2022
09.28

3年前に、大雪のために建物が倒壊した古い温泉宿がございました。
岩手県民も、ほとんどが知らない温泉地でありました。

なにしろ、渓谷の細い道のドン尽きにございまして、熊でも出そうな淋しい山奥にございましたから。

が、私メは亡父と、そのドン尽きの道にクルマを停め、こんどは徒歩でさらに2時間ばかり山を登ったところにある沼で野鯉を釣りに行き、その帰りに、汗を流した温泉でございましたから、建物が倒壊し、廃墟に立った時は呆然自失となったものであります。

「ダメだべ」
と、諦めつつも、その温泉宿の廃墟に向かったのであります。

ところが、ログハウスっぽい建物が建っているではございませんか。

ドキリとして、クルマを降りましたら、
「営業中」
どーでもいいよーな字体の看板がぶら下がっておりました。
入り口がどこかも、その案内がなく、ぶっきらぼうに取っ手のあるドアを押しました。

「こどすの、はつがつぬ再開しやんした」
こどすのはつがつ…今年の8月といえば先月ではございませんか!

良いお湯でありました。
これぞ温泉という、江戸時代を彷彿させる、こじんまりとしたヒノキの風呂。

宿主はしかし、こういうのでありました。
「宣伝はせねんでけでください。人がゴヂャッと来られるのは好みませんがら」

いいぞいいぞ。

なので、風景だけの画像であります。

冬場は、10キロ手前でゲートが閉じ、道が閉鎖になることは知っておりましたが、ゲート手前まで迎えに来ます、とのこと。
ただし、自炊とのこと。
宿主に好かれたよーであります。

年間を通して、泊り客は、多い年で40人ほど、少ない年なら17人。
たしかに誰も客はいないのでした。
もちろんWi-Fiも通じず、かすかに、ガラ系の携帯電話のアンテナが一本だけ立っておりましたです。

2022
09.27

モリオカの蕎麦屋には、画像の黄色いヤツ。
ゴンパチが薬味としてついてきますです。

ワサビはほとんど、
「ない」
のであります。

ワサビを頼みますと、
「あんゃ、お上品だごどぁ」
と店員にバカにされた目つきで見下ろされ、SBのチューブのおろし生ワサビを放るように置かれたりいたしますです。

ゴンパチは権八。権八辛子であります。
大根に南蛮を挟んですりおろしたヤツ、通称、もみじおろしでございますです。

モリオカは蕎麦が名物でありますけれど、死ぬほど美味いというほどではございません。
新潟のヘギ蕎麦には遠く及ばないでございましょー。
死ぬほど美味いのではなく、死ぬほど満腹になるまで食わせるのがモリオカの蕎麦。

が、権八を入れますと、美味に変わります。

そして権八では、
「物足りない」
というお方は、数日前にUPしました一升漬けを加えるのであります。

というわけで、日々、こーいうものを体内に入れますので、高血圧や脳卒中で、便所で倒れ、そのまま死ぬというケースが多いのかもしれませんです。

私メは、この権八を、蕎麦にそのまま振りかけて食しますです。
ざる蕎麦は、紅葉のように染まります。

九月、モリオカは、まだ紅葉には少し早いのであります。

2022
09.26

モリオカに戻ると、声を出す回数が極端に減るのであります。

老母とは朝昼晩の食事の時だけは顔を合わせますが、
「勝手にしますから、そちらも干渉せず勝手にどーぞ」
こういう有様ですから、
「今日はだれと話をしたかな?」
自問するまでもございません。

部屋はいくつかあり、その一つが画像の部屋であります。
ここには、鹿の骸骨が飾られております。
大の字になって、鹿の骸骨を見上げておりますと、だんだんと私メも鹿になって、森を駆けている空想にひたれるのであります。
その空想を邪魔する物音も届かないのでございます。

建て直す前は、この二階の部屋は八畳の畳敷きで床の間があり、私メの部屋でございました。
東に大きな窓があり、朝日が眩しく射して、睡眠妨害のこの部屋に腹が立っておりました。
そこで東に窓はございません。
窓のところには、この鹿の骸骨。

「死んでしまったものはイイ…」
じつに良いのであります。
やはり、人は30代に死んでしまうのが正しいのではないかと思ってしまうのであります。

坂本龍馬だの久坂玄瑞とか高杉晋作などの若くして死んだ維新の志士たちは、若くして死んだからこそ清々しい英雄として伝わっているのではないかと思うのであります。
彼らが50代だの60代まで生きていたら、たぶん汚職とかそーいう汚れが沁みついていったことでありましょー。

四柱推命で「汚玉」という言葉がございます。
辛という宝石が、己の泥に汚れてしまい、悪しき知恵のために使い物にならない宝石となってしまうのであります。
それとは別に、庚が壬という水に浸かっていると、汚玉とは別ですが、透明の膜が庚を包んでしまう場合がございます。
これを白い錆と申しまして、やはり庚の人格が腐るのでございます。

人も長く生きすぎると腐るのであります。

鹿の寿命は詳しくは知りませんが、人はあまりにも長生きしすぎ。

私メもウンコを洩らさぬうちに死なねばなりません。