります。
これで1020円。
以前は960円でした。

できれば、ここに新聞があれば言うことはございません。ホットペッパーでも良い。
食事をする時、新聞を読みながら…コレが良いのであります。
お行儀の悪いことはじゅうじゅう分かっております。
草刈りも奥の庭も済み、裏庭を残すばかりとなり、精神的に楽になったのでございます。