2024
06.20

雪柳からはじまり梅、ミモザ、桜とつづき、いま春の花最後の紫陽花が季節を飾っております。

遅れている雨の季節が到来し、梅雨が明ければ、いっせいに夏の花々が輝きだすはずでございます。

わたしたちは時代のどーいうところに佇んでいるのでありましょー。
人類が誕生し滅亡するまでの過程のどこに。

これ以上の繁栄は不要かもしれません。
繁栄しても個々のしやわせと嚙み合っておりません。

人類の歴史は、殺し合いの歴史だと語られておりますが、殺してもころしても、地球上に90億人が生息しているとか。気持ち悪いのであります。それらが日々、食事をして排泄し、SEXをいたす。昆虫やケダモノとおなじ行為をくりかえすのを想像しただけで吐き気がいたします。

そろそろ私メもリタイヤではないかと、近頃、とみに思うのであります。
定年のない職業でありますから、継続するのもしないのも、私メの一存でございます。

けれど、最近の鑑定は、末世の時代ならではの内容。
「どーれ、しばらくは続けるかぁ…」
なのであります。

2024
06.19

本日、6月19日をもち、立向時盤は、陰遁に入りましたです。
なんとなく嬉しくなり、日高屋に。

「ん、ちとお味がおちたかな?」
そんなことはイイのであります。
いつもいつも美味いものばかりではつまりません。

立向時盤は、夏至に一番近い、甲日または己日でありますから、甲寅の本日とあいなります。
しかし、立向日盤は、まだ陽遁のままであります。
6月29日の甲子日をもって、立向日盤はも陰遁となるのでありますです。
このタイムラグを上手に使うと、面白い効果が期待できますです。

奇門遁甲は表作りが面倒であります。
そこをクリアすれば、あとはけっこう簡単。
簡単というのはコツさえ解かればの話であります。

「吉方位」とか「凶方位」という檻をぶち破り、「どーいう作用をするのか」そして、「その作用はどれほどのパワーがあるのか」なんてことを見極めることが出来れば、自分にとって、どの方位を使えば良いかが見えてきます。

まぁ、凶方位と呼ばれる方位を、避けた生活をするだけでもけっこう幸運を掴むことは、過去に見ておりますです。

ひとりタンメンでありました。

2024
06.18

だれもいないのでカシャッ!しました。

私メの使っているスポーツジムの浴室であります。
いつもなら、幾体かの老人が目をつむりフォルマリン漬けの死体のよーに、白い体を浮かべておるのでございます。
本当に、
「いつかは湯に浮いたまま死んでいるかも…」
と思ってしまうのであります。

それが自分でないことを願うばかり。

いつぞやは、ここでウンコを粗相した老人がいたらしく、目撃者は、
「浴槽が卵とじのよー」
と表現しておりました。

油断は出来ぬのであります。
フロアにウンコがあった時もございます。
固形物としてのウンコではなく、やはり下痢グソで、うっすらと広がりを帯びていましたので、うっかり踏みつけてしまったお方も数人。
臭いで、
「ウンコですよ」
と警告しましたが、時すでに遅く。
下痢グソフロアに滑って尻もちをつきそーなお方もおられましたです。

殊勝な老人が、まっ黄っきになるまでモップで磨いており、
「係の人に頼めばイイのに」
と感心したところ、
「いやいや、これから宝くじを買いに行きますから」
とウンを金運にからませて笑っておいででした。

そーいうこともありましたから、浴槽で汗を流した後は、シャワーで清めることにしておりますです。

いや、近頃は、ジムの浴槽だけでなく、色々な場所でウンコを漏らしているお方をお見かけいたします。
若い奴らもであります。
運を逃している時代なのでしょーか。