2022
05.13

子供のころから、自分の髪の毛を切っておりました。
一時期、美容室に通った若かりし日がございましたが、この20年で床屋に行ったのは一度きり。

本日も、
「長くなり過ぎた…」
チョキチョキしたのでありますです。

くせ毛でして、梅雨時からは、その、くせっ毛がますます強くなり、カーリーみたいになるので、そろそろカットする季節なのであります。

カットするコツは、くせっ毛が内巻きになるあたりでチョッキン。
指で二巻きするあたりだと、最初のチョッキンで目測いたしますから、あとは楽。

自分でカットする良いところは、切り落とした髪の毛から、
「白髪が多くなった…」
老いとか、健康状態をチェックできるところでありましょーか。

後ろでようやく結えるほどの長さにいたしますから、
「失敗した!」
というときでも、誤魔化せるのであります。
それに他人は、そこまで他人である私メを注目することもありますまいし。

昔の、総髪の荒行師たちは、髪が伸びた時には、河原の石をこすり合わせて髪の毛を切っていたとか。

思えば、多くのことを、お金を支払って他人に頼んでいることが多ございます。
家を建てたり、食事を摂ったり、服もそうです。靴もそうです。すべて人に任せておりますです。
故障すれば、クルマもPCもお手上げ。
鉛筆ひとつすら作れません。
自分でするのは、ウンコぐらいでしょーか。

が、自分でいろいろとやってみよーという意識は、国家にとっては危険かもしれませんですね。

だって、毒薬も作れるし麻薬だって作れる。爆弾も簡単に作れるはずでありますから。

それであっても、自分で自分のことを処すことが出来なければ、可能性にも気づかないし、工夫という知恵も湧かないだろうし、いつも不満ばかりが内部で醗酵し続けることになるのであります。

  1. 仕事に行き、帰ってきてから掃除も洗濯も料理もしているのに色々指摘されるので、もう全部やめようかなと思っていました。

    ●十傳より→無償の奉仕に、ありがたいと思われないなら、淋しいですよね。

  2. 仕事、洗濯、お料理…素晴らしいです。偉いです!

    ●十傳より→お女性は素っ裸でベットで待っていてくださいまし。

  3. 辛いさん、毎日、毎日お仕事ご苦労様です。
    美味しいご飯を作ってくださりありがとうございます。
    疲れていても、お部屋を掃除して綺麗にしてくださりありがとうございます。
    洗濯をして清潔な衣類を毎日着られるのも、あなたのおかげです。
    いつも貴女の真心を見てますよ。天の声より。

      ●十傳より→たまには別の男につくってあげては…。うひっ。

  4. 私も、長年自分で髪を切る派であります。
    お金ではなく、不思議なことに男の美容師という人たちと相性が悪いのであります。
    そして、美容師は圧倒的に男が多い。
    バブリーな頃から、カリスマ的男美容師がうんと増えた気がします。
    表参道なんか、男ばかりでしょう。ヤダヤダ、、、

      ●十傳より→カマキリみたいに痩せてますよね。

  5. 薄毛やハゲで悩んでる方が
    世の中には沢山いますが、
    小野先生のこの切った髪の毛の量に驚かされます。
    フサフサの家系でらっしゃるんですか?それにしても
    子犬が遊び疲れて、へばったかのように見えてしまいます。

      ●十傳より→同年輩の男たちから「許せねぇ」と言われておりますです。

  6. 職場の上司の不安定な感情と支離滅裂な指示にまいってましたが、
    先生の最後の2行にヒントをもらいました。
    ありがとうございます。

      ●十傳より→それは好かったです。

  7. >>自分でいろいろとやってみよーという意識は、国家にとっては危険かもしれませんですね。
    なるほど!なるほど!
    形骸化している顔パンツ、もう止めて欲しいです。
    政府は2歳児以上に推奨しているようですが、
    新鮮な空気を吸える日が来て欲しい。
    頭に酸素が行かなくなって、キチになっている人の多い事!
    先生は毛量といい色々な面ですごいですね。

      ●十傳より→マスクははじめから無用だったのですよ。