2021
02.24

13日の地震で不通になっていた東北新幹線が、本日から再開するとのことでありました。

本日は、父方の祖母の命日なので、
「ぜひモリオカに行かなければ…」
なのであります。
毎年欠かさずに、命日に詣でていますと、こういう時に強迫観念に縛られるものであります。

臨時便だとか、一部徐行運転のために遅滞するということ。

「そーだ!」
10年前の東日本大地震の記憶が蘇ったのであります。
「あのときは、新潟を経由してモリオカにむかったんだっけ」
新潟から羽越線で秋田まで。そこからモリオカへという日本海周りのルートでございます。

が、10時間を要するのであります。

で、チケットを求めようとしましたら、
「秋田は吹雪でして、秋田新幹線のダイヤが…」
と係りのお女性は渋るのであります。

素直に東北新幹線を使ったら、どーなのよ。
みたいなムード。

目が語っているのであります。

あんたみたいに遊びで列車を使う人がいるから困るんだよなー。緊急事態宣言をどーとらえてますか。
不要不急なんですよ、社会は。
きっと、あんたみたいな人は五輪が嫌いでしょう。そういうタイプですよ。すこしは真面目に今後の日本を考えてくださいよ。
だいたい、なによ、そのファッションは。ああ、嫌いです。あなたみたいなテキトーな感じの男は!
ぜったいに好きになりませんから!

アドバイスに従ってというか、気おされて、
「では太平洋廻りで」

那須塩原を抜けたあたりから、外は吹雪に変わりました。

羽越線廻りでと思ってバックにしのばせていた分厚いミステリも読まずじまい。

昨日までの東京の春の暑さに慣れていた私メは、車窓にしがみついて景色にみとれるのでありました。
「やはり、日本海ルートにすべきだった」

駅員になんと目で諭されても、自分の生き方を貫くべきであった…なのでありました。

2021
02.23

春眠の季節でございます。
とくに二度寝の夢は、まことに不可思議な濃縮した内容。
下手をすると目覚めてから、その日一日中、夢を反芻することさえございます。

私メは、10代の頃から、ときたま、いや数年に一度、夢でしか逢えないお女性がおりますです。
そのお女性に逢うと、膝から力がぬけ、愛欲の炎に焼かれるのであります。
「やっと逢えたね」
の声すらも甘く首筋をなぶる感覚。
あるときは隣に人がいるというのに、丸裸になってソファーの片隅で抱き合うのでございます。あるときはモリオカ公会堂の別室で。放射能に包まれながらという時も。火口の淵でとか。
齢をとらないお女性でございます。

が、あるとき、自由にお女性と逢う方法を見出しましたです。
自由というのは言い過ぎで、逢うと魂が痺れるほどですから、スルリとどこかに消えたりいてします。

でも、ある程度、夢を自在に操ることは可能であります。

夢の中で、
「これは夢だ!」
と気づくことがあるはずであります。
たとえば、高いところから落下する夢とか。落下しながら、「夢に違いないぞ」と思うことが、きっとあるはずであります。

そのとき、
「夢ならば、飛べるはずだ」
両手を広げるのであります。
すると、ピーターパンとウェンディ―のように、ふわりと体が浮くのであります。

飛んだ経験もないのに、近所を屋根より少し高い空を飛んでいるのでございます。どこからくる記憶なのでしょーか。

これを応用すれば、
「夢なのだから、何でも可能になるのではないか」
そこでお女性を探しに出かけるのでございます。

空を飛びながら、彼女の出身校(夢の住人なので確かではありませぬが)の三階の窓の外から教室をのぞくと、
「出たな」
ニヤニヤと目配せし、「いま行くから」と鉛筆で上をさし「屋上で待ってて」の合図。

あるいは渋谷の改札口に現れたり。ヒラリと着地する奇妙さ。

ところが、そこで私メは魂を抜かれ、夢を操縦するハンドルを忘れるのであります。

改札口の彼女のすぐ後ろに、実際に存在する別のお女性が運悪く居合わすなど、その時点で夢の渦に巻かれるのことになるのでございますが。

しかし、あるときは銀行の金庫に透明人間として侵入することも難しくはございません。
宝くじを射止めることもございます。

ただやはり、大金を前にすると、意識が夢に支配され、札束がみるみる溶けだしたりはいたしますが。

欲に関すると、夢でも、夢のように儚い結末になってしまうよーでございます。

今夜は、飛ぶ夢を見たいと思いますです。

2021
02.22

奇門遁甲に例外盤があることは、なんとなく語っておりました。

拙著「奇門遁甲術入門」の巻末に掲載している方位盤は、すべて本則盤でございます。
「例外盤も…」
という声が編集部から上がりましたが、それを加味すると、一冊がまるまる方位盤になってしまうのであります。

左の画像は細かくてよく分かりませんかもしれませんが、これだけ例外盤が存在するという証拠にUPしたのであります。

吉方位だと思っていたのが、じつはそーではなかったとか、凶方位でも恐れることはないという詳細を、例外盤を併用することで分かってくるのでございます。

なぜ例外盤なるものが発生するかは、新版奇門遁甲初等科でも触れますが、作盤作業に時間を食ってしまうと、奇門遁甲のエッセンスを語る時間が削られますです。
そこは、当ブログで、「占いロジック」で概論的にお伝えしよーかと考えております。

すでに60干支の数値化や、奇門遁甲の地盤や、どの干がどういう時に甲になるのかについてはUPしております。

「例外盤がなければ、危ないではないか。本則盤だけでは片手落ちということか」

答えはイエスでございます。

ただ、例外盤は、日盤や時盤を使用する場合だけでして、年盤や月盤については例外盤は使用いたしませんです。

しかし、やはり、
陰局の戊寅では、全部で九局ある中で、一局、五局、六局が例外盤。つまり三分の一が例外盤扱いとなると、ことは重大でございます。
年に二回、配布している「奇門遁甲カレンダー」は、この例外盤を考慮して作成されておりますけれど、お勉強の好きな研究生にとって例外盤を知ることは限りない財産となることでございましょう。

新版奇門遁甲では、この例外盤をお配りしておるのであります。

が、そこには「青竜返首」とか「戦格」などの記載はございません。
勉強のために、あえて記載しておりませんです。

現在、それら吉格、凶格を記載した「奇門遁甲例外盤」を作成している次第であります。

完成はいつになるか未定でございますが、記憶の片隅にでも置いて、
「まだ出来ませぬか」
と催促していただければ、私メもパワーを振り絞れることでございましょう。

やることが色々ございまして、隠居の時期を繰り延べておる次第でございます。