2016
09.26

秋であります。
お腹に卵をもったカマキリが出現したのでございます。

本来なら捕獲すべきところ、昨日の、呪術セミナーの疲労から、捕えようとするパワーが欠けておりました。

続きを読む >>

2016
09.25

呪術セミナー坤之部を終えたのでありました。

こんなプロジェクターなどを用いてセミナーも、かっこよくなりつつあるのでありました。

ボードの手間もいらないし、後ろまで見えるし、とても便利でございます。

ーーお世話になっております。きのうは有難うございました。とても楽しかったです。できましたら次回の姓名判断のセミナーもご参加ください。図々しくてすみませんーー

そーです、次回は11月26日(土)に姓名判断セミナー①の予定というか、決定しておるのであります。

まあ、お誘いはのちのこととして、昨日の東京は、午後に雨。けれども、雨と気づいたお方も少なく、人を害し奉る術の習得に集中なさっていたご様子でございました。

で、ございますから、このようなセミナーを受講していたことを誰かに知られたらタイヘンでございます。

ために、受講終了後の記念撮影では、多くのお方がカンバセをお隠しになるのでありました。

という次第なのでございました。

2016
09.23

いや、ダメだと思い返し、徹底した呪いをご伝授することに決め、夕飯を食ってから、その講義で使用する「呪いのBOX」の見本を試作するのでございました。

呪いの概念だけでイイのではないか、あまり深みを講義すると、私メの人格まで疑われるのではないかと心配なっておりました。

しかし、おもえば私メの品性下劣さを、おそらくご存知だろうし、ならば、お上品に講義をすることこそ、私メの本性を見抜かれることにつながるだろうと、いつもの自分に戻ったのでございます。

絶対に叶う闇の呪いを最後に残し、怨念の概念から解説するというように、パタパタと講義のシナリオが出来たのでございます。

さあさあ、どーなるか。

その呪いのBOXは画像前に移っているヤツであります。

中味はセミナー参加者のみが知ることに…?