2019
03.26

見とれるほど美しい指を発見する時がございます。

とたんに、そのお女性の魅力が150パーセントUPということに。

が、どんなに美しい指をお持ちでも、その指が醜く、不潔に思えることがありまして、
「恋の終わりか…」
カラダが納得するわけでありますです。

指は不思議であります。
いや、指だけでなく、陰毛も不思議。唇も不思議。耳も不思議なのであります。
「まっすぐな陰毛なんです」
と語られ、しばらくしてから、学研の拙著「東洋観相秘占」を読んだのかな、と舌舐めずりをしたこともございますです。陰毛が真直ぐで長き女は淫相なり、と相書にあると紹介しているからであります。

しかし、指は、恋愛の始まりのパーツであり、「バイバイ」と別れを告げるのも指でございます。
ガラス細工のような指で握られてはみ出した亀頭の嬉しい時期はもっぱら恋の初期段階とでも申しましょーか。

反対に、マムシ指と命名している指がございます。
親指の先がへら型にで、まるでコブラの頭のよーな指でございます。
そんなマムシ指に出逢った時、
「おそらくトラブルになって終わるであろう」
内心、不吉な予感にさらさせ、やがて、そのとおり、こっぴどい仕打ちをされてしまうのであります。

手相とはまた別に、指の表情を、そういえば、私メはずいぶんと観察していることに気づいたのでした。

人相とは、顔の形だけでなく、指も仕草も、吐息も声も含んだ魅力ある分野なのであります。
郷里のモリオカの自室で、寝転びながら、
「人相セミナーか…」
と、ちとおもうのでありました。

2019
03.24

当初の計画では、昨年の3月で神戸での講義を終えるハズでしたが、1年間だけ延長することにいたしまして、本日、最後の講義とあいなったのでありました。

それで、昨夜、つまり土曜日の夜に、送別の宴をひらいていただきましたです。

この彫像の付近のお店で、女主が美人だということ。
ホンマでありました。

それにしても神戸ではとてもお世話になりましたです。
良い経験となりました。

が、頭のどこかで、まだまだ続きがあるのでは…という予感がするのであります。

お上品に食事をした後、バーでの二次会では、同席の水杜先生によりますと、
「バーボンをロックで12杯飲まれました…」
ですって。

ホテルでトドメの缶チューハイも飲みましたが、これでもセーブしたのであります。
そして、翌日の今日は6時間講義。

まだまだ大丈夫のよーであります。

これもナニで鍛えているからでありましょーか。ナニナニ。

残念なのは、2年半も神戸に通っていたというのに、ホトンド神戸の観光をしなかったことであります。
講義の会場と、ホテルの往復だけではなかったかと。

サムライであれば、
「無念…」
と腹をかっさばくかもしれませんです。

やはり仕事ではなく、隠れて旅行することがイイのでありますです。

2019
03.22

web奇門遁甲を締め切ってから、かなりのお方が「まだイイですか?」の申し込みがございました。

担当の濁龍さんと相談しまして、
「では10名限定で募集しますか」
ということにいたしました。

気は進みませぬが、
「補欠合格ってこともあるじゃないですか」
のひと言で、「んだば…」の決断を下したのでございます。
すこし喋り過ぎたおんや…。
これが、気の進まぬ理由なのであります。

なので、またURLを近々に貼り付けることにいたします。
「おらも!」
という事前受付も、したくはありませんが、止めても聞かないと思いますので、受け付けますが、先着順であることはご承知くださいましね。

本日は、試乗に招かれまして、2時間も鎌倉あたりを走りました。
ハイテク機能に驚きまして、webスクールもそうでありますが、時代はもはや私メをはるかに追い越してしまっていると実感しましたです。
自動運転システムには言葉を失いましたです。

そして、
「咽喉が乾きました」
ので、茶を購入した自販機の後ろでは桜が一分咲き。

すべてに参ったのであります。

「オノさんは見かけによらず運転がやさしいですね」
オナゴを抱くよーに♪ からかもしれませぬ。