2021
04.15

賞味期限がゆうに半年は切れている、おでんを目障りだったので食べました。
とても美味しいのでありました。

ある年齢以下の人たちは、賞味期限を激しく気にしますが、私メは、そういう年齢をはるかに超えておりますから、賞味期限をほとんど気にいたしませんです。
漬物などは、むしろ賞味期限切れで乳酸が浮いている酸っぱいヤツが好みであります。
犬のよーに臭いによって識別いたしますです。

本日、4月15日は、銀行や郵便局が込み合いました。
年金支給の日だからです。
だれが見ても賞味期限切れの老人たちがATAに並んでいるのでありました。

一人の男を思い出します。
私メにとっての救世主的存在。
腕利きの編集長で、私メよりいくつか年下。
彼を囲んでフリーの編集者や著者たちが、月一の割合で飲み会を開くのが習わしでありました。まさにお殿様。
彼が48歳の時、大ピンチが訪れました。
ミスを連続して社内出向なったのであります。
毎週の朝礼で社長に名指しでコキおろされ、
「辞めよーと思っているのだが」
飲み屋に誘われ、そういう相談ともつかぬ相談を受けました。
日干甲で、社会運である月干が庚。
四柱推命の通り、かならず仕事上で危機に立たされる運命であります。しかも大凶と大運が切り替わる齢。

「辞めずに耐え忍ぶ方がイイのでは」
辞職に反対いたしましたが、
「前の編集部のヤツらも全員が辞めると言っている」

結果的に辞めたのは彼一人。そーいうものです。

そこから地獄がはじまったのであります。
当初は、お抱えの著者たちも付き合いで、執筆してくれますが、だんだんと二流、三流の出版社からしか出なくなり、部数も制限されるために。次第に離れていきます。

最後は私メだけ。
そして用事もないのに酒に誘われるのであります。
当然、支払いは私メ。何件も梯子をしますから大変なのでありました。恩人でしたから致しかたないのであります。
そのうち健康も害し、肺気腫を併発し、それなのに酒タバコを狂ったようにたしなむのでありました。
自費出版の会社の創設にひと口乗らないかと、誘われたとき、「末期症状だ」と思いました。
「夢だよ、それは」
否定する私メの頭を、彼はこずき、
「金、あるんだろう」
貧乏グループ特有の匂いが漂っておりました。

彼との亀裂は、再三に酒に誘われたときに、
「こんどは割り勘で」
私メが強く出ましたら、
「なら、いいよ」
これで連絡が途切れました。

賞味期限切れの男を見てしまった思いでございました。
編集者としての実力はあるのに、旬が過ぎてしまっていたのであります。

辛い思い出であります。

おでんを食い終えた、自分の手をじっと見るのでありました。

2021
04.14

たとえば画像のよーな町裏をぶらつき、知らない店の外にたたずみ、どんな店なのだろーかと想像してから、おもむろにドアを開けるという動作が、旅先ではとても新鮮なのでございます。

自粛命令が一年以上に及び、自由な旅行をすることも困難となっておりますね。
わりあいに関係なくモリオカに帰省する私メでも、やや窮屈。
まぁ列車が空いているのは快適ではございますが。

けれど、キムラ満夫の旅は、かなりご無沙汰しておりますです。

仮名を名乗り、嘘の職業と嘘の出身、そして生年月日も変えまして、その命式通りの人格を演じての満夫旅は、これこそ旅の醍醐味という感じでありました。

労働者向けの木賃宿に泊まることもございました。
安いのですが、電気毛布を借りると五百円追加、風呂も五百円などと、
「騙しでは」
複雑な気持ちになったこともございます。

満夫旅でし忘れたことと言えば、木賃宿に泊まっている私メを、訪ねてくる麗しいお女性という設定でございましょーか。
宿の女将さんと朝食のあとの世間話をしていると、そこに場違い的なお上品なお女性が、私メを訪ねてくる二流映画の如き夢を、まだ果たしてはおりませなんだ。
無為な夢ではあります。バカバカしい夢でございます。

でも、旅行先では、似た出来事が、たまに発生するのも事実であります。
旅行の魔法とでも申しましょーか。

冬物を整理しよーとタンスを開けましたら、ワークマンで買ったビロードの襟の付いた紺色の作業服が。
「あんたの生まれは?」
居酒屋で隣のオヤジに訊かれた記憶が蘇ります。
「留萌ですよ」
すると、オヤジはへッという顔で、
「オレも留萌だ。で、どこの小学校だ?」
あれには参りました。

そういう思い出をほじくり返しつつ、しばらくはキムラ満夫はお休み中でございますです。

 

2021
04.13

アスパラガスを頂きますと、このよーにスライスしまして、鍋に投入いたします。
いわゆるアスパラしゃぶしゃぶでございます。

受けダレは、酢醤油に胡麻ドレッシングと、バーニャカウダを混ぜ合わせると、それは極上のお味に仕上がるのでございます。
ああ、春も終わるのだな。
その覚悟がつくのでありました。

狂気が、時代に沁み込みだしております。

原発の汚染水を福島の海に流すとか。
美し島というポスターをちょっと前に見かけましたが、あれは何年前の事だったか。
高脚ガニが福島でも食べられると宣伝もありましたが、その直後に放射能でヤラれたのであります。
いまでも高い濃度の放射線が国内を覆っているのではないでしょーか。

「薄めるから大丈夫」
気休めと屁理屈で、どーあっても海に流すということは、すでにタンクが満杯状態であることの裏返しなのでございましょう。

しんしんと癌患者が増えておりますし、毛抜けの悩みを抱える人々は、これも男女を問わず急増中。

風評被害ではございません。
ホンマの被害なのであります。

もはや限界。

自給自足しかないのでございます。
国内外のモノは毒ばかり。空気も水も食い物もすべて毒。検証不十分のワクチンという毒を進めているのですから言う言葉がございませぬ。

テレビも新聞も嘘くさく、朝のNHKドラマは洗脳番組であります。ネットも、何とかしてだまくらかしてお金を分捕ろうとする意志が見え見えではありませぬか。政治も、これほどマヌケ者揃いなのかと呆れ果てております。

のん気に聖火とかをやっておりますが、五輪では、病原菌が入ってきますです。
一流選手は辞退し、かわりに三流選手。大谷が一流なら立浪程度の三流がお女性を買いに、観光地をあらしに参ります。

門を閉め、塀に機関銃を設置し、守りに入る時かもであります。
攻撃は最大の暴挙という言葉もございますです。

差別がどーだとか騒いでおりますけれど、政府の進める道とは正反対の道が正解でありますです。