2022
07.02

夏空が展開しておりますです。
その空から爆弾もきこえませんし、爆撃機の姿もみえません。

すこし鰻の値段は上がっおり、カップ麺値段、ガソリンの価格も高くなりました。
かつてタバコが2倍の値段にあげられたころと比べれば、
「たいした騒ぎでもない」
なのであります。

不思議に思うのは、ウクライナにも犯罪者がいたはずで、刑務所だってあるでしょー。
それらの反社会的な人たちはどーなったのか。

また難民として各国に散らばった人たちは、すべて守るべき善良な人たちなのかということであります。いや、守ってもイイのですが、油断しては裏切られた時のショックが怒りとして沸騰するのは時間の問題かなとも。

私メのような排他的人間からみれば、
「かなり甘いのでは」
と思え、障害者だって酷いのもいれば、そーでない人もいるのであります。

「戦争論」という薄い文庫本がございます。
著者はクラウゼヴィツ。
戦争理論のいろいろが書かれている本でありまして、ロシアの仕掛けた戦争も「なーるほど」と頷ける部分とリンクもいたします。
が、近代戦において、その「戦争論」が役立つかどうかは疑問であります。

大事なのは、技術的なものではなく、「戦争論」を一貫しているのは、「神の存在がない」という点でございます。

多くの難解な書物で、さいごには「神の存在」で誤魔化していることが大部分でありますが、「戦争論」は神などは完全に無視して書かれているところが凄いのであります。

奇門遁甲という兵法もまた、
「神の存在がない」
のであります。徹底した勝利のための覇道精神でつらぬかれておるのであります。
奇門遁甲によって運勢を変えるために四柱推命と合わせて用いることが秘伝とされています。
が、その四柱推命の底には儒教が存在しております。神様とは直接には触れませんが、儒教という教えが四柱推命の底を流れているのであります。

この2つの使い分け。
戦争の行方を、いまの日本的な甘すぎる常識を捨てて、冷静に見ていくことは、おそらく覇道と儒教の面から、学ぶところが多いように思えるのでございます。

2022
07.01

いまなら、マッチングアプリとか出会い系サイトがありますが、私メの学生の頃には、そーいう便利なシステムはなく、代わりに仲人的な生徒がおりました。
自分の高校の男と、女子高の生徒が中学の同級生であり、彼らがそれぞれ、男女を引き合わせてくれるのでありました。
お見合いみたいなものでしょーか。

場所は、バスセンター。
当時のモリオカは肴町が中心街で、バスセンターもその肴町にございました。
その建物が取り壊され、「2022AUTUMN」にリニューアルするそーであります。

「あんやAUTUMNって、秋のことっか」
と老母が助手席で、日本人なんだから日本語を使えば良いのにと、毒舌をつぶやくのでありました。

「秋って書いた方が、インクも少なくて済むべおんに」
と、母はつぶやきますが、モリオカの秋は「秋」より「AUTUMN」の方が似合っているよーな。

しかし、私メは、あの時、50年以上も前の夏の雨の日を思い出しておりました。
「こちらが…」
とクラスメイトの男が、女子高の娘を紹介してくれた日のことをです。
なかなかイイ…と思いました。

じつは、私メは補欠要因で、本当は別の男子生徒が、その娘と付き合うはずでしたが、どーいうわけか、私メが駆り出されたのでありました。
「あとはお二人で」
ということになり、喫茶店でなにやら喋りました。
ところが、どこかで話がかみ合わなくなり、気まずい雰囲気になりましたです。
「私…」と彼女は立ち上がり、「私、真面目な人がイイです」
キョトン…。
1時間足らずの恋でありました。

それを50年も経っても覚えているのが可笑しいのでありました。
「どんなオババになっているのだろう」
むこうも覚えててくれてるかな。
死んだかな?

どの街にも似たようなことがあり、親しくなったり、別れたりして、そうして時代は流れていくのでございましょー。

湘南にも夏が参りました。
水着のお女性たちが、楽し気に海とたわむれる夏が。

けれど、去年のお女性はもういないのでしょー。
去年のお女性が海を見に来たとしても、
「もう違う海だ」
じつはお女性自身が変わっているのでありますが。

ポルシェセンター湘南、2022年秋オープン予定。
看板が夏の日差しに眩しいのでございますです。
ペンキ代が浮いたのかどーか。

2022
06.30

私メも、すこし急いでいます。
来週中には、新版奇門遁甲初等科YouTube版の詳細を、受講をお申し込みの方々にメールをしなければいけません。
すこしお待ちください。

で、その『新版奇門遁甲初等科YouTube版』のお申し込みの締め切りを、7月15日(金)にいたします。
前半の6か月分をチェックしましたが、かなり面白いです。
字幕付きなので、とても分かりやすくなっておりますです。

そうそう、テキストの印刷や、発送の準備もしなければ。

暑いなんて言っていられませんが、それでも、
「暑い…」
と言わせてくださいまし。

しかしながら、「運命学」を勉強することは、とても役立ちます。
占いの根底を流れているのが、「運命学」なのであります。
「ひと口にはどーいうことですか?」
と問われても、ひち口には説明するのは困難ですが、
「人間のもっている普遍的な本質」
とでも申しましょーか。

学校などではぜったいに教えてくれないモノでして、人によっては「極端すぎる」とか「差別的」と非難されるかもしれませんが、非難されたとしても、
「ほーらな」
モラルとか道徳などとは切り離したモノの見方なのであります。

占いの講義に、これらの「運命学」を交えることで、はじめて占いが身につくのでございます。

では、「新版奇門遁甲初等科YouTube版」の申し込みは、「お問い合わせ」からお願いいたしますです。