2018
12.08

イブまでの数日間は、理由はまったくございませんが、しやわせな期間と申せますです。
私メも、年甲斐もなく、ケンタの前にたたずみ「クリスマス」の文字に心を震わせたりするのでありました。

キリストさんとは何の関係もなく、また聖書にだって東洋のはずれの人種を相手にして書かれてはおりませんのに、宗教とは切り離した幼児体験にあるのかもしれませぬ。
つまり、サンタがトナカイと、雪の草原をやってくるという絵本や、お話が、クリスマスという言葉の響きと、冷たい12月の風とが混ざり合うと、しやわせ感に包まれるのでありましょう。

ハッと気づくと、もう年寄で、サンタになれるお年ごろ。

そして、この時期は占いの鑑定がトドッと押し寄せるのでございます。
しやわせな期間だというのに、そのしやわせは儚いことを感じ取っているのでありましょーか。

占いを始めましてから、クリスマス前後に、人間らしい生活を営んでいないなぁと、顧みたりするのでございます。
そういう期間に、エアポケットのよーに、自由な時間がポツンと生まれたりいたします。

散歩に時間を使用するのであります。
おデートには時間が足りませぬ。

お花が贈られてきましたです。
香りのないのが特徴の、「すがしいものはない♪」と歌われたシクラメン。
お部屋に飾ると、からくれないの花びらの向こうから、お女性たちが手招きしている気がいたします。ずっとずっと昔にまじわったお女性たちが。

もはや老婆の域に達している彼女たちではありますが、
「若かったなぁ、あの頃は」
と、愛憎の思い出を、しみじみと語りたいとも思いますが、おそらく老婆までには達していないと妄信しているでありましょーから、私メの希望も妄想にとどまることでございましょう。

彼女たちの弾力を思い出の中に封印しておいた方が、しやわせと言うものかもしれませんですし。

しやわせなこの期間を、さらに濃縮させるものは古い洋画でございましょーか。
舞踏会の手帖とか、あるいはマービン・ルロイの若草物語とか哀愁、心の旅路とかの一連のモノクロ映画を。

2018
12.07

実家の物置がぶっ壊されて更地になったことを聞かされたのは、つい先日の事でありました。

私メが知っているのは、納屋の二階にあった父の書斎の、さんざんに荒れ果てた光景であります。

荒れ果てさせたのは私メ。取り壊すにあたり、不要なものを整理するつもりが、すべて不要なものと断定した結果が、この画像でありました。

父が死んで12年間も、そのままの姿で保存しておりましたけれど、まったく不意に、「壊してやろう」と思い立った、その理由はもう忘れましたです。
いや、母屋の二階の私メの部屋の隣にトイレを作ろうとしたのが、ことの始まりてありました。
ところが、この夏の暑さ。
トイレどころではなく、殺意すら覚える暑さに、
「あらたに快適な部屋を作り、母屋とつなげよう」
つまり猛暑がキッカケしていたのであります。

業者から更地になって画像を送ってもらい、それを眺めていると、そもそも、そこに納屋があったのかどうかすら分からなくなってくるのでありました。そもそも父という存在があったのかどうかすら。

この樹木は、生まれる以前から立っており、古い写真を眺めると、いまよりずっと幹は細いのであります。
「なかは空洞ですが」
庭師が言いました。
「どうしますか」と。

すると、どーしたわけか私メは突然に不機嫌になり、
「手を付けなくて良い」
と上から言葉を発したのであります。

どーするか、だと。

ところが、亡父の思い出という思い出を、すべて処分した爽快感はどうしたことでありましょう。

昨日まで、私メは廃墟のごとき廃れた街におりました。

廃墟も撤去すれば更地となり、すべて無になるのでございます。

時間軸は未来への一方通行。
古い思い出も、懐かしいすべての人間も、過去になってしまえば、それは幻想にしか過ぎないのかもしれませんです。

2018
12.06

12月月も、はや6日。
ボヤボヤしているうちに明日、7日の13時30分頃が大雪となるのでありました。

つまり、パワボ&開運植物の設置方位の移動日なのでありました。

今月はですね、南西しかございませぬ。

甲×甲。天芮星×死門。四緑×直符。
わざわざ動かすほどの方位ではございませぬ。

今月は干が伏吟でありまして、南東などは庚×庚の美しい配合。

天盤も地盤も同じ干でも伏吟とならぬのは甲のほかに丁がございます。

北東の方位がソレ。
丁×丁ではございますが、天任星×生門で星門が伏吟であります。一白×勾陳では良い方位とは申せませんです。

戌年の甲子月ですから、なんとなくゴタゴタの多い期間になりそうな雰囲気もございます。