2024
07.13

やはりホラーは日本であります。
怨念というヤツが、じわじわと身を締め付けてくる恐ろしさは最高でございますから。

弱いお方が、死霊生霊となって、強い奴をどこまでも苦しめるという設定も悪くございません。

幽霊の出現は昼過ぎから、深夜の三時あたりまででしょーか。
明け方から午前中にかけては幽霊もお休みの時間帯。

しかし、私メは幽霊をシカと見たことがございません。
「シカと」と言ったのは、もしや…ということがあったからであります。

事務所が神保町の専修大学近くにあったころ。
ボロビルの屋上のペントハウスでございました。
屋上ですから、各階の空調の室外機が所狭しと設置されておりました。

ドアを開けたところを喫煙所にしており、原稿作成がひと段落しては、そこで一服。
夜の九時頃でしたか。ちょうど夏でした。
タバコをくわえてドアを開けましたら、室外機のひとつに、お女性が背をこちらに向けて座っておいででした。長い髪が夜風にあおられていました。

「おっと失礼」
いちど部屋に入り、「へんだな」こんな時間に室外機に座るお女性なんているだろうか。居たとしたら「シメタもの」と、ふたたびドアを開けました。
誰もおりませんでした。

目の錯覚だったと、その時は思いましたです。

翌日、ホントに翌日です。
お女性占い師の死の報せが飛び込んできたのであります。

いちど事務所にいらして酒を交わした占い師でした。

「おっと!」
あれは幽霊だったのかも。
しかし確証を私メは消化できませんでした。

幽霊については「信じる」「信じない」のどちらかでしょう。
でも、「いる」と断定した方が面白いし、怖くなり楽しいのであります。

2024
07.12

菩提寺に年会費を納めました。
郵便局のATMから支払いしました。
一万円で支払いお釣りを受け取りました。

そのお釣りが新札だったのであります。
これからイヤになるほど目にするお札。

いままでの千円札と同じサイズですから財布を新調する必要はございません。
財布屋のボヤキが聞こえるよーです。

それにしてもバカ文雄はどーしてバカバカしいことばかりをするのでしょーか。
政治といえば広島の薩長の輩で、東京都知事選に出馬し二位で落選した小生意気なガキ。あれは良くありませんぞ。悪人相が物語っております。人中のホクロだけではございませんぞ。いまのうちに懲らしめておかないと、大阪の維新の府知事のよーな愚かな馬脚をあらわすのは時間の問題でございましょー。
ホント、日本人と言う馬鹿者は救いがございません。

ほれほれ、どこだかの外人にに褒められたんだから、「イイ絵画かも」と気づいたふりをした北斎の絵が千円札の裏側の図柄でございます。

南海トラフの大津波を予言する図柄なのでしょーか。
どこかの間抜けが2025年7月5日に大震災が来るとか得意になっているとか。
いちぶのサルが騒いでいるとか。

どこまでも日本人はバカであります。
バカがバカに騙されて大騒ぎ。

はやく永眠したいものでございますです。

滅亡を招く呪符に見えてまいりました。

2024
07.11

夏祭りの忌み縄が通りにめぐりはられ、茅ケ崎はいよいよ浜降祭の近いことが告げられております。

いつもとは違う散歩コースを選びましたら、
「ずしん」
と前頭葉が揺らされる「悪気」にしびれを覚えました。

眼下に急な下り階段があり、奥に暗い家がひそんでおりました。ヤバそうな霊気が毛羽っているのでございます。

霊気を受けるとき、
・自分が悪い事をしてその罰を受けるのか
・善良な自分が悪い霊に憑りつかれているのか
が、考えられます。

東京大神宮は、完全に悪い霊に憑りつかれる悪所であります。

が、茅ケ崎のここは、私メの悪行を懲らしめよーとする、腹出たしいお節介な霊気なのでございます。
「カッー!」
指をそろえ、マックよ潰れよ!という呼吸法で、お節介を封じたのでございます。
叔父を墓場で「成仏させぬぞ」と呪う要領で。
「この世に善も悪もないのだ」と。

あとは清々しさが残るばかり。

みなさまもおやりになれば面白いのであります。
悪霊を脅してやるという暇つぶしになりますですから。