2020
08.01

8月7日10時06分で、今年も立秋を迎えるのであります。

何もない夏。
五輪の不始末は誰がとるのでありましょーか。
石原の選任は重大。

アヤツを考えるとき、「運」の重大さに驚くのであります。
太陽の季節とかまったくの駄作で芥川賞をとり、政治家になって東京都知事。バカ息子にも恩恵があるのであります。また弟の裕次郎に至っては笑えるほどの芋なのに、時代の催眠術に日本中がかかり「スーパースター」の称号を欲しいままにしたのであります。「運」だけなのであります。
その石原プロもついに催眠術の力がついえ、ぶっ潰れるとか。

悪口ではなく、「運」というモノの力をいまさらのよーに感じる次第なのであります。
石原だけでなく山口百恵も、いま聴けば、
「どーでもいい歌ではないか」
当時の盛り上がりが信じられませんです。

さてさて、今年の夏は、その運にまで見捨てられているのであります。

なんと奇門遁甲月盤座山、吉方位なし。
八方塞がりとは、8月の座山のこと。立向盤にしたところで吉方位は北しかございませぬが。

よって、パワボ&開運植物の移動はありません。
あらたに設置することもいけません。

8月は、もう冬眠ならぬ夏眠するしか道はないのでありましょー。

 

21 comments

▼コメントする
  1. オノ先生が
    8月のボイドタイムを忘れていたのを、?さんが教えてくれたのは。
    出先がいいですね。

    ●十傳より→そーざんすね。

  2. 8月は吉方位がないのですね。まさに八方塞がりですね。
    先日のブログで、「吉方位だけを取っていると、副作用が出る」と書かれているのを拝読しましたです。
    効果にそった行動しても副作用が出るなんてことがあるのですね、何やら身構えてしまいます。
    おそろしや~。注意をしなければです。

      ●十傳より→副作用が先に出てしまい、「当たらなかった」と早とちりしてもいけませんです。

    • つまるところ、副作用は油断や諦めを誘う罠で、本当の作用はそのあとに来る、なのでじっと待つことも重要。
      ということでしょうか。

        ●十傳より→副作用は後に出ることもあるので、どーいう副作用なのかを把握することは極めて重要であります。

    • ありがとうございます。
      避けられないようなので、対策を考えたいと思います。
      本を読んで、三奇六儀の副作用について更に勉強いたします。

      ●十傳より→6日に発売予定の増補版奇門遁甲術入門に、避凶の方法が載っていますので、参考にしてくださいまし。

  3. 本を読んで吉方位の龍遁を実行してます。
    なかなか目的の場所にたどり着かない、帰りの時間も決まっているので、短時間滞在。
    ああ、効果のほどはいかに。

      ●十傳より→どーでしょーか。龍遁の効果は肌身では感じられませんし。

  4. 石原氏、亀井静と老害対談とかして大御所ポジションで元気ですよ。

      ●十傳より→死んで惜しい人もいませんしね。

  5. 田宮二郎、イケメン、知的、なのに、、なのに、、、運なのですか?

      ●十傳より→ターイムショック!

  6. 石原慎太郎の妻の典子夫人は、昔から占い好きで有名です。
    慎太郎も妻の占いアドバイスは、真剣に受け取っているようです。

    作家として才能ないし、政治家としても無能で、人間性も最低なのに、
    何故??とずっと思っていましたが、謎が解けた気がしています。

    ●十傳より→目パチクリのイヤなヤツであります。

  7. 昔の政治家はお抱えの占い師がいて大事な政治的判断を
    下すときには意見を求めておりましたが…
    今は政治家ではなく単なる政治屋でしかないし。
    先生、どうか先回りして政治屋達の裏をかいて下さいませ。本当の歴史を造ってきたのは占い師なのでしょう。

    ●十傳より→政治家は黙って汚職をしていればイイのであります。

  8. 先生が奇門遁甲で最も衝撃を受けた事例は何ですか?

      ●十傳より→遁甲を勉強しているとき、周囲の空の色が七色に見えたことがございますです。

  9. 画像にばかり目が行ってしまいました。

    久々に遠方からアルバイトの話が来ましたが、
    どうやっても出発時間が戦格になりそう。
    運の無さを感じました。

    ●十傳より→戦格でも、アルバイトの種類によりますですけど。

    • 修道院ではなく、病院関係です。
      コの字の関係ざます。

        ●十傳より→戦格にヒットしそうでありますね。

  10. 吉方位に副作用が有るとは、薬のようですね。
    用法用量を守って、正しくお使いくださいみたいな。
    それでいくと四柱推命はその人自身の持病や慢性疾患的な病気の診断、易は季節性の流行り病の診断というところでしょうか。
    医に通じるモノがあるように感じます。

      ●十傳より→そのとおりであります。

  11. 八方塞がりとは、最近のコロナウイルスの状況と同じですね。。もしや、吉方位を取っても手遅れですか?

      ●十傳より→来月になれば吉方位が出てきますです。

  12. 吉方位ばかりだと副作用が出るんですね。なら、戦格の大像吉を取ってもいいんですか?

      ●十傳より→わざわざ戦格をとることはありませんです。

  13. パワボのドライフラワーに菊は使ってもいいんでしょうか

    ●十傳より→いいっすよ。

  14. 8/2青龍返首を実行しました。帰り際に雨が降り、困りました。

    ●十傳より→ですか。

  15. 十傳先生の著書を見てパワーボックスを作っていますが、なぜドライフラワーや白い化粧砂を使うのですか?また、化粧砂としてパワーストーンのゴールドルチルのさざれを使った場合、金運特化タイプのパワーボックスを作成できますか?

      ●十傳より→工夫はいけませんです。

  16. パワーボックス用ドライフラワーを作るため、低木を植えていましたが、暑さのため枯れてしまったようです。
    なにか悔しいので、木の枝や根っ子を造作で使えないのでしょうか。活用したいのです。

      ●十傳より→乾かして保存していてくださいまし。

  17. 月刊ムーでパワーボックスの作り方で白い化粧砂を使う様に書いてありますが、過去のパワーボックスの画像を見ますと、緑の化粧砂を使ったものや、黄色の化粧砂を使ったものも見られます。パワーボックスに使う化粧砂は何色でもいいのでしょうか?方位ごとのラッキーカラーや求める運気によって色を選んでいるのですか?

      ●十傳より→それは極秘であります。

  18. パワーボックスは座山時盤でも使えますか?使えるとしたら効果の持続期間はどれくらいでしょうか?

    ●十傳より→座山時盤でも、もちろん使用可でありますが、問題は何を埋めるかであります。月盤、日盤、時盤、それぞれに、また用途ごとに異なりますです。そして、それは門外不出の秘伝とされているのであります。下手に使うと、吉方位の時盤だったのが、日盤や月盤の凶方位にに対応することになりますです。