2020
02.18

今回の、新型肺炎は時代をどのよーに変化させていくのでありましょーか。

クルーズ船だのマスクだの五輪だのにばかり神経を向けている間に、
「ありゃーん…」
てなことになるわけであります。

悪いのは中国人ではなくウィルスなのだと念仏のよーに唱え、差別に対して神経質になっていますけれど、そんな場合ではないわけで、京都の観光地も
「大変な損害です」
とメディアで取り扱われておりますが、ここ十年以上も歴史も文化も犠牲にして爆買いで相当な恩恵を得ているわけですから、
「なに言ってんだい」
小気味いいのであります。

ゴーンさんに逃げられ、ウィルスは無防備に侵入してくる事態も、まさに面白い現象でございます。

招き猫は、じつはおパンツのデザインでありました。

木を見て森を見ずの諺がございます。

観光立国の神話は崩れ、
「お金を落とさない中国人はただの野蛮人だから殺処分にすべきである」
などと十条の飲み屋で語っているうちに、そのうち百均も品薄になり、食料の輸入も途絶え、すると、いままで賞味期限切れたからと捨てていた食い物を大切にしなければならない時代になるわけであります。

食い物屋の値段も上がるでありましょう。

やがては日本人も世界の嫌われものであったことを、まざまざと知らされることになるのでございます。

朝鮮人より低レベルだと後ろ指をさされ、敵は米国だったのかと臍をかみ、歌謡曲も誰も聞かないからバレないだろうとロシアの曲からの盗作を繰り返し、それでも気位だけは高く、いやな民族としての正体が暴露されることになるのであります。

お金が欲しくて、嫌いなものを嫌いだともいえない。不味いものを美味いとごまかすベースのまま、変化する時代からふるい落とされる現実は、そこまで来ているのでございますです。

2020
02.16

土曜日は断易初等科、日曜日は断易NEXT科でありまして、二日間、十傳スクールは断易一色でありました。

しかも、どちらも「暗動」という断易のポイントの一つが偶然にも重なりまして、初等科は初等科の内容、NEXT科はNEXT科の内容と、その辺の匙加減を分けて抗議するのは、いささか手間がかかるのでございます。

師匠の鷲尾先生は天才素的なお方でしたので、初等科といえども、どんどん内容を掘り下げ、幼稚園児に大学院の講義をするようでしたから、初等科を受けていた時は、非常にたじろぎました。

なにしろ、鷲尾教室に通うまでは、低レベルの五行易でした、そこでお山の大将みたいな自信がありましたので、その差に激しくショックを受けたものでございます。

「大丈夫よ」
と、鷲尾教室のプロのおばちゃんたちに慰められ、「私たちだってチンプンカンプンなところが沢山あるから」と肩を叩かれましたことを、つい昨日のことのよーに思い出すのでございます。

画像の右上にあるのが、鷲尾先生の師匠の横倉先生の残した「断易教室」の原稿。
マニアには垂涎の原稿で、値段もつけられないほどの価値であります。
この原稿は、ついに日の目を見ずに横倉先生は無くなられ、十傳スクールの断易初等科では、
「断易講義草案」「断易用語及び解説」としてテキストにしておるのでございます。

さて、「暗動」でございますが、暗々裏に動くことを暗動と申しますです。
旺相の爻が日冲を受けることを「暗動」といい、休囚の爻が日冲を受ければ「日破」と申しまして、散ってしまうのでございます。
それが初等科の講義でございます。

NEXT科になりますと、休囚が日冲を受けても「暗動」となる場合があることを解説し、何故、暗動するかの本質的な考え方の講義となるわけでして、神経が摩耗いたしますです。

つまり卦を生きたモノとして捉えられるかどうかがポイントなのであります。

二日間は、講師である私メにとって、受講生の皆様以上に勉強となるのでございます。

この土日は、とても楽しゅうございました。
チョコも抱えきれないほど頂き、帰りの東海道線では、男たちに睨まれたほどでございます。

2020
02.13

最近、変な予感がしてなりませんです。
心配性なタチではなく、どこか楽観的なところを持っている私メなのでありますが、いままで何度か、同じよーな予感に晒されたことがあるのであります。

そーいうときは、何かを中断することで、
「やっぱりか…」
と難を避けてきたのであります。

出版不況に陥る前もそーでありましたし、ガラ系からスマホに時代が移る時も同様で、携帯サイトが滅亡する直前にも予感が、波紋のようにたわんできたのであります。

じつは、Webでの「呪術も光と闇」を明日から予約開始とする予定でしたが、これをすこしだけ遅らせることにいたしましたです。
秋口からの撮影で、充実した内容で、自分で試して、
「これはイイぞ!」
と自信の持てるいくつかの呪術を取り上げております。

が、「待てよ…」の予感に従うのであります。

もちろん前予約は受け付けますです。
一回、一時間ほどで10回の配信で、15万円ほどを予定しております。

新型肺炎だけでは済みませんでしょう。
世の中がガラリと様変わりするグラグラした期間に佇んでいるよーな気がしてなりません。

動かぬ。

これがきわめて重要な姿勢。

動かぬけれど、しかしアクションは必要でありましょう。
心の正直に従うことではないかと。

このところ、仕事とメシというひどく単純な生活を送っておりまして、心が澄んでいるのか、微妙なサインを感じ取れておりますです。