2022
06.29

前々から言おうと思っていたことでありますが、そして、これは十傳スクールでも定期的に語っていいることでありますが、当ブログや講義で、
「そうか!」
と、私メに同意したことについては、ぜったいに外部で用いてはなりませんですからね。

このブログ及び、もつと強烈なことを講義で述べていますです。
それは、この世の真実の一面でして、しかし、その一面を得意になって職場とか、友達通しで使ってしまうと、猛毒となって、村八分にされるのであります。

「オレってよ、凄いべ」
と、つい喋りたくなることを、たまにブログでUPしていますけれど、それが新鮮であり、かつ「そうか!」と合点すると、自分の存在感を誇りたくなり、酒を飲みながら周囲に喧伝したくなるのでございます。

私メも、同様でして、占いを学んだ時、占いの技術を教えられる前に、師匠から、『占い脳』に書き換えられたのでありました。
たとえば「汚職をする権利を政治家に与えるために選挙投票をするなど運気低迷の元凶だ」とか「玉の輿に乗ろうとすることは、売春と同じである」だの「努力は無駄である」とかの数々でありますです。

それを得意になって喋っているうちに、周囲から友達というモノが消え失せたのであります。
私メは易者ですから、それでイイのであります。
が、そーでない仕事であれば、これらの言葉の数々は、すべて正しいのではありますが、絶対に語ってはいけませんですよ。

表面は、あくまでも、
「心をかさねて頑張ろう!」
でなければなりません。

いえいえ、ちょっとしたことがございまして、聞いてみますと、
「ああ、それを言いましたか~」
私メのブログにある真実をそのまま恋人に言ったよーなのであります。
失恋したとかで…。

また中学生のお女性が、このブログを見た通りに親に反抗したらしいのであります。
親御さんはカンカンになって、私メの少ない書籍をぶち破ったそーであります。

私メとしては反省などは決していたしませんが、どーか、表面は凡人をふるまってください。

ただ、村八分になっても、それはまた正しいのであります。
村八分の二分は、なにか。
「火事」と「葬式」であります。
つまり異常事態になった時、このブログでの真実は、周囲から必要とされるのでありますです。

2022
06.28

暑い暑い夏が来てしまいました…。
40度を超す猛暑になるとか。
これが9月なら、
「もう少し我慢すれば…」
しかし、まだ6月。
しかも電力がパンクしそうー。
水不足の懸念も。

暑ければ、それだけゲリラ豪雨だの山火事なども発生しやすくなるのであります。

タイヘンなことになりそーであります。

7月はアホどもがやる総選挙とかもありますです。
ステイホームとかの2年間に復讐するみたいに旅行だとか、祭りだとかイベントもさかんに執り行われるのでございましょー。
疫病が収まったとかを丸呑みしてはイケませんでありますですよ。
とにかく国の言うことを信じてイイことなど一つもないことを肝に銘じてくださいまし。

つまり、悪い事だらけなのであります。

ということで、7月のボイドタイム。

2022年07/01(金)05h14m in蟹  ~         09h40m
2022年07/03(日)19h00m in獅子 ~         21h32m
2022年07/06(水)03h03m in乙女 ~         07h25m
2022年07/08(金)10h04m in天秤 ~         14h16m
2022年07/10(日)13h34m in蠍  ~         17h35m
2022年07/12(火)10h43m in射手 ~         18h02m
2022年07/14(木)13h18m in山羊 ~         17h14m
2022年07/16(土)13h40m in水瓶 ~         17h19m
2022年07/18(月)15h46m in魚  ~         20h19m
2022年07/20(水)23h22m in牡羊 ~  /21(木)03h24m
2022年07/23(土)08h46m in牡牛 ~         14h11m
2022年07/25(月)17h15m in双子 ~  /26(火)02h54m
2022年07/28(木)09h54m in蟹  ~         15h37m
2022年07/30(土)13h30m in獅子 ~  /31(日)03h12m
2022年08/02(火)07h29m in乙女 ~         13h07m
2022年08/04(木)15h19m in天秤 ~         20h48m

冥王星の影響を帯びるボイドタイムがバカに多いのであります。
冥王星は「死と再生」の星。
しかも、活動時間である日中にボイドタイムが発生しておりますから、行動には厳重に警戒が必要でございます。

2022
06.27

「ありゃー、やっぱりダメだったか…」
店仕舞をしていたのでありました。

ここは、最後の友達の斎藤の店でございました。
老舗の金物屋を継いだものの、斎藤の代で商売をたたんだのは、40代後半だったよーに記憶しております。
「潰れる前に辞めたのよ。潰れたら土地まで取られるからな」
淡々と語っていた彼を思い出します。
「もは、鍋釜を売る時代じゃねしな」

しかし、代々続いた店を閉めることはかなりのプレッシャーであることは、その後、彼が付き合う人間のほとんどは、自分と同じ、親からの商売をたたんだ奴らばかりだったことで感じられますです。
その場に私メが居合わせると、
「オメはいいよ。チャチャと原稿を書いて百万円はもらえるんだべ」
すこしヒガむのでありました。
そんなことはないと反論できない殺風景な雰囲気でありました。

四柱推命の講義で語っておりますが、落ちぶれには、ちゃんと順番がございます。
最初は絶望。やけくそ、そして諦め。やがて自己憐憫。
この段階ならば、まだ再起は可能なのであります。
それが妬みへと進み、ソネミ、ヒガミという穴に落ちていきまます。
最終的にプライドも失い無明に堕ちてしまうのであります。
こうなると手もつけられません。

プライドを失う手前。
そういう時に「希望」という愚かな夢を見るのであります。

投資話であります。
この世のあらゆる不幸が詰っているというパンドラの箱から最後に出てきたものが「希望」
なけなしのお金を、友達の投資話につぎ込んだのであります。
結果は言うまでもございません。

そして、60歳になった時、最後の「希望」が降臨したのであります。
すい臓癌という「希望」。
ここで、彼は自分の生命保険によって、つまり命と引き換えに、店を再建してくれるように、息子に頼んだのでありました。
半年後、延命処置を断り、真っ黒になって、彼は死にました。
そーならないために四柱推命はあるのですが…。

二年後に店は復活いたしました。

が、いまは画像の通りであります。

店が栄えていた当時の頃を私メは知っております。
インド美人のよーな母親と、活発な弟たち。店の前は花と音楽でいっぱいでありました。

私メは、斎藤に対して鑑定したことはございません。助言もいたしませんでした。
こーなることはおぼろげながら見えてはいたのです。
はらはらしながら眺めていただけでございます。