2018
04.18

雨上がりは、やっぱり気力が失せるのでした。
しかし、いつまでもグダグダしているのは人生の無駄遣いだとケチ臭くなり、自転車で美術館まで参ったのでございます。

すでにツツジの花が群れながら咲き狂っておりました。
触れると強い粘着力のある蜜が、
「行かないで」
みたいに未練がましいのでありました。

占いばかりしておりますけれど、分野外の知識も必要なのであります。
絵画、音楽、医学、経営学、法律など基礎的なものを齧っておくことはとても大切なのであります。
サイの目や、干支や、星の動きだけで判断してもイイかもしれませんが、しかし、それだけではリアリティに欠けてしまいますです。

お金の流通、出世するためのノウハウ、薬の副作用などを、ちょっと知っておくだけで占いに現実感が加算されるのでございます。

近代版画を見たとて、すぐには活かされることはございませぬが、いずれ体内で他の知識と化学反応をおこさないとも限りませぬ。

浮世絵、浮世絵と騒いでおりますが、じっさいはどーでありましょーか。明治以後に外国人の価値観に合致しただけで、本当に良いものだと思っているかは、これは自分の心に聞いてみるしかありませぬ。

宮沢賢治の一連の童話もしかりであります。

「心に響いた」
というモノが世間では評価されていなくてもかまいませぬ。
展示室の片隅で、日陰の花のよーに咲いている作品を見つけることは、占いの依頼者の真実を理解することにも通じているのだと思うのであります。
そして、なぜ、その作品が心に響いたのかを、自問することも無駄ではないのだと思う次第でありますです。

美術館を出ましたら初夏になっておりました。
雨になっておちた水滴が、いっせいに空に帰っていくのでありました。

気圧の変化がもたらす、軽いはきけはありますが、版画師たちのエロのよーなものを受け止め、どことなく足取りも力強いのでございます。

自室で仕事の続きが出来そうであります。
もちろんクーラーをかけながら。

2018
04.17

毎年、4月は暴風雨に見舞われます。
だいたい2回から3回ぐらい、突如の雨に襲われ、靴まで台無しになるのであります。

それはイイのであります。

困ったことは、雨上がりの気だるさ。
恋が重たくなるよーな感じに似ており、救いのない倦怠感に包まれるのでございます。

煙草も酒も体が拒絶し、音楽もうるさく、とにかく横たわるしか方法がなくなるのでございます。
「空亡かな」
占い用語を引っ張ってきて口実にし、床に仰向けになるのであります。

でも、そーいう時に天啓というか、面白いヒラメキが走ったりするのでございます。

すぐにクーラーをオンにし、ヒラメキの先を追うワケでありますが、掴めるときと、取り逃がすときがあり、本日は取り逃がしてしまいましたです。

それで、こうして雨上がりの雑花を撮影したのでございました。

断易の道具の神蓍やサイコロの手入れをしたりもいたしました。

とりとめのない、つまらぬブログになりましたが、お許しくださいね。

2018
04.16

『奇門遁甲カレンダー2018年下半期(7月から12月までの半年)』の最終チェックが終わり、いよいよ5月1日から配布開始となりました。

一部3万円(税込み、送料込み)なのでありました。

詳しくは準備が終わり次第、メールでお知らせするのでございます。

立向月盤、立向日盤、立向時盤のすべてを手入力でありますから、チャックしてからまるまる3月は要する仕事なのであります。
「とんでもないことをしているな」
と感じるのでございますが、はじめたからには持続しなくては無責任なのであります。
「誰かに任せれば楽なのに」
とも言われますですが、微妙な解釈なのでありますから、他人に頼めることではないのであります。

例えば、天盤乙が南西に入った時、雲遁として良いのか、それとも乙奇入墓とするのか。他の配合を見て決めるのでありますが、微妙な差しかない場合もあるのであります。その場合は、他人では見極められず、テキトーな表現になることでありましょう。

「やっぱり、あなたでないとダメ」
こう評価されたいのであります。ですから毎朝、自分に日課として課して、遁甲カレンダーの打ち込み作業をしてきたのでございました。

いまでは「代わりに打ち込みを手伝います」とお節介を申し出るお方もおらず、ですから私メは私メのペースでやっていけるのでありました。

いま最終の微調整をしているところでありまして、これがまた目が渋くなる作業なのであります。
これが済んだら、
「どこかに行こうかな」
旅情にウズウズしているところでございますです。