2020
10.26

春の花はハツラツとした若いお女性を連想いたします。それに対して秋の花は40代の楚々としたお女性の化身のような気がいたします。

秋になってから美が開花する花。
奇たるべき冬を前にして、どことなく物悲しさが香り立ちますです。

そんな秋の花を庭から摘んで、乾燥花の作成をしましたです。
もちろん奇門遁甲の座山につかう乾燥花でございます。
逆さに吊るしましたら、真っ黒い家にとても似合いましたです。

やがて山茶花が咲き、突如としてモリオカは白い世界へと一変するのですが、その冬までの間、秋の花はせつなく庭の隅を彩るのでございます。

紅葉に目を奪われた視線を、ふと足元に移しますと、そこに、
「やっと気づいてくれたのね」
あきらめかけたため息が聞こえますです。
「摘んで、いいからぜんぶ摘んで…」
春や夏の花とはちがい、茎はすでに乾いておりますから、簡単に折れて、私メの抱えた花のひとつに加わるのでありました。

「キミが10のうち7まで来ていたら、オレは8だよな」

すると秋の花は言うのでありました。
「7と8を足すと15」
15歳の時に逢ったわね。それからずっとわたしたちは15歳のまま。
「だって」
彼女はか細く付け加えます。
「8×8は64。7×7は49。差はいくつ?」

答えますと、
「ほらね。だから、15のままで秋になったの」

連続する数の合計は、それぞれの二乗の差に等しいという、カバラ秘術のラビリンスに酔いながら、両手に摘んだ花々を、ひとつひとつ丁寧にセットしていくのでありました。

2020
10.24

たまに地元のTVを観ましたら、ペルー料理屋とかポルトガル料理屋がモリオカ市内にあるとかの紹介番組で、なんとか国際的なウェルカムを盛り上げよーとして、どこか失敗感の漂うヘナチョコになっておりました。

キムラ満夫旅で感じたことは、他国の料理は、やはり東京が優れているのではないか…を痛感するのであります。
東京は、A級ならA級、B級ならB級を貫いておりますです。

が、地方だと前菜だけがA級で、デザートでガッカリのトドメを感じたりいたしますです。

いえいえ、そんなことはどーでも良く、昨年まで、私メの溺愛する池に中国人が押し寄せまして、
「くぇっ、くぇっ」
怒り心頭でありました。
「池を買い取り、埋め立てる方法はないだろーか」
くらいに腹立たしかったのであります。

外国人だけではなく、中学の頃は、地元の放送局IBCの720というクルマで移動しては市内の話題スポットを回るラジオ番組があり、この池にやって来た時などは、頑固ジジイのごとく、
「出ていけ!」
と投石したこともございますです。

遠くに住む先輩が通りかかっただけでケンカを吹っ掛けたことも。

火炎燥土まるだしでありました。

しかし、今年はご覧の通り、静かなしずかに秋でございます。

栃木県が魅力度最下位ということで知事さんがぶつぶつ言っているとか。

羨ましい限りであります。

それはともかくとして、世の中は一瞬にして様変わりすることを2020年に学ばせていただきましたです。
鎖国しろとか何度か騒ぎましたけれど、ホントに鎖国状態でございます。

個人の運命もまた、いかなる変化を見せるのか、じつに面白い。

手相セミナーCでは、いろいろな方面から運命の読み方を語ったつもりであります。

「この手相は頑固者」
けれど、頑固もいろいろある。「頑固」というキーワードを解きほぐすのが運命学を勉強する姿勢であることも遠回しではありますが語ったのであります。

成功する頑固者と、失敗する頑固者。

冬に向かう静かな秋に、なにを間違ってか、開花するタンポポとかつつじもあり、植物にももしかすると運命の可否があるのかもしれませんです。

刻々とモリオカは晩秋へと向かっておるよーであります。

2020
10.22

紅葉見物のついでに秘湯に立ち寄りましたです。
例年ですと、人影もまばらな混浴露天風呂は中古の男女で賑わっておりました。

これもGO TO TRAVELという奴でありましょーか。

風呂上がりの薄着をまとったオバハンは妙に色っぽく、つい胸元に目がいくのでありました。
首から上はえげさつない皴が刻まれておりますのに、首から下はほんのりと桜色。脂身のシャブシャブ肉のよーに感じられたのであります。

おそらく私メと同年代あたり。

老婆の桃花煞とは、このことでございます。

真昼の雨月物語。

旧式の中古のベンツ。

若い頃、美女に、「どーして、あんたみたいな男に…」と袖にされた時に、
「40年後を見ておれ」
心で叫び、傷つくことを回避した憶えがございます。
「今は新車のベンツかも知れないが、40年たったら」
と。

が、目のあたりにするおぞましい光景は、使い古したベンツどころか、いまだに新車のフェラーリと自分を錯覚しておるよーであります。
神は己が姿を直視させぬよーに作り給えたわけが解けました。
でなければ舌を噛み切っていたでしょーから。

ここで若い美女を混浴風呂に投入したら、どーいうことになるのだろう。

キンタマも隠さずにくつろいでいる男どもは、白濁の湯に軽い勃起を隠すのかもしれません。
そして旧日本兵が朝鮮女を見るよーに、あるいは幼稚園の父兄会に参加したオヤジが保母さんを見るよーに、血走った劣情の目で若いお女性を視姦するに違いございません。

また古びたお女性は、デパートの紳士売り場のパートのオバハンのよーな意地の悪い視線を、若いお女性に浴びせるかもしれませんです。
そーしてタオルで胸元を押さえ、露天の隅にひと塊となって吹き溜まることでございましょー。

年齢を重ねる無常さを、カラスが遠巻きに眺めておるばかりでございました。

それにしても湯上りのタオルを旧式の脱水機にかけているオバハンの奇妙なお色気は、どこか愛おしさにも通じるものがございましたです。