2020
10.02

2020年四月以降、つまり心からすべてに対して軽蔑すべき中国人が元凶の、新型肺炎という疫病のために、郵便を利用する機会がバカに増えたのであります。

今日も、十傳スクール後期のテキスト類を投函したのでございます。
従来ならば、教室での手渡しでありまして、その当日は、サンタクロースのような重いバックをひっさげて、ヨタヨタと教室までたどり着くというスタイル。

が、もはやそれもありません。
後期受講料のご入金を確認したのちに、封書に住所を書き、それぞれのテキストの重さに応じた切手を貼り付けて、そして投函。

おっとととと。
忘れておりました。
断易高等科が、11月から始まるのでありました。その告知をとんと忘却しておったのであります。
断易高等科では、「黄金策千金賦」を中心に、周易の方まで講義を深めてまいるのであります。
私メは、この黄金策を三度、受講いたしました。
断易の仕上げでありまして、内容もさることながら、断易のバイブル的な存在なのであります。

初等科のうちは、大騒ぎしてヤル気を見せていた受講者の皆様も、次第に熱が冷め、高等科に残るのは数名ということになるのが常であります。十傳スクールはそれでも脱落者は少ないのが面白い処でございます。しかし、こちらとしては数名であっても講義を続行するつもりでございます。

そして、四柱推命接続科の後期のお知らせも忘れておりましたです。
こちらは、日干戊からであります。

自分から申すのもなんですが、しかし自分ながら、同じ講義でも年々、精度が上がっていることを痛感いたします。
「つまらぬ占い学校をやめて、こっちにこい!」
と、髪を引っつかんで入学させたい衝動に駆られるのであります。

まあ、それも運命かもでありましょうけれども。

  1. こんにちは、先生に質問があります。

    先生が現在スクールで提供されている講義は、どれくらいあるのですか?
    カテゴリー別であったり、1つのカテゴリはどれぐらい段階があるのですか?
    髪を引っつかまれて入学させて頂いたら、どれぐらいの講義が用意されているのか気になりましたのでご質問させて頂きました。

    漠然とした内容ですみません。

      ●十傳より→断易、四柱推命、奇門遁甲が主であります。六壬も追加しよーかと検討中であります。それぞれ初等科から高等科、その上がございまして、私メの寿命と相談して今後を決めますです。

  2. 髪の毛の引っ張る意味合いは、オノ先生の性的趣向でありましぉーか。
    四つの占いをしればメデゥーサのように。髪=神みたいですね。

      ●十傳より→髪を引っぱられてヨロコブお女性は多いかもですね。

  3. 私はプレゼント当選がよく当たるのですが、ハガキで出しています。
    赤いポストに地道に足を運ぶ。
    運命って泥臭いのかもしれませんね。

      ●十傳より→疫病でポストは満杯いかもですね。

  4. 中国人が新型コロナで全滅すれば、世界も住みやすくなるんですが。そうもいきませんね。厚顔無恥な人間、ゴキブリ、蠅などのありがたくない昆虫に限ってしぶといですからね。

      ●十傳より→南京虫には、殺中剤を。

  5. 断易での数字占はどうすればいいでしょうか
    例えばナンバーズとかでは0から9まで一個づつ卦を出していくのでしょうか?

      ●十傳より→数字の足し方はございますです。それがナンバーズに応用できるかどーかは、さてさて。

  6. 断易Cで数字占講義してほしいです(^ω^)

    ●十傳より→時間がありましたら。

  7. よく巷では自分に投資しろと言います。
    ただ、自分への投資と無駄遣いの境界線は何処なのかと考えてしまいます。
    占術的には何か設定があるのでしょうか。
    考えようによっては、その人自身の考え一つなのかなと思ったりします。

    ●十傳より→勇気と臆病さを大切にして進んでくださいまし。

  8. 六壬、先生が講義して下さるなら待ちます!

    ●十傳より→お待ちください。現在、本格的な720課式を作成中なのであります。