2022
08.19

これが1998年から2001年まで使っていた事務所であります。
地下鉄神田神保町まで徒歩30秒、階下は喫茶店と寿司屋。
銀行も郵便局も近くにあるしいう便利さ。
もちろん古本屋も。

資金がございませんでしたから、マンションなどに事務所を置くのは夢のまた夢。

同業者には、さぞ嗤われたことでございます。
が、そこが可愛らしかったのか、どんどん仕事が入ってきたのでございます。
まさに奇跡の如くでありました。

いまのよーに鑑定することはほとんどなく、連日、雑誌や単行本の原稿の作成。
パソコンを二台置き、片方は連載のヤツ、もう片方は単行本用。

家賃は、11万円。
「高い」とは思いませんでした。
そして、このボロ具合を気に入っていたのでございます。
考えようによっては、なかなか借りることの出来ない希少価値的な建物ではございませんか。

ただ、不便なのは、大きな印刷機を入れられないこと。
「床が抜けて、下のお寿司屋さんに落ちちゃいますから」
と不動産屋から注意を受けておりました。

また、ネズミが出るために、月に一度はネズミ駆除の業者が来るのであります。
そして、ネズミ捕りホイホイを天井にセットするのですが、その日のうちに、ネズミが引っ掛かり、キイキイと二三日泣きっぱなし。そして、腐っていき、夏場など、死臭が漂うのでございます。
そこで、空気清浄機を二台買い、本箱の上に、天井に向けて設置してもどーにかこうにかでしたです。

で、ここで第一回目の金運が到来したのであります。
しかし、慣れないお金というモノは、人間を振り回すよーです。
毎晩、飲み屋通いをしたり、クルマを購入したり、お金を貸したりと、自分でもワケが分かりませんでした。
そーして金運が去ってみて、
「こんどはお金は慎重に使おう」
しきりに反省したのでありました。

40代でしたが、まだまだ元気の盛りだった気がいたします。

次の事務所も、またボロ雑居ビルのペントハウス。
それはそれで、またあとでお話いたします。

2022
08.18

10月から、いよいよ新版奇門遁甲中等科の後期に入るので、そのテキストをチェックしております。
「イイのか?」
その、ためらいが心の中で動いておるのです。

十傳スクールは2023年1月で、10年目に入るのですが、いままで決して明かさなかった、「奇門遁甲造作法」を語ることになるからなのであります。
画像は、京都で採取した木の皮でございます。
たんなる木の皮には違はございませんが、これが造作法とつよくつながっていたりいたします。

陰陽五行や河図、洛書などによって、造作に用いる資材が選定され、作法によって方位効果を引き出すということの講義でございます。
造作法の説明のほとんどは、この資材を語っておりません。
が、この資材こそが大切でありまして、それ抜きには、造作は語れないのでございます。

それを、まずはラインアップ。

新版奇門遁甲中等科をご受講なさっている方は、おそらく、この貴重さに気づくのは、少し経ってからかもしれません。
そして受講していない方は、地団駄踏むことになることでありましょー。

奇門遁甲は、盤作りさえ出来て、その方位の選別さえ分かれば、簡単であります。

これに四柱推命と断易を知れば、鬼に金棒。

しかし…。
「教えてしまってイイものか…」
ちと出し惜しみしたくなる内容なのであります。
可愛がって育てた、お女性を露天風呂にいれて、衆目に晒すよーな、もったいなさと、得意さが入り混じった心境でございます。

と、まるで講義のCMみたいですが、しかし、途中からの受講はお断りなので、CMの価値はございませんね。

新版奇門遁甲初等科を昨年、受講した方は、ずいぶんとお得です。

2022
08.17

気の早い方々から、
「来年度の奇門遁甲カレンダーはまだですか?」
とメールがき始めましたです。

さらには、代金の書留まで届いたりも。

でもですね、10月にならないと完成しないと思いますです。
現在、最初のチェックをしておる段階。
次に、2回目のチェックをアシスタントにしてもらい、さらに私メが最終チェック。
奇門遁甲立向盤の月盤と日盤と時盤を、すべて手打ちで入力してますから、正確にも正確を期しているのであります。

そして、来年度、上半期版は、「例外盤」と記載することにしまして、画像でもご覧いただけるかと思いますが、「例外盤」の文字が見えると思いますです。

例外盤だからどーしたということもないのですが、全体において例外盤の占める割合は低くはございません。
お勉強したい方のためと言えばタメでございます。

と、いうわけで、まだしばらく時間がかかりますので、ご了承をお願いいたします。

思えば、最初に、このカレンダーを始めたのは、2001年だったかと記憶しております。
家庭用のプリンターが、たちまちぶっ壊れまして目に遭いました。
そして、初代ストーカー殿が登場し、対処に慣れませんでしたので、郵便局に出しに行くことも支障をきたしたものでした。

基本的なスタイルは変わっておりませんが、中身は、ずいぶんと改良されて、今に至るのであります。
最初の頃は、ギャンブラーさんたちに向けてのモノでしたから。

もう20年以上も経つのですねぇ。