2018
10.12

一年前は、誕生日のプレゼントに、魔法使いのつかう杖を所望した記憶がございますです。

そーです。
痛風に悩まされ。歩行することが、いささか困難でして、靴も窮屈に感じられていたのでありました。

もう大丈夫なのであります
腫れがほとんど引きまして、オヒャレな靴ですたすたと歩けるようになり、しやわせを実感しているのであります。

また、一年前は釧路に旅行していた時期であります。
痛風もさることながら鼻の脇に出来たちいさな吹き出物の直りが遅く、それはやがて巨大化して老人性のイボと診断されるのでありますが、去年の今頃は、
「ちとヤバイ…」
なんて思っていたのでありました。

それらから逃げおおせ、やっと今年も秋を迎えている次第。

一年という歳月は、わずか365日に過ぎないのに、いろいろな出来事があったよーな気がいたしますです。
手相セミナーも最終回を前にして中断してしまうほど、忙しいのでありました。それともナマケていたのか。

時は過ぎるのであります。
来年の今頃は…。
考えるだけ無駄かもしれませんが、時代の変化と自分の運を、いかに絡ませていくか。

これは占いの目的の究極でございましょう。

来年は己亥年だと単純に干支遊びをするのではなく、四柱推命や断易や奇門遁甲の奥に秘めている帝王学的な要素を理解することがイチバンなのであります。

もうすこし引退する時期を繰り延べなければならないよーでありますです。

今年は、「金持ち前夜祭Ⅱ」と、12月の「奇門遁甲、局数の秘密」の特別講義に全力を注ぐことが待っておるのであります。
むろん毎週の講義も!

2018
10.11

こういう幸運もあるのであります。
目玉焼きにしようとフライパンに落とした卵が双子。

「何か良いことがありそうだ!」という理由は無いければ、幸運に対する強い確信。

さて、お話は「金持ち前夜祭Ⅱ」なのであります。
参加者でキャンセルなさったお方が数人おりまして、ここにきまして若干数の空席が出来たのであります!

つまり、これを幸運がめぐっ立てたと感知し、「参加するぺかな」と手を挙げるお方はおりませぬかというお誘いなのであります。

日時は10月27日(土)の16時から17時まで。場所は東京上野の精養軒。参加費は無料。ただし、仮装することが条件。
会員とかの縛りはございませんよ。
タダ飯と幸運が待っておるだけであります。

さぁ、いかがでありましょうか。

先着順であります。

お申し込みは「お問い合わせ」からどーぞ!

2018
10.08

奇門遁甲カレンダー2019年上半期版が完成いたしましたです。

各方面から急がれまして、目にモノモライを作りつつ、作成したのであります。

ご希望の方は、下記の住所に「現金書留」にてお申し込みください。
一部3万円(送料、消費税込み)であります。

現金書留でないと、お送りする際の住所確認が非常に手間取るからであります。ご理解くださいまし。

〒162-0805
東京都新宿区矢来町41番地 カーサ・ヴェルデ301号室
電話 080-2067-8076

であります。

このカレンダーは、月盤と日盤、時盤の立向であります。

つまり、引っ越し、旅行、映画などの散歩などに活用できるカレンダーなのであります。

遁甲にはいろいろと制約がございますが、つまりは悪い方位を使用しないことがイチバン。
それを◎。〇。×。△によって表記しているので便利であります。

一般的に悪い方位と言われていても、条件によっては「悪運強し」として使える場合もありますし、
良い方位だとしても、たとえば、「丁奇得使」と「朱雀投江」が同居している場合があり、非常に頭を混乱避させるケースがございますです。それについても〇、×として明確に判断しております。

私メも、とうぜん、このカレンダーを使用している次第であります。

なお、レターパック360にてお届けいたします。

そうそう、前回UPした、『特別講習』についてであります。
断易をご存じない方も、丁寧なテキストと解説とで、断易の卦の構成をマスターできるように工夫しております。

その点、ご安心ください。

これから断易を始めようかと考えているお方には、お勧めであります。