2017
11.22

2018年に2月にやるぞ!と雄叫んでいました「金持ち前夜祭Ⅱ」は、なんと8か月遅れの2018年10月27日に開催することにいたしましたです。

遅延の理由は、会場が確保できなかったことであります。

夏場は暑すぎて、仮装どころではないではないか…という個人的な感情も働いております。

また、10月末は、ハロウィンでありますから、仮装するための材料が豊富にあるのではないかと思ったからでございます。

いずれにせよ、鬼が嗤うほど先の話。

いずれ大募集をいたしますから、ご覚悟を。

無料参加ということは変更ございませんです。

時間は16時から着替えていただき、19時までであります。

でも、忘れそーでありますね。

2017
11.21

小岩井農場のはずれにある蕎麦屋に立ち寄ったのでこざいます。

民家を改造した素朴な作りです。
なのに11時の開店を待って、あっという間に満席になる繁盛ぶり。

が、私メには、そこの蕎麦が強すぎるのであります。蕎麦粉が強いのでしょう。
数時間、食道がぐりぐりするので、天ぷらラーメンにいたしましたです。

これが美味!

縮れ麺と、蕎麦汁をベースにしたスープとのハーモニーがイイのであります。が、天ぷらには、いささか馴染めませんでしたが。

フィリピンパブのラーメン版だと思えば、それもまたイイのかもしれませぬ。

と、まぁ、楽しい思い出を残し、郷里を後にしたのでありました。

疲労した身体を新幹線に乗せ、車窓に展開する雪景色をうつらうつらと眺めるばかりでございます。

天ぷらラーメンのためか、痛風がしくしくと唸っております。

粗食にしないとなぁ…。

2017
11.19

十傳スクールの日なのでありましたが、前々から法事が予定されていましたので、スクールはお休みであります。

従妹の娘や女孫などが国内から集まり、おお、我が家系は美女が多いものだと、つい嬉しくなったのでこざいます。

それで、つい盃をあげるピッチが速まったのかもしれませぬ。

露天風呂で吹雪でしたから予感はしておりましたが、目覚めると一面の銀世界。枯れ木にわずかに残っていた紅葉も、もはや冬に閉じ込められているのであります。

「まぁ、いいじゃないか、いろいろとあるだろーけど」
というよーに、雪は世俗を白くおおい隠しながら、「あきらめて、これからの展開に意識をシフトしようか」の気持ちにさせてくれるのでございます。

「帰りたくないなぁ」とは思っても、滞留していたとしても、ただただ暇を持て余すだけでありましょう。

一瞬の記憶ほど永遠に残るものはございませぬ。

薄目でチラリと眺めた風景が、想い出として長くとどまるよーに、わずかに二十四時間の濁情が一生の甘い記憶に残るのであります。

楽しいことは瞬時で良いのかもしれないのであります。

モリオカ市内までの雪道運転が待って居ます。
面白そーであります。