2023
02.07

昨年の暮れにブログUPしたなかに、額のホクロのことを、記憶の良い方は思い出していただけるかと思います。
特別セミナーの少し前だったかと思います。

11月あたりから額の生え際、天庭のわきの、天陽といわれる部所に、ポツンとおできが出来ました、なかなか治らず、しだいに大きくなっていたのであります。
ちょすと痛いのであります。
「親譲りの欠点が浮上する」サインなのであります。
整形外科にとくハメになるのかもと不安にかんじておりました。

それが先月、モリオカに戻ったとき、夜中にパカリと剥がれたのでありました。
剥がれただけでなく大量の出血がございまして、翌朝、鏡には、額がどす黒い血の跡で染まっておったのでございます。

そーです。ちょうど大恩人が亡くなった6日後の、初七日の夜でありました。
「そーいうことか…」
などと、ひとりで納得したものでありました。

額は目の上ですから、親とか目上の人との関係をあらわします。
大恩人は11月に脚を折り、入院しておりましたが、すでに死のベールをくぐり始めていたのでしょー、といつになく迷信にひたったのでございます。

こんどは今朝方の夢。
画像の如き墨絵の年賀状が、大恩人から届いた夢なのであります。
「黒い光だ!」
カバっと目覚め、忘れぬうちにと、夢の墨絵を描きましたです。
この「光」は、大恩人の名前にございます。光の文字は、太陽光線の「※」にも似ております。

「行ったよーだ」
雲のよーに低空に垂れこめていた魂のよーなものが、やっとあの世へと旅立ったのだと、またしても迷信にひたったのでございました。

次回、モリオカに戻ったら、線香でも手向けたいと思いますです。

2023
02.06

「ああ、ここは気が感じられないなぁ」
事務所の近くにある赤城神社に詣でた時の素直な感想でございます。
立春も過ぎ、本日は二月六日というシャレなのか、日露開戦の記念日なのです。

実際には明治37年2月8日に旅順港のロシア艦隊夜襲の日をもって開戦となるのでありますが、宣戦布告は2月10日。

乃木大将ひきいる日本軍が二百三高地をめぐり血みどろの戦いをしたことは、映画などで有名でございます。
以前、暇つぶしに、この二百三高地攻めの方位を調べたことがございます。
「へえっ」
と目が覚める驚きを覚えたことがございます。
同年、8月19日に第1回、第1回目旅順総攻撃を仕掛けております。この方位は、座山日盤で見ますと、ロシア側は八門受制の凶格。発展性が失われるのであります。天地盤は辛×甲の刃こぼれの方位。対する日本側は丁奇昇殿の吉格。
9月19日は昼夜に渡り旅順と二百三高地を同時に攻撃。日本軍は壊滅状態に陥るのであります。
しかし、座山日盤でみれば、日本にとっては悪くない方位なのでありました。
とりわけ9月20日の座山日盤は、ロシア側は刑格という大凶方位。日本側は甲×丁の吉方位。
10月30日の総攻撃では、敵味方合わせて9000人以上の死傷者を出しています。日本軍は一個連隊半の4600人に及ぶ死傷者。
この日に座山日盤はロシア側は死門。日本側は丁奇昇殿で生門。
しかし二百三高地は陥落いたしませんでした。
例を挙げればキリがございません。
とにかく吉方位だったのに、日本軍の死者はおびただしく、これでは奇門遁甲を信じられないのではないかと思うほどの悲惨な結末なのであります。

が、
「もしや…」
この敗戦は、あえて血の座山ではないかと気づいたのであります。
ロシア革命がその後に勃発し、日本が勝利するキッカケになるのでありますが、この「血の座山」で、日本はあえて死傷者を出さなければならなかったのでは…と。
ロシア革命は奇門遁甲の血の座山が引き起こした結果ではないかと。

日露戦争の影には、奇門遁甲の術師がかならず存在したと確信すると同時に、
「国の政策にのることは、血の座山のような材料に使われることになる」
この不信もまた確信となったのでございました。

奇門遁甲で歴史を紐解くと面白いことが見えてくるのでありました。

2023
02.05

画像ではよく分かりませんが、また分かってしまっては、オショシイのですけれど、冷凍庫に眠っていた鮭だの野菜だのを引っ張りだして朝食にしつらえたのであります。

十傳スクールを前にして、胃袋を満たしておくのは絶対的に必要なのであります。
講義は思いのほか体力を使います。

現在は、完全リモート講義に切り替えておりまして、ならば体力の消耗は少ないかと言えば、いやいや対面講義と変わらず、はげしい疲労に見舞われるのでございます。
そのために腹を満たしておかねばなりません。

昨日のうちに古い食材を冷凍庫から出しておきました。
凍り付き、正体が何か分からぬものもございましたが、たまには冷凍庫を一掃しないと、なんだか不気味でございます。

案外、美味しく食べることができました。

私メは、朝食を抜いたり、コーヒー一杯で、
「大丈夫」
と平気でいられる人が不思議であります。
きっと食事代が浮いて、貯金が増えているはずだと思うのでありますが、
「いいえ、ちっとも」
不思議顔。

そーいえば、たまに3か月ほど禁煙したりしますが、計算だと1日ひと箱だとして、500円×30日=15000円ほど
「浮くはず」
でも、禁煙での経済効果は肌では分かりませんです。

ちと、お話が飛びましたが、朝昼晩の規則正しい食事は大切なよーな気がいたしますです。