2022
03.10

鑑定の時は、バカに真剣に卦をよんだり、遁甲を細心にチェックするのでございます。

しかし、先日は、鑑定を終えると同時にへなへなと力が抜けたのでございます。
その1時間に1週間分のパワーを注いだのでございました。
ために、翌日の朝勃ちはナシ…。

「当てなければならない」
などという程度の緊張感ではございません。

占的は、「ある建物を今月中に売らなければ何千万円もの損が出る。その物件を、あの男は買うだろうか?」なのでございます。

断易を学んでいない方には馬耳東風でございましょーが、まずは聞いてくださいまし。

卦は六冲卦。バラバラとなる意でございます。
この取引は絶望的だと解されます。
良く解釈するなら、土地が手から離れるのだから六冲卦は良いとも見ることが可能でありますが、上爻の世爻が酉の子孫でありますから、それだけでも土地は手を離れるわけでして、わざわざ六冲卦が出る必要はございません。その世爻が月破。アーメンでございます。

おまけに、その男を意味する三爻の卯官とは冲の関係。お客さんと男の関係は✕。

「これはダメでしょうね」
が、まずは妥当な鑑定でございます。

二爻の父母は現在、合住で一時的に動きをストップさせておりますが、亥の日が来れば、別の誰かに吹っ飛んで取られてしまうでありましょう。

五爻の妻財は資金を意味します。卦身がつき休囚して、苦しくて青ざめているところでございます。

ただ、コレだけの鑑定では朝勃ちナシまでは疲労いたしません。
「その男に売るにはどうすればイイのだ?」
この卦から、そのヒントを引き釣り出さねばなりません。全神経をその一点に絞り、全能力を馳駆するのであります。
瞼の奥で毛細血管が膨れ上がるのが自覚出来ました。
再占すれば穢れる。この卦から、すべてを読み解かねばなりません。

易者の命を賭けた勝負といってもイイのであります。
「そーか!」
断易の神様が告げてくれたのであります。あとはスラスラでした。
戌の日、つまり本日迄がチャンスだ、と。

じつは今朝も疲れ果てておりまして、朝勃ナシ。

そして午後、
「売れました!」
の連絡が。

さて、この卦の解釈は、おそらく初等科の知識で解れると思いますです。
次の講義で時間があれば、ご披露するかもしれませんです。

  1. 活断というものですね。
    毎月の講義の中で、どの部分が活断かよくわからないでいます。
    次回以降もよろしくおねがいします。

    ●十傳より→基本を体内に沁みとおらせたうえでないとねぇ。講義ではあくまでも基本でありますから。求めすぎると大切なところを飛ばしますぜ。

  2. 断易の結果を良くする方法をスクールで教えて下さい。

      ●十傳より→ちらちらと教えてますが、気がつきませんよーで。

    • 復習します。

        ●十傳より→ヨロシクです。

  3. 断易は、必ずそうなると告げているものではなく、そこから運命を変えるヒントを与えることもあるのですね。

      ●十傳より→と、私メは解釈しよーとしておりますです。が、まだ未熟でどーしても見つからない場合もありますが。

  4. 対象の客と売買の交渉日時を決めて
    その日時に合わせて効果が顕現するように事前に吉方取りをする …
    それじゃダメでしょうか
    もちろんこの時の方位取りに使う干はそれにふさわしい干としますが

    ●十傳より→それでもイイのですが、時盤の立向と座山を対戦させる方法があるので、ソレを使うのであります。

  5. 先生でさえチンコが縮むのに
    受講生の私が、
    爽快に分かるとは、とても思えません…涙

    ●十傳より→その気づきが、現実になることについての縮みですから、大丈夫であります。

  6. 先生~1年以上考えても結局よく分かりませんでした。

    戌の日で応爻が合起
    世爻は冲は合を待つで応期?
    辰刻か酉刻で応爻が暗動して巳を生じ?
    丑酉巳の三合で売買成立!?

    でもでも二爻の父母は合住‥
    この辺で詰みました(涙)

       ●十傳より→土地が手を離れるかどーかをまず見切ってからの解釈であります。

  7. 先生~どうもありがとうございます!

    世爻から土地が手を離れるかどうか‥
    世爻から見て長生?
    教えていただいた視点からリトライしてみます!

    ●十傳より→卦を手書きして検討することも大事であります。

  8. 最近は手書きしてなかったです‥
    申し訳ありません m(_ _;)m

       ●十傳より→納甲も頭に叩き込んでくださいまし。