2020
02.05

トンカツを食っていましたら、ふいに、
「あそこのタンメンだ!」
とクルマを飛ばしました。

134を平塚に向け、左手に春の海の眩しさを受けながら、
♪タンメン、タンメン、こんな日はタンメン♪
出まかせの鼻歌を歌いつつ。

虹が浜の交差点を右にハンドルを切りますと、「目的地」なのであります。

名物のオデブねぇちゃんに、
「わかめタンメンと焼きワンタン」
注文して待つこと、およそ10分。

出てまいりました。
胃袋にトンカツがあっても平気。

酢と塩味。麺はまるで素麺。およそタンメンとは違うのですが、堂々と「タンメン」と銘打っているので反論はできませぬ。

この麺を五本ずつ、チュルチュルするのが美味さをさらに際立たせる秘訣。
まわりの客や店員が奇妙なお顔で見られても、であります。

年に二度ほど、突如として食いたくなるタンメンなのであります。

海風なのか気圧が変化する風なのか、とにかく強風が吹き、お店の暖簾も引き千切られそーなくらいなのでございます。

勘定の950円を支払うと、もう何もすることがなく、汁までぜんぶすすりましたから、お腹はパンパンでありました。

ここでは新型肺炎の話題もなく、マスク切れり話題も遠いお話のよう。誰一人としてマスクなどしておりませぬ。

クルマにガソリンを満たしてやってから、知らない道を選んで帰るのでありました。

♪タンメン、タンメン、ランランラン、今日はしやわせ、タンメン食べたから♪

 

10 comments

▼コメントする
  1. タンメンも美味しそうですが、先生のご機嫌で幸せそうなご様子が可愛いです♪

    ●十傳より→しやわせでした。

  2. 美味しいって感じる幸せ
    素敵な日でしたね。

    ●十傳より→毎日だとしやわせに気づきませんね。

  3. おー、タンメン、完全にソーメンにしか見えませんね。
    先生が歌いながらスキップしている姿は悪夢に出そうですが、幸せならそれで良いのだ♪

      ●十傳より→キチガイの舞であります。

  4. 美味しそうな シンプルなタンメンですね
    ス-プとワカメ・ネギの香りがこちらまで漂ってくるようです
    麺も普通のラ-メン麺とは違い ソ-メンのようなものなのでしょうか
    以前、ある高級中国料理店で食事をした時
    次から次へと出される料理 ….. ん …. 美味しいのは美味しいんだけど …..
    お腹はいっぱいになっていくのですが何か物足りないような
    やはり、こういう気取らない大衆食堂は
    「 あ______ 食った 食った、もう何も入らニャイ 」
    額と鼻の下の汗を拭いながら満足するものですね
    車で15分ほど走った所に、私がたまに行くラ-メン屋さんがあります
    そこのタンメンが美味しい
    野菜が こ・れ・で・も・か というくらい ドサッと入っていて
    塩味のス-プもやや濃厚
    そしてお値段がぁぁぁぁ・・・ 確か650円です
    安い !!

      ●十傳より→自分で美味いと自信を持てる味覚は大切であります。

  5. 先生が幸せなら私も嬉しい
    そうそう、たまに知らない道を通って帰るミニ冒険もいいものですね

      ●十傳より→モリオカの道はすべて知ってしまっているので、知らない道は新鮮であります。

  6. タンメン、タンメン、タンタンタン♪♪♪
    ソーメンようなのにタンメン♪
    美味しそうです!強風をものともせずお店に向かって
    スキップしてる先生が目に浮かびます。

    ●十傳より→チュルリン、チュルチュル、美味しいな♪

  7. それまでには指摘されるでしょうから、増補は
    3版になるまで待つことにしました
    確かなものになるまでは本屋での立ち読みで我慢します w

      ●十傳より→ですね。

  8. しやわせそーであります。私も自宅の湯に浸かり、しみじみとしやわせを噛みしめておりました。しやわせってそーゆーものなのでありましょう。

      ●十傳より→もどかしい感じでありましょーか。遠足の前日のよーな。

    • さぁて……どちらかというと、遠足を終えた後の澱んだ物足りなさのようなもどかしい感じかもしれません。

      ●十傳より→遠い昔の感覚で、記憶から薄れ気味です。

  9. 新型肺炎、小野先生は、かてますね

    ●十傳より→楽しい風潮になって参りましたですね。