2021
09.19

UCCの珈琲豆が冷蔵庫にございましたので味わいました。

そーして書庫をひらくと一冊のファイルが目につきましたです。
「おお!」
新大久保に住んでいた20代のころ、近くの古い雑居ビルに、「催眠術研究所」なる怪しげな教室があり、興味につられ通ったことがございます。
そのファイルでございました。

当時の新大久保は、まだリトル韓国ではなく、古い連れ込み旅館がたちならび、新宿のホステスさんらが住むアパートがひしめくよーに軒をつらねている異様な町でございました。

催眠術研究所の建物は、一階が性病科の診療所、二階が占い、異音のするエレベータで四階に、その教室があるのでありました。
講師は、ひとめで大学の助教崩れと分かりました。
よれよれの白衣と、東大メガネをかけ、いつも最前列の左側に、その男が身を持ち崩した原因であると見て取れるお女性が、薄笑いを浮かべているのでありました。

教室には七人ほどの受講生。
私メがイチバン年少でございました。

講義は二時間。
その間に受講生の一人一人に催眠術をほどこすのでした。

悲しいことに、なぜか私メは催眠術にかからないのでありました。
「まるで膣イキを知らない女のようね」
と、向かいに住むホステスさんたちがゲラゲラ笑いながら、私メの報告を聞くのでありました。

ホステスさんのボスが向かいに住んでいて、全裸の彼女が汗を拭きながら化粧をしていたら、台所からのぞいている私メと、ドレッサーで目が合い、
「いらっしゃい、こっちの部屋に」
そこから子分っぽいホステスさんも集まり、夢のような青春の一ページの日々が始まったのであります。

あるとき、ホステスさんの一人に講義で教えられたとおりに催眠術をかけたところ、ほんとうにかかってしまい、目が醒めなくなって焦ったことがございます。
あわてて助教崩れの講師を呼んで、解いてもらった記憶を思い出しましたです。

催眠術講座では、あまり得たものはございません。

けれど、珈琲を味わいつつ、こうしてファイルを読んでいきますと、
「そーだよな」
と頷ける個所がいくつかございます。

「普通の会話の二、三倍時間をかけてゆっくりと単調に、句読点では句切り、一、二秒の間を、術を施すべし」
などは、リモート講義で活用すべきところかもしれないのであります。

録画でチェックすると、早口になったり、声の抑揚があって、よく聞き取れない箇所が目立つからであります。

こんど時間を見つけ、新大久保を散策してみようか。
いやいや韓国人街になり、当時の面影は失われ、失望するだけだろう、とも思ったりするのでありました。

2021
09.18

震災前のことであります。
ですから10年以上も前のこと。

はじめての印税で、仔犬を買いまして、それがメスのヨークシャー。
本が売れれば良いと思って、名前は「ベスト・セラー」。

そのセラーが5歳になったとき、子宮を取るか、出産させるかと女獣医にせまられ、
「産ませます」
と決断して、出来たのが、この掌の仔犬。
名前はGO。

生後7日目あたりであります。

じつは、GOをセラーのおなかから取り出したのは私メなのでありました。

セラーが突如、夜の10時頃に、破水し、のぞいたら膣の底で黒い犬が動いていたのであります。
そこで、あわてて女医さんに電話したら、
「いま酔ってんの。だから無理」
とのこと。
「手順を言いますから、そのとおりにすれば大丈~夫♬」

新聞紙を用意し、ハサミと糸と針を見つけ出し、洗濯ばさみをポケットに入れ、
「準備出来ました!」
そのあとのことは記憶にございません。

血まみれの新聞紙の中で、セラーはグッタリ。仔犬は声も出さずに幼虫のように蠢いているのであります。

で、セラーは母親を放棄し、GOを見るなり逃げ惑うことになり、私メが搾乳したりしていたのであります。

GOの寿命は5年と数カ月。
ある日、病を得て、1か月苦しみ死んでしまいました。

断易の卦は、子孫化絶。

バカ犬でありました。
無駄吠えと記憶の悪さ。またその声が割れ鐘の如くで、ひどいものでした。

おそらく生まれたての際に、栄養が十分ではなかったのが原因かと。

私メの手も、まだお女性の手のよーに艶やかだったのであります。

2021
09.17

台風が東京を直撃しそうなので、前日から事務所にこもることにいたしました。

ゾクゾクいたします。

それだけでは物足りないので、神楽坂のスーパーを。

おおっ、ドンコが売っておりました。

シイタケもドンコと言ったりしますが、魚の方。
三陸では「ドンコ、ドンコ」と、ドンコが出回ると、
「秋だのう」
と鍋にするのであります。
そしてコップ酒。

と、いうことでドンコを堪能しながら台風を楽しむことにしたのでした。

明日はスクールですから深酒は禁物。
それよりも台風の影響でWi-Fiは大丈夫か…と心配ですが、いまから心配しても仕方ありません。

旅行モードで風雨に包まれることにしました。
以前、九州で台風に遭遇し、あのときはホテルのロビーの窓が割れ、大量の雨水がホテル内に流れ込んで驚きましたです。
翌日には晴天。
TVらが撮影にやってきて、不倫カップルは大慌てだったことを思い出しますです。

ちょうど、九月の今頃の時期でありましたっけ。