2021
12.08

「発展」という二文字が、私メの中から消えておりますです。
いろいろな業者から、提携をせぬか、一緒に力を合わせればお互いにイイことがあるのだから、と誘われても、
「発展しようとは思いませんから」
すげなくお断りをしているのでございます。

発展して建設的に上に延びるより、シダとかコケのように地面によこに広がることのほうが自分に似合っているよーに感じるのであります。

というより現在の自由を大事にしたい意識の方が強いのでありましょー。
宇宙に行って地球を眺めるより、部屋で地球儀を見ていたほうがマシではないかとも思うのでございます。

先日、版元さんからメールがございまして、
「人相の本が、品切れになっていて、一万円以上の値が付いています」
教えられて驚きましたです。
私メの分厚い人相本のことでございます。
増版か、別の出版社に打診しようかというお話らしいのでございます。

「面倒くさいですね」
「いやいや大丈夫ですよ」
促されても、その気になりません。

以前ならば、ビジネスチャンスと意気込んだはずでありますのに、その意気がゼロなのであります。

ああ、古い人間なのだなと感じることもしばしばであります。
新しい時代の価値観がよく分かりません。
すべてが、
「嘘だよな」
直感してしまうのであります。
褒められても、煽てられても、進められても、何を食っても、
「嘘だよな」
ここに着地するのでございます。

考えることと言えば、
「あのお女性も、来年でもう60代なのか」
とか、そういうことばかりであります。

「20年後の今日、この店で会おう」
約束してから20年どころか40年も経ち、会おうどころか、会ってはならぬ心境であります。
郷里で街中を散歩している時、「あのお女性に会うのではないか」と周囲を見回すのですが、見回すのは若いお女性でして、
「いけないいけない」
60代のお女性こそ、あのお女性ではないかと、たちまち心がしぼむのであります。
「若ければイイというのではない」
懸命に自分に言い聞かせますけれど、どーしてなのか視線は新鮮な果実のよーな若いお女性に向いてしまい、だけでなく、ニタニタしてしまうのでございます。上機嫌になる自分を止めることができません。

同じ年代の男女の多くは、脚を引きずって歩いていたり、白髪だったり、禿げていたり、突如とした立ち止まったり、そして不意に引き返したり、汚くクシャミをしたり、廃人と化しているのでございます。

陰鬱な雨空を好むのは、発展のない風景が快く落ち着くからでございましょー。

2021
12.07

奇門遁甲について、いろいろなコメントをいただき、それに対して、舌足らずの返しをしてきましたが、どーもスッキリいたしませんので、本日は、奇門遁甲の使い方の一つをご披露しよーかなと思います。

ご披露と言っても、十傳スクールの講義内容に抵触するといけませんから、一例になってしまいますです。

吉方位を使ったのに、
「ヤバイことが起きてしまった…」
こういうことはけっこうあることなのであります。

けっこうあるというのは、たとえば生活の安定を目的として、「地遁」の方位に旅行に行ったけれど、生活の安定どころか、家庭崩壊になってしまったという極端なケースでございます。

ぞくっとするほどの美人の奥さんが、真っ青なお顔で事務所に飛び込んでいたことがあるのであります。
私メの本を読み、その「地遁」の方位で友人と温泉に行ったとのことでございます。
「ところが…」
奥さんは訴えるのでございます。
帰宅したら、夫の様子が変なのであります。お土産の品々を広げても、夫は黙って食卓についたまま無言だというのです。

しばらくして、使わなくなった携帯をテーブルにゴロリと投げ出したのでございます。
「身に覚えがないか」
「?」
電源を入れると画像が現れ、そこには奥さんと別の男のあられもない姿が映っていたのでございます。

背筋が瞬間的に凍り付いたのでした。

一度だけ奥さんは浮気をしたことがあり、ふざけてツーショットを何枚か撮った記憶が蘇りました。
新しくスマホに替えたときに、その携帯を子供におもちゃ用として渡したのでありました。
旅行中に、子供が携帯に操作が出来なくなったので、夫がいじくっているうちに、その画像が出てきたのでありました。

「こんなことってありますか? 浮気したわたしが悪かったんですけど」
「……」
私メは答弁することが出来ませんでした。
地遁は、精神的な安定、家庭の平和を象意とする第一級の吉方位であります。それが、「ハズレ」たのです。

そのとき奥さんが、こんなことを口にいたしました。
「旅行にでかける前日までは友達と楽しく映画を観てたのに。すべてダメになりました」

「!」
もしや…。
「前日の映画は自宅からどの方位ですか?」
奥さんの回答を聞いて、「それだ!」膝を打ったのであります。
どもりながら、おそらく興奮して東北弁が丸出しになっていたことでありましょー。
「詳しぐ聞がせでくだざい」

話によると、前日、丙の伏吟の方位で、三時間以上、映画館にとどまっていたのであります。
丙×丙。ごくごく軽い凶方位であります。

が、その軽微な凶方位でも、直後、つまり翌日に吉方位である地遁を用いると、凶方位が吉方位を食ってしまい、激しい凶作用が出るのであります。すべてがそーだというのではございません。たまたま丙の伏吟のあとに、地遁を用いたケースでございます。組み合わせが悪いのであります。

このよーに、本人が吉方位を使ったとしても、直前に知らずに無意識に凶方位使う場合は多々あること。

奇門遁甲の使い方の基本は、ですから凶方位をなるべく避けることが賢明なのであります。

その後、奥さんは…。
いえいえ止めておきましょう。遁甲とは関係ないお話ですから。

2021
12.06

目つきの凶悪な男が、30年前の私メであります。

写真に日付が付されていないので正確なところは不明ですが、夏らしいですね。

どこかの家を訪問し、玄関先での撮影なのでしょー。

このころ、飲み屋に行きますと、同席していた土方のオヤジに、
「組の方ですよね」
恐れられた記憶がございます。

女将が、あわてて、
「そんな人じゃないわよ、目をみたらわかるでしょ。こんな優しい目をした男がね暴力団のわけがないじゃない」
ホローしてくれたのでずか、土方のオヤジと、その部下は、恐れたような態度で、カウンターの隣で縮こまっていたことを思い出しますです。

しかし、こうして引き出しから飛び出してきた写真は、やはり殺気をともなって30年後の私メを睨んでいるのでありました。
断易を学びつつ、その日の生活にも苦しんでいた頃の一枚であります。

どなたにも、「10年後の自分は?」などと高校生あたりに、学校で語り合ったことがございましょう。
私メの学年ではありませんが、一学年下は、生徒たちのひと言ずつを、それぞれ録音し、それをレコードにして卒業式に配ったよーでございます。

克也クンという後輩がおりまして、卒業して二年目に事故死したのであります。
その克也クンの録音を聞いたことがございます。
「10年後、僕はどこかで生きているでしょう。○○克也」

話がそれましたが、運命とは分からないものであります。
占いをしていなかったなら、自分はどーなったのかと背筋が寒くなりますです。

私メの命は、火炎土躁であります。ひどい命式なのであります。火だるまの命。
が、戌月ということで、戌には蔵干に辛があり、辛は命式を冷やします。そのわずかばかりの、溶けだしている辛に、すべてを賭けたのでございます。

他の生き方からみれば、易者などは底辺の底辺。誇れる仕事ではございません。
けれど、私メには易者の道しかなかったのであります。