2023
01.24

モリオカに戻りましたら、白い世界に埋もれておりました。

「先生亡くなったの知ってる?」
と、雪かきをしていましたら、50年前の級友から電話が。
みんなで集まらないかという誘いでありました。
「集まらない」
と言い捨て、ふたたび黙々と雪かきの作業。

降ったばかりの雪でしたが、それでもダメージが腰に。その腰をさすりつつ、老母のために肥料を作らねばならないのでした。
「なにかウメの食いてぇ」
しかし冷蔵庫はほとんど空。

ありあわせのモノと、届いていたカニの身をほぐしまして、できたのが、この崩れ八宝菜なのでした。
隠れた銘酒である「鷲の尾」(県外不出)の封をポンとあけまして
ぐぴっ!
寒い日は、これに限るのであります。

実家は冷暖房完備、最新の断熱材を贅沢に採用しておりますから、夏は涼しく、冬は暖かい……はずなのでありますが、
「ううっ、寒い~」
老母は明治時代の親に育てられたせいか、それともドケチなのか、暖房を入れておりません。
自室で電気こたつに肩までかぶって震えているのであります。
ですから、断熱材が逆に効きまして、冷気をキープしているのでございます。

家全体が暖まるまで三日から五日は要するのであります。
「ヒートショックは温度差が原因だえんちぇ」
老母の自説をもってすれば、家が常に一定温度であれば、ヒートショックはおきないというわけであります。
「んだがら、これでイイのさ」
「勝手にすればイイ」

せっかくの崩れ八宝菜はたちまちに冷めてしまうのでございました。

2023
01.23

「オノくん、昨日ね、亡くなったのよ」
の電話が、大恩人の奥様からございました。

いずれは来る。
覚悟はしておりました。

「とても残念です」
電話を置きましたが、実感は湧きません。

誰しも、自分の運勢に大きな影響を与えてくれた人がいるはずです。
その人がいなければ、まったく別の人生を歩んでしただろう、鍵となる人が。

最後に会ったのは、5年前。
夏でした。
たいへんな変わり者で、夏なのにクーラーをかけない。
すべてに反対する。
ちょっとしたことで臍を曲げる。
はげしく扱いに手こずるお方でありましたが、なぜか私メを気に入ってくれたのであります。

が、5年前にマスカットを手土産にお邪魔したのですが、「ちょうど食いたかった」と言ったまま、TVの大相撲に見入ってばかりいました。
そういうことになるだろうと予測しておりまして、1時間後にタクシーを呼んでおりました。
運転者がチャイムをならしましたので
「もうお暇いたします」
と靴を履き、外に出たところで、そのお方はスリッパをつっかけて追ってきました。
「こんどいつ来る?」
はじめて親しい態度になってくれたのでした。

その後、いささかボケだした大恩人と電話で話すことはありまして、
「オノくんのことだけは覚えているよ」

死んだのか…。
奥さんは、「葬式には来なくていいからね。あとはお中元もお歳暮も、もは要らないからね」とサッパリした声でありました。

オノ君は、オノ君がいきたいと思う生き方をすればいい。そのために力は惜しまないよ。

そしてその通りにしてくれたのであります。
「せんせい」
と曇天に呼びかけると迫ってくるものがございます。
お世話になったけれど、私メは私メの生きたいとおもう生き方をしております。それは先生が思っている方向とは真逆でしたが。

2023
01.22

私メの生年月日には、形だけの官殺がございます。
官殺というのは、四柱推命の変通星の一つでありまして、その意味は出世とか病気とか、お女性にとっての男運とか多岐にわたりますが、ここで述べたいのは自制心であります。

悪いことを自制する働きであります。
正しく官殺が働いていれば、悪いことはせず、すくすくと社会的な成功を収めるはずであります。
しかし、私メは、この官殺が弱いのであります。
すると、どーなるか。
表面上は礼儀正しいが、裏に回ると毒々しい態度をあらわにする。コレでございますです。
たとえば、社長の前ではペコペコするくせに、社長室のドアを閉めたとたんに「死ね!」と無頼者になるのであります。
私メが中学生のころ、よく万引きをしたのも、形ばかりの官殺が原因していたものと判断できます。

成人してからは、万引きの癖は収まりましたが、いちど、神社の社の「玉」をどーしても盗みたかったことがございます。
運をつけるために、毎朝5時に神社まで5キロを走りましたが、そこに手を伸ばせばいつでも盗める、それは魅力的な石の「玉」があったのであります。
が、なんとか盗まずに自分を抑えましたです。

さてさて、訪問した廃墟のよーな町で、このレリーフを見つけてしまったのであります。
裏通りの壁に、それは金テコでもあれば、すぐに剥がすことができるよーに見えました。
目をすぼめて周囲を伺いましたが、人通りはなく、監視カメラもございません。
「欲しい…!」
欲しい、欲しい、欲しい。
レリーフのオッパイも私メのモノに、
「なりたいの」
と切なそーであります。
私メのために、白い石膏の芸術はそこにあるのであるとしか思えない。

はぁ、はぁ、はぁ。
息づかいが心臓をきりきりと締め付けるのでございます。

しかし、レリーフを盗んでも、いれる袋がございません。
その抑止の気持ちが官殺だったかどーか。

思い通りに出て、深呼吸をしました。

いま、自宅にいて、この画像を眺めているのでございます。
「いずれ…」
官殺はふたたび、形ばかりの効き目のないものに弱まり、はぁ、はぁ、はぁ。
モリオカの自室の壁にレリーフが飾られる未来の現実を想像するのでありました。