2017
11.03

何故、こんな靴を買ったのであろーか。

旅先のアウトレッドで、目について、ほとんど反射的に購入したのでありました。

先日の、旅行の想い出の品は、これだけなのでありました。

10月23日の北東、壬×丁、他の条件も申し分のない干合鬼神の方位。
吉方位に絶対に行かせまいとする、何者かの種々の妨害をねじ伏せて台風の余波が荒れ狂う東京を後にしたのでありました。

肉体的にも精神的にも、説明のしようがないほどに疲弊していたわけでして、
「このままでは、ヤバイ」
と、有り金をひっ掴んで、とにかく北東を目指したのでありました。

効果は出ておりますです。
完全に復活であります。

が、効果は、ソレばかりではなく、旅の終わりに、モリオカで再会した初恋の女が導火線になっております。
初恋と記しましたが、62歳になる彼女と会話しているうちに、その甘い感傷をぶち破るほどの苛立だしい気持ちに襲われたのでございました。そのお女性のひと言ひと言が、とても小狡く、意地悪く、皮肉に満ちたものに受け止められたのでありました。私メの発言に、いちいち棘のある言葉で逆らい、せせら嗤うのでございます。

私メがそーさせたのか。そーさせる作用があったのか。

「干合鬼神の効果のキッカケだな、これは」
と直感しましたが、凍り付いた顔色を平静に保つのがやっとなのでありました。
センスのよい着こなしも、美食特有の福白でシワのないお顔も、優雅な身ごなしも、すべて邪蛇の化身に見えたのでありました。この人に心を奪われた一時期があったのか…。

「ならば、さらに発展するしかあるまい!」
方位効果の究極はコレでございます。浴びせられた毒を笑顔で飲みこむ忍耐は、これは意志力では不可能であります。少なくても私メには。
毒を体内で熟成させるパワーが、このたびの方位効果だったのだと確信いたしましたです。

吉方位といえど、けっして楽しいことばかりではございませぬ。
おのれの気質を方位によって変化させ、変化した気質を利用して開運することが方位効果なのであります。

傷ついた古い子供の靴。
幼稚さの残る自分と、古びよーと傷つこうとも前進するしかない自分。
この象徴として、旅行の記念の靴は、ながく自室に飾られることでありましょう。

61 comments

▼コメントする
  1. 星野源の作品でで「ただ地獄を進む者が悲しい記憶に勝つ」という歌が好きです。

    ●十傳より→CDを買ってはいけませぬぞ。

    • YouTubeで聞きました。
      アニメ画像が素晴らしくて楽しかったです。

        ●十傳より→それはそれは、であります。

  2. 己の気質を変化させ、、の くだり なるほど と、唸ってしまいました

      ●十傳より→魔法ではございませぬから、遁甲は。

  3. 小野先生の事を宗教法人コスモメイトの幹部だった占師と言い張る友人と喧嘩しました。
    私が正しいですよね。

    ●十傳より→私メはどこにも属しない一匹未であります。

  4. 今年は地網格になってその方位は凶方位になるのでは?

      ●十傳より→年盤とは別なのでありますです。

    • 先生の授業では凶方位になると習いました。
      10月23日の日盤を使用されたのですよね?
      年干、月干、日干が関係すると言われました。
      今年は丁酉年ですよね?

      ●十傳より→地網格は地網格でも、この配合、天冲×生門、八白×六合は大吉として使えるのであります。旬首の六儀が中宮してませんし。が、むろん地網格の欠片のような悪さも出ますです。「他人の罠に陥る」というヤツであります。そして、だからそれはモリオカで発現したのであります。だとしても他の配合が救ってくれるのであります。フグの毒の匙加減で、テッチリがたまらぬ美味になるように。でも、よく気づきましたですね。さすがであります。

      • 昨日の回答コメントと変わっていますね。
        昨日は10月24日に西に例外盤だが行って干合させて悪さを消したと書かれていたのですが。
        なぜ変わったのですか?

        ●十傳より→本筋から逸れた誤解を招かぬよーにであります。このたびの干合鬼神は、甲が中宮していないので、たとえ年干にヒットしていてもさほどの悪さはないのであります。

        • 先生は例外盤はその時の干ではなく節気を使用して作盤する為(特に甲が中宮すれば天盤が変わる例外盤となり)アバウトで信頼性に欠けると言われていました。それだから悪さも少ないと言われるのなら理解出来るのですが。
          今回は甲が中宮していないし普通の通常盤です。
          しかも地網格のようにその時の干によって変わる凶方位は普通の凶方位より凶作用は強くなると言われていました。
          間違っているでしょうか?

            ●十傳より→年格などで、それは言えるのであります。天羅地網で、そう述べたはずはございませぬ。ブログでの、この種の質問はここで打ち切りますです。

          • 私のノートには記載されていますが。。。
            ではさほど悪さはないのにはじめ先生は10月24日に西にわざわざ行かれて干合させて悪さを消したと書かれていました。
            しかしモリオカで悪さが出たのですよね?

              ●十傳より→まさに天羅地網のしつこさでありますね。あとはご自分でどーぞ体験してくださいまし。

          • ●十傳より→まさに天羅地網のしつこさでありますね。あとはご自分でどーぞ体験してくださいまし。

            説明出来ないという事ですね。
            翌日西には行かれていないのでしょうね。さほど悪さがなく問題ないならわざわざ西に行って干合させ悪さを消す必要もないですし、そもそも干合して効果を消してしまえば本筋である干合鬼神の吉方位に行った意味がなくなってしまいます。
            私が先生の授業を継続しなかったのは、まさにそういう事であります。
            先生の書かれた奇門遁甲の本を使用して受講していましたが、ある生徒が本との矛盾点に対して質問すると「その本の内容は嘘です。」と言われる。
            前回の授業で言われた事との矛盾点を確認すると「そんな事は言ってはおりません。」と言われる。私は全くの占いの素人で真剣に理解しようと質問していたのですが。。。素人の私の質問すら理論だってご説明出来ないのはどうなのでしょう?
            別に他流派がどうだったとか言っているわけではないのですが。

            ●十傳より→まったくおっしゃる通りでございます。私メの不徳の致すことでございますです。ただ、説明できないのではなくブログでは説明しかねるところがある、という意味であります。

            占いは、多く、矛盾の孕むところでありまして、薄紙をはがすよーに進めていかねばなりませぬ。「これは違う」と言いつつも、例外として「これは正しい」と訂正しながら、大波に隠れていたさざ波部分を、だんだんと順番通りに、明らかにしていくしか方法がないところもあるのであります。また干合で消すと申しましても、消す度合いがあります。完全に消すのか、わずかに消すのかという程度の問題があり、これらは匙加減にかかっておるのであり、体験するしかございませぬ。が、しかし、大変に参考になるご意見、ありがとーございますです。今後ともよろしくお願い申し上げますです。受講の継続もお待ちしておりますです。わずかな期間でありましたのに、これほどまでにマスターしていたことに嬉しさを覚えております。
            蛇足ではございますが、「天羅地網のしつこさ」は皮肉だけでなく、例外盤を解く鍵としての意味も含んでおります。

          • わかりました。
            今後そこの所他の方々にも誤解されないような説明をお願い致します。

              ●十傳より→了解ザンス。

      • 5・6回読み返して、薄ぼんやり意味が分かってきました。
        つまり、他流派で言う甲×庚、乙×辛 etc の五不遇時ですよね。
        他流派をチラ見して、それまで日と時刻・年と月の間で成立するものと思っていましたが、年・日の間でも成立するとは思って
        いませんでした。

          ●十傳より→五不遇時とは違うかもしれませんですが。

    • ああ楽しい!また新しいタイプの馬鹿が出てきましたね!(笑)
      先生おかわいそうに。

      ●十傳より→……うふっ。私メもバカでありますです。

      • バカですいませんね。

          ●十傳より→おりこうさんと呼ばれるよりイイかもであります。

  5. >モリオカで再会した初恋の

    もちろん、「お会いしませんか」と尋ねて会ったわけですよね。
    小野先生は勇気がありますよね。僕には無理です。
    思い出すときは当時の姿のまま、落差には耐えられません。

      ●十傳より→好奇心だけであります。まんまとヤラれましたです。

  6. 先日、久しぶりに、友人に会いました。彼女は前からきつい性格をしていましたが、今回久しぶりに会って、驚きました。前よりも更に厳しい表情で、幸せのオーラは一切なく、毒々しいのでした。
    私の発言に、いちいちイライラしてるのが垣間見え、小バカにしてるのです。

    幸せそうな別の友人は、とても穏やかでやさしいのです。表情も素敵なのです。そんな女性になりたいです。

      ●十傳より→何らかの悩みがあって、相手につらく当たるのだと思いますです。

  7. お久しぶりです。体調良くなってよかったですね。私の友達も、下宿の代々伝わる魔力に発狂するように週末実家に帰ってしまいました。パワボを勧めて見たいと思います。

      ●十傳より→キチガイ扱いされるかもであります。

  8. お久しぶりです。体調良くなってよかったですね。私の友達も、下宿の代々伝わる魔力に発狂するように週末実家に帰ってしまいました。パワボを勧めて見たいと思います。

      ●十傳より→ほらほら。

  9. それとも、2段ベッドをやめさせるべきか

      ●十傳より→やめささせてくださいまし。

  10. また、やってしまいました。

      ●十傳より→もっとヤッてくださいまし。

  11. 春に親が鎌倉に行くと言い出しまし。途中で、東京によるので鑑定受けてもらいたいなとおもいます。

      ●十傳より→楽しみでありますね。

  12. 風格姓名判断で、鹿児島がチンボツだったので、ジムに通ってみようと思います。

      ●十傳より→風角であります、正しくは。

  13. 長続きすれば、会えるかもしれませんね

      ●十傳より→デブなんですか。

  14. 気を測ると言って、金の時計を携えて

      ●十傳より→哲子病になりかけてますですよ。

  15. 良からぬことを企みまして、お時間頂戴して申し訳ないです。

      ●十傳より→が、まだ企むつもりですね。

  16. 小野さんの事務所が メイロ なので、場所を変えてくれると幸いです

      ●十傳より→よりメイロにね。

  17. 品川害意で御坐い鱒

      ●十傳より→お相手が飽きてまいりました。

  18. 銀坐も好いデコ斬す

    ●十傳より←はぁ…。

  19. 魔法なんて無いと思ってるので魔法じゃ無いからこそ興味があります
    今の私は 奇門遁甲をじっくり勉強する時間がないので 小野先生のカレンダーを活用させて頂きます。最近私も息抜きしてないので どこか吉方位に行こうかなと思います
    小野先生だけじゃなく 小野先生の門下生の皆様にも いつか見て頂きたいと思っています 門下生の方がたくさんいらしたら それだけ 色んなアドバイスをいただける気がして 楽しみです

    ●十傳より→気晴らし旅行にまさる楽しみはありませんです。

  20. 鑑定の時はぶんどってください

      ●十傳より→記憶しておりますです。

  21. 度が過ぎてしまいました。しばらく控えます。ごめんなさいでした。

      ●十傳より→いえいえなになに。

  22. 久しぶりに隣町へ遊びに行ってきました。買い物メチャクチャ楽しかったです。こんなラッキースポットとは思えませんでした。また親に軟禁状態です。

      ●十傳より→それはよーございましたです。

  23. 月曜日の昼間は寝てます。夜になるとまた怖くなるから、ボイドの呪いですかね。

    ●十傳より→でしょーね。

  24. ここ数か月、先生が心身ともにとても疲れているような気がしておりました
    お顔を拝見したわけでも、お声を聴いたわけでもありません
    でも 疲れていらっしゃる
    その原因は黒くドロっ とした人の念だったのか
    とても案じておりました
    先生は強い方です
    でも、それと同時に優し過ぎるのでしょう
    今回の旅で、人の悪意や行為に打ち勝つ力を得られたものと信じております
    このボロボロの靴は、先生が抱えた苦悩を現したものなのかもしれませんね

      ●十傳より→干合鬼神方位のすばらしさを実感しているところであります。

  25. スナフキンさんって そういう方だったんですね 失望しました
    こわいです

    ●十傳より→まあまあ。

    • どう思われていたかは存じませんが、失望させてしまいすいませんね。

      ●十傳より→主人公に躍り出ましたですね。

      • 先生の方がこわいと思いますが?

          ●十傳より→と、申されましても私メにはなんともはや…。

        • 私は実際にあったありのままの事を言っているだけです。
          奇門遁甲は開運法として作られたものではありません。
          兵法で人を殺す、不幸にする為に考え出されたものです。しかしどう考えても実践出来るとは思えません。
          例えば殺したい敵人を凶方位に連れていき根を付けさせる、またはの敵地に決められた時間に決められた方位に坐山を行う事など現実的に難しいでしょう。まして戦争で大軍勢をです。
          そのことを先生に質問したら実際に諸葛孔明が使っていた奇門遁甲の方法を説明していただきましたが、それは奇門遁甲ではなく全くの別物でした。
          客寄せパンダなのでしょう。
          先生もそんな事はとうにわかっておられるでしょうが。しかしそれでは商売にはならないので、必死に弁解されそれが矛盾になってしまうのでしょう。

            ●十傳より→と、申されましても私メには何ともはや…。ああ、思い出しましたです。オタクかぁ。奇門遁甲初等科をたったの半年でお止めになった。継続も何もありやしない。継続なんて言葉を使う価値などありゃしない。止める口実などいくらでも出来るものだよ。20時かけて来たことだけが自慢のオタクか。シッカリ最後まで受講してこその奇門遁甲。オタクに質問する資格はございませんですよ。なぁーんだ。なんだーなんだ。

          • それしか言えないのですか?
            そうやってごまかすのでしょうね。

              ●十傳より→アーメン。

    • 私ももう関わり合いにならないようにします!
      こういう人は孤独に生きて行くんでしょうね。

        ●十傳より→大丈夫、実験材料にいたしますです。

  26. 十傳せんせい
    お久しぶり

    このーっ人たらし かわしかたの天才!!

    ますます尊敬しました

    先生みたいにならねばと

      ●十傳より→はてはて、意味が分かりませぬぞ。その手は喰いませぬ。

    • 先生は心理学も習われていたとか。
      やはり授業を継続しなかった私の判断は正しかったようですね。

        ●十傳より→と、申されましても私メには何とも…。

      • この人のご高説、脱落者の負け犬の遠吠えだったんですね!
        何だか凄く納得しました\(^^)/

          ●十傳より→けっこう増えていますので気をつけてくださいまし。

  27. 地網格の作用がこれだけあきらかですと
    干合鬼神は相当な効果が出てるのでしょうね。

      ●十傳より→昨日は、ちょうど、干合鬼神と地網格の微妙な区別を講義したのでしたね。なんだか笑いが止まりませぬ。

  28. スナフキンさんかわいそう先生のスクール興味があったのですがやめておきます。

    ●十傳より→それは残念ですね。

    • 中立の立場から申し上げます。

      諸葛孔明のお話から、スナフキン氏は、あの方だと気づきました。
      もしも、間違っていたらごめんなさい。

      講義中の彼の質問は、質問ではありませんでした。
      最初から否定的な答えを用意し、先生が丁寧に質問にお答えになっても、その説明に耳を貸さない態度でした。
      それが、何回も繰り返されるので、ため息が方々からあがったことを記憶しています。

      普通の先生ならば怒りだすところを、十傳先生は根気強く対応されていました。

      個人的な不満を公開ブログにUPするところも、私は首を傾げたい思いです。

      お気の毒なのは先生だと思います。

      私は十傳先生の肩をもっているつもりはありませんが、スナフキン氏の質問の内容やコメントは、悪意を感じます。

      スクールの参加を、スナフキン氏のコメントで見合わせになるのは、ご自身の勝手ですが、十傳先生の講義とその態度は、他の占い師にはない価値のあるもので、生活の参考になるものです。

      横から勝手な意見を申し上げてしまい、申し訳ございませんでした。

      ●十傳より→いやはやオショシイ思いであります。ありがとーございましたです。

  29. はじめてコメントいたします

    わたしも同感です先生の講義は最高です
    6時間ぜんぜん退屈させませんよ

    ぜったいおススメします!!

    ●十傳より→同情されるのは苦手であります。他人の言葉に左右されるようでは、最初からダメかもしれませんですよ。

  30. お金を払えば何でも教えてもらえるなんて
    そんなわけないでしょー
    市販本と講義の違いなど当然
    講義や先生の方位取りを参考に
    ホワイトボードに書かれない言葉の意味を考え
    自分も経験して
    そこから学んでいくのが基本なのでは?
    他の初等科では学べないことばかりの
    とんでもなくお得すぎる初等科なのに

    ●十傳より→私メなりに頑張ってはいるんですけどね。

  31. すみません、途中から、こんな方々ばかりなんだなという印象を持ち始めておりました。
    なんだか急に腹が立ってきて。

      ●十傳より→でも、ほとんどは良いお方たちばかりでありますぜ。人が集まると、そこに世界の縮小が構成されるのであります。

    • 上に同じ!

      腹が立ってきました

      なにが●●●●●(事務局にて伏字)だ!
      こんなバイキンがいるから世の中ダメになるんです

      先生 今後 質問有料制がいいですよ
      受講料値上げとか

      先生甘すぎ!

        ●十傳より→そーやって規則が出来るわけですね。師匠の一人も質問一回2万円でしたですよ。でもですね、私メは私メのやり方を貫くしかないよーであります。

      • あぁ、ええと、皆一緒くたに考えていたのはマズかったので、そこは反省しています。誤解は良くなかった。
        極端な合理主義かつ面倒くさがりなもので、すみません。
        孤独が自分に一番合った環境なんだと確信する機会にもなりましたよ。

        ●十傳より→孤独に生きるのは理想であります。が、それは無理なお話。近ず離れずが極意でありましょう。

        • 御仁もあれば、輩もいるのでございます。清濁あってのこの世。
          大昔に「俺は(北海道の)某町の土地を全て買い取り、そこの長となって犯罪者などの悪い奴らを全て追い払って、正義と理想の町を作るのだ!」とキツネ目をした占い師と知り合いでした。その時の彼は「御仁」ではなく、「輩」の顔つきでありましたよ。
          クワバラ、クワバラ…

            ●十傳より→ブログで語れることと、受講生の方々以外には語れないことがございますです。その点を忖度してもらいたかったのであったのであります。多くの人に自分の賢さを認めてもらいたい心があると、相手をする私メは、今回のよーな感じになり、それは全く反省するつもりはないのでありますです。

  32. たぶん大体の問題は、「早寝早起き」で解決でしますよ。夜も9時5時で。

      ●十傳より→夜食もしませんしね。

    • 夜食より恐ろしいのが寒さによる食欲です。血流が滞ることによって、欠乏を感じ続ける体は留まることを知りません。栄養、酸素、神経伝達。突然泣き出すなどの体の誤作動はだいぶでておりますしね。本当に恐ろしい限りです。

        ●十傳より→あたたかなお湯に味噌を解いてすすることをお薦めいたしますです。

      • お味噌を解いてすすったところ咳が出始めました。このところ胸が重苦しくてひんやりとしています。咳なんて一つも出ないのに背中まで凝り固まって。咳、鼻水、筋肉痛。よくある風邪の症状になってまいりましたが、さて本当は何が原因やら。何が起きてもいいように、せめて体力だけは回復しないといけませんね。

          ●十傳より→咳は、現在の自分に嫌気がさすときに出ることもございます。健康、お金、自由を目指してくださいまし。

  33. 何だか大変な事になっていますね。俗に言う炎上というヤツでしょうか←違うか(笑)

    先生の講座にお世話になって3年が経ちました。占いに関わっているとそれなりに横の繋がりも出来てきて、色んなものに触れる機会が出来て、色んなお誘いがあるものです。あの先生の書いた本がいいよ、この先生の講座がいいらしいよ、等々。

    それでも浮気心が起きないのはどーしてなのか?責任が発生する事以外でひとつの事を継続し難い性格なのに先生の講義だけはヤク中のように受けたくなるのはどーしてなのか?

    余所見する気が起きない先生に出会えたこと自体が運が良かったのでしょうね。すみません、独り言です。

    ●十傳より→それは嬉しいことであります。麻薬の量、増やししましょーか。

    • わかりました、人間やめます。

        ●十傳より→人間になりたがっている人も多いのに…。

  34. 占術スクールは初めてですが
    内容が相当濃いようで
    流派のスクールに通う方に驚かれます
    通えないのが残念だと
    流派に所属すると
    なかなか自由にできないようですね

    ●十傳より→というところもあるよーでありますね。流派に縛られてはいけませんです。通変という占い独自の自由さが失われますから。

    • 自由な発想ができる分、かえって師に捨てられた方が
      いいのかもしれません。
      だいたい諸葛亮孔明の正規ルートを辿る遁甲など、
      誰も知らないわけですから。

      ●十傳より→ですね。

  35. 知り合いの方々が
    十傳スクールを羨ましいというのは
    講義内容の厚さもそうですが
    実践例が多いからです
    一年目でそこまで教えないし
    実践内容は公開しないし
    命式と方位を合わせるなど
    初めての人は絶対に
    受講出来ないそうです

    ●十傳より→ビギナーのお方にも理解できますですよ、たぶん。

  36. 最近郵便局の配達の間違いが多いくて 本当にイライラしてます
    本当に本当に本当に多いです イライラで 車を走らせられるかも 盛岡まで

      ●十傳より→すごいエネルギーでありますね。