2024
07.22

夏が来ると、忘れずに夏の花が咲きますです。
夏は嫌いですが、夏の花は不思議と心を清めてくれます。
今年もまた、町角のいたるところに、白色や紅色の花びらをほころばせいいるのでした。

10年に一度とかいう猛暑。
しかし、10年にいちどの冷夏も今年なのでありましたが。
人間どもが自然を狂わし、狂った自然に復讐されている気がいたします。
魚介類も異常だとか。
クマちゃんの出没もですね。

異常といえば、すべてが異常であり、異常を作り出すことこそが人間の本質なのかもしれません。

それでも花は咲いております。

花が咲いているうちは水はまだあると見てよろしいよーで。

四柱推命で、夏月生まれの判断がございます。
夏は水が枯れやすいから、原則的に用神は「水」。
水が不足すれば、日干が木行なら手足の怪我や精神病に注意などいろいろな現象が起きてまいります。
たとえ外格の一行得奇格の稼穡格でも、乾燥した土ばかりだと、外格の良さを発揮できずに、内格の最悪命のひとつである火炎土燥として判断することになるのであります。

それでも花は咲いております。

この花が散るころ、秋が到来するわけで、それまであと二か月。
けっこう長生きの花でございます。

日干火行で土が多いと、「火土傷官毒を吐く」という現象が発生し、口の悪い性質を帯びるのでございます。

こうして季節の花々を眺めつつ、占いの仕事が頭に張り付いてしまうのも職業病なのかもしれませんです。

そういう頭の片隅で、
「恋の花も咲くであろうか、老木の小枝に」
どこかで激しく期待してしまう蕾もあるのでありますよ。

2024
07.21

お暑ぅございますね。

馬鹿馬鹿しい話題ばかりでTVを見る気もいたしません。
体操選手のお女性が喫煙だの飲酒したとかで五輪辞退。
五輪は西洋人のスポーツの祭典なのだから東洋人がしゃしゃり出ること自体に無理がありますです。
この際、今後、日本人はオリンピックには参加しないことにすればサッパリいたします。
野球もサッカーも日本人は禁止。

諸外国から日本人を追い出してくれれば簡単かも知れません。

いやいや、飲酒といえば、私メはこの数年、ビールはダメになりました。
グラスワインでも多く感じますです。

その代わり、ウィスキーは健在。
とくに真夏の夜のウィスキーは最高であります。
以前はロックでがぶがぶ飲んでいましたけれど、生でグイッと呷るよろこびに目覚めましたです。
それぞれのウィスキーの味の様々を味わえて、それはしやわせ気分。

死んだ人を偲びつつ味わうのも、去っていったお女性のその後を夢想するのも、いままでのワンちゃんを思い出しつつ飲むのも、これはビールでは経験できないお酒なのでございます。

五輪だの、万博だの、他人の裏金だの、バカ政治家だのに神経を使うのは止めましょう。
そんなのに意識を向ければ運が傾くだけ。
選挙投票に行ったところで、あんなものです。

何を食うか、何を学ぶか、誰とおしゃべりするか。とにかく自分のことだけを見つめましょー。
他人になんと見られても、なんとそしられても、それはよろしいではありませんか。

ウィスキーを味わいつつ、自分の内部を探検したいと思いますです。

 

2024
07.20

小さなころは、「どこが美味しいのか分からない」と拒絶していたのに、年老いてからは好物になった食べ物がいくつかございます。

みょうがは、その一つ。
この季節には絶好の薬味であります。

冥加と当て字するのでしょーか。命冥加で、サムライが戦いで生き残る意味があるとか。縁起ものですね。家紋に、茗荷紋もございますね。

茗荷と書くのが正しいのか分かりませんが、これは、「ミョウガを食うとバカになる」ことから由来しているとか。

お釈迦さまの弟子のナントカいう人は、物覚えが悪く、死ぬまで自分の名前を覚えられなかったらしいです。
で、そのナントカいうお弟子さんが死んで、しばらくしたお墓に見慣れない草が生えて、それがミョウガという言い伝えです。
茗荷と漢字をあてたのは、「名前を荷う草」の意味があるからなのでございます。

まぁ、夏バテを防ぎ、食欲増進の効果はあるでありましょー。

あんなに苦手だったのに、店先で売っていると、つい手を伸ばしてしまいます。
モリオカの実家では畑の隅に生えているはずであります。

しかし、まだカボチャは苦手の一つなのでございます。