2024
02.05

茅ヶ崎は、昼前から降り出した霰が雪に切り替わり、真冬の様相を呈しております。
「これはイイ!」
俄然、集中力が出るのでありました。

しかし、これは鉄道のダイヤは乱れそーでございます。
「明日、鑑定があるなぁ」
神楽坂まで出向けるだろーか。
この一点だけが気がかりなのであります。

まぁ、それはそれとして、そろそろ4月からの講義の予定を組まなければならないのであります。

とりあえず、奇門遁甲中等科は心に決めております。
もちろん、従来通り、ZOOMでの講義。
以前、YouTubeで奇門遁甲初等科を受講した皆さまにも対応できるのであります。
YouTubeではなく、録画の提供となるでありましょー。

問題は「六壬神課」。
そろそろ講義しないと、私メの年齢が許してくれそーにもございませんから。
すでにテキストの原型は出来上がっているのであります。

そして、土曜日の「奇門遁甲造作科」でお伝えしましたが、造作の奥義である、「奇門遁甲丁奇造作法」も決定しておるのであります。
こちらは造作科を受講中のお方だけが受講資格がございますから、ここでお伝えすべきではないかもしれませんですね。

断易NEXT科もございます。これは現在、断易高等科の講義を終えたら…とは考えているのであります。

雪を眺めつつ考えたいと思いますです。

  1. 先生の四柱推命は泰山流ですか?

    ●十傳より→それと仏教推命も入っておりますです。

  2. 中等科 今か今かと待っております。よろしくお願いします。

       ●十傳より→よーし!